2015.09.22

まれ 152話 感想

東洋経済オンラインの

『NHK朝ドラ「まれ」にイラッとする人の目線』

という記事を読んだ。


「まれ」にイラッとしている人の気持ちを、

すべて言い尽くしてくれていた。

読んだらスッキリした。


その記事の中に、

土屋太鳳は「花子とアン」の

『ヒロインの妹・ももを好演しており』

と書いてあったのだけど、

「ああそうだった」と思い出した。

すっかり忘れていた。


希を演じている土屋太鳳は、

「なんだかな~」と思ってしまうが、

ももを演じていたときは、

なかなか良かったじゃないか。


とすると、土屋太鳳の良さを

引き出すことができなかったのは、

「まれ」というドラマのせいなのかも。


前置きが長くなってしまったが、

152話では、コンクールの最中に、

大悟が希に話しかけていた。


大悟が本当に希のことを思っているなら、

コンクールの最中に、徹が会場にいたことを

話したりしないと思う。

しかも、一子まで希に話しかけている。

審査員から見たら、減点対象だろう。


希は残り時間がわずかになってから、

何かを作り始めた。

マジパン細工で、家族の人形か、

もしくは魔女姫を作るつもりだろうか。


初めに紹介した東洋経済オンラインの記事は、

『東洋経済オンライン まれ』で検索してみてね。




関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR