2015.09.09

まれ 141話 感想

「まれ」ファンの方はスルーしてね。


陶子さんが作ったケーキは


さすがすげぇー合格


…と、思わせてくれるかと思ったが、


見た目は大したことなかったね。


味がすごっかったんだな。


テレビで味は分からない!



陶子になめんなよと言われた希は、

すっかり自信をなくしてしまい、

せっかくケーキを買いに来てくれた客にも、

ケーキを売らなかった。


ただ「すみません」と頭を下げる希。


私が客なら、

「ここのケーキを食べた客から

クレームが入ったのかな?

ケーキの中に虫でも入ってたのかな?」と、

気持ち悪くなって、2度と買いに行かないかも。


やっと141話では、「失敗おっぱい」と

子供達が言わなくなった。


昨日「失敗おっぱい」を聞いた瞬間は、

まだ言わせるか?と腹が立った。

もしも141話でも、子供達に言わせたら、

「まれ」を見るのはやめようと思っていた。


先週、徹の紙芝居を見たときは、

「あー、なんじゃこりゃ~」と思ったが、


紙芝居にしても、失敗おっぱいにしても、


とにかく、



しつこい。



藍子や希が徹のことを話すのは、

大人同士だからいいが、


孫である歩実と匠に、

わざわざ徹の悪い面を紙芝居で

教え込むなんて、

(途中で少し訂正が加わったが)


確か、紙芝居が登場したのが

月曜日だったと思うが、

朝から胸糞悪くなったわ。


そして紙芝居が終わったら、

「失敗おっぱい」の連呼だ。


子供が言って親が止めるならまだしも、

圭太が一緒になって連呼していた。


親は普通はやめさせるでしょ、ね?


こんなセリフを

言わなくてはいけない歩実も可哀想。


学校で「失敗おっぱい」と、歩実役の子が

いじめられたら番組のせいだ。


そして、家の中だけでなく、

コンテストで母である希を

応援するときまで、歩実たちに

「失敗おっぱい」と言わせるなんて、

誰も止める大人はいなかったのか、と

あきれてしまった。



ところで、

マキの謎が分かるみたいね。


マキも一子も希も、

女性は一流の仕事と恋、

一流の仕事と家庭の両立は

難しいと見せかけておいて、


ラストは希が素晴らしいパティシエになって、

家庭と仕事をらくらく両立して、

もしかしたら、一子もマキも幸せになって、

みなさん、どうですか!

てところに落ち着くのかな?




関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR