2015.09.24

まれ 154話 感想

結局、希が目指すパティシエとは、

いかなるパティシエ?


前回、幸枝が希に

食材を生かして、自分に誠実に向き合って

作ることが大切だと話していたが、

希は素直に頷いていた。


自分に素直にケーキを作ったら、

どうしても値段が高くなってしまう。


能登でケーキ屋をオープンしたとき、

そのことで悩んだんじゃなかったっけ?


能登の人たちの笑顔を

思い浮かべてケーキを作るのか、

世界一のケーキを作るのか、

希が目指すのはどちらなんだろう?


ところで、一子が

風の人、土の人の話をしたが、

それはいつの話だったか、

私はちっとも思い出せない。


以前のシーンをちらりと挟んでくれたら、

少しは思い出せたかもしれないけど。


それにしても、

一子もたびたび能登に帰ってくるよね。


ラストは希の結婚式で盛り上がるのだと思うが、

祭り=希の結婚式 というのは、

う~ん。。。

別に祭りにしなくても、いいような…。


希たちがピクニック?に行って、

スイカを食べているシーンがあったが、

スイカはお弁当を食べた後のデザート?

それともメインがスイカ?


スイカに家族の思い出でもあったのかな?


徹は希の結婚式には帰ってきて、

ああよかった、みたいな感じで終わりなのかもね…。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR