2015.09.29

デート~恋とはどんなものかしら~ 2015夏「秘湯」感想

あ~おもしろかった~。


横浜市消防音楽隊の協力を得て、

今回は依子から巧へ

フラッシュモブ・プロポーズ!


杏さん、スタイル良くて、

背が高くてカッコよかった。

手旗信号でのプロポーズというのが、

依子らしかった。


鷲尾さんが写真にいないと思ったら、

置いてきぼり~。

リーガルハイをちょっぴり思い出しちゃったわ。


ドラマの初めに見ていたテレビで、

近所でも評判の真面目な会社員が

恋人が浮気して相手の男を

暴行したというニュースをやっていたけど、


依子が包丁をとぎ始めたときは、

どうなることかと思ったね。


「横浜市に住む30歳の公務員

藪下依子容疑者で

犯行の動機は痴情のもつれとみられ…」

と、ならなくてよかったわ。


完璧な結婚契約書が、

ポンポコポ~ン♪と出来上がったけれど、

玉子や肉や魚を買う店までいちいち指定されて、

食事だけでなく休憩時間まで細かく区切られたら、


巧(長谷川博己)じゃなくても

息が詰まってしまうよね。


夜のムードを出すために、

依子が選んだ音楽が、


タブー♪


「ちょっとだけよ。あんたも好きね」ってか(古!)。


もうすぐ旅館の若女将になる彦乃(芦名星)に

少し気持ちが揺れた巧だった。


巧と若女将が一緒にいると、

「宵待草」のBGMが良く似合うこと!


でも、巧が話すのは依子のことばかり。


あんなに窮屈な半同棲生活を体験したのに、

依子のことが好きなんだね。

もしかしたら巧はMかも!?


若女将の前の夫によく似ていた巧は、

依子と結婚する前に、

淡い恋を体験できて良かったかもな。


そして、依子も巧も、

契約結婚で満足するのかと思ったら、

お互いに相手の心も欲しくなった。


「たとえ隅っこでも

他の誰かを好きになるのは嫌です!

あなたの自堕落なところも

駄目なところも全部受け入れます

だから、隅々まで全部欲しいです」と依子。


「愛こそすべてだ」と意見が一致した。


それだけで終わるはずもなく…


「甲は乙以外の異性に対し

心の片隅でさえ一切の恋愛感情を

抱いてはならない」とかなんとか。


また新しい結婚契約書を作ってるよ~。

こんなの無理無理~。


留美たちが話していたように、

結婚というのは…


「赤の他人なんだ。面倒で

厄介なことばっかりに決まってる。

誰かと一緒に生きてくってのは

厄介事をしょいこむってことだよ」


『それでもこの人と

一緒にいたいと思うかどうか』


依子と巧は、細かいところまで

厄介なことが多いけれど、

それでも一緒にいたいと思ったら、

結婚生活もうまくいく…かな??


またスペシャルドラマがあるといいなぁ。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR