2015.09.02

花咲舞が黙ってない 9話 感想

真藤常務の表情がいいねぇ。


一千万円の手形紛失が判明したとき、

真藤は派閥のことは抜きにして、

銀行全体のことを考えているように、

児玉に話したが、

児玉に背を向けた途端に、

鼻がひくひくしていた。


「どうだ、俺様は

上に立つ人間の器だろ?」

と児玉に思わせたいんだね(笑)


堀田は手形を預かって銀行に戻り、

引き出しにしまって鍵をかけた。


私はてっきり、今回もまたまた、

舞が防犯カメラを確認するのかと思った。


いくらなんでも、そう何回も防犯カメラは…

と思っていたら違った。


舞と相馬と堀田が、

自動販売機のところで話していたときに、

香澄が自転車に乗って通りかかり、

3人の様子を気にしていたので、

この女、手形の紛失に関係あるな…と、

ピンときた人もいたと思う。


しかし、堀田との関係が

不倫だったとは\(◎o◎)/!


ファミレスの店員はよく覚えていたね。

2人は時々あのファミレスを

利用していたのかな?


手形が紛失したことで、

こんなに大ごとになるとは

思わなかったと香澄は言ったけど、

そんなわけないよね~。


無事、手形のことが解決したら、

真藤常務は言葉とは裏腹に

表情はかなりイラッとしてたね。

我慢できなかったか。アハハ。


〆が真藤常務の悔しそうな顔ということで、

9話もまあまあ面白かった、てことに…。




関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR