FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

カラマーゾフの兄弟 最終話 感想

カラマーゾフの兄弟の最終回、末松のセリフ、多かったねー。

末松役の松下洸平、頑張った。


満は能なしだし
涼は現実を直視できない甘ちゃんで

不思議でたまりませんでしたよ

こんなやつらが黒澤を名乗り
なぜ僕が認められないのか


今までチョイ役のような感じだったけど、

最後にきて認められましたよ、末松の演技!

末松の本名は、佐々木純也だったのね。


ところで、

末松役の松下洸平は、俳優だけど、

シンガーソングライターでもある。

高校は美術系で、卒業後は音楽系の専門学校へ。

で、俳優になっちゃった??

いろんなことに興味と才能があるってことですか。


さて、カラマーゾフの兄弟の最終話ですが、

ラストのシーンでは、母・詩織と、

そして、あれほど憎んでいた父・文蔵の墓に、

それぞれ白い花をたむけて、

満と勲が見守る中、手をあわせる涼。


(満) 元気でな 

(涼) 今度会うときまで 

(勲) ああ
3人がそれぞれ違う方向へと歩いてゆく…


末松だけは可哀想な結末になったが、


満は無罪になり、

久留美にも信じてもらえていい感じだし、


勲も加奈子といい雰囲気だし、


小栗も「あなたに不正をただして頂きたいのです」と

勲と涼に黒澤地所を全面的に任されて、

進むべき道が開かれたし、


刑事・入江と勲も、裁判が終わったあと、


(勲) あなたが証拠を見つけてくれたおかげです
(入江) 冤罪は困りますからね
(勲) 本当にありがとうございました

(入江) 私はやるべき仕事をやっただけです


と、いい感じの関係になった。


自分の存在を認めてもらおうと

必死だった末松だけが、

結局、誰からも認められないまま自殺して…。


末松は勲に言う。


認めろ あなたの願いをかなえた僕を
認めてくれ僕を
僕がいることを


そして勲を殺そうとするが、

結局、殺さなかった。


(勲)ずっと考えてるんだ
なぜ末松は俺を殺さなかったのか
完全犯罪だと言っていたのに、どうして証拠となるような
血のついた服を燃やさなかったのか?


ホントに望んでいたのは復讐ではなく、
そうすることでしか

生きる意味が見いだせなかったんじゃないかって



人に認めてもらえないのは寂しいことだ。

母親から愛してもらうこともなく、

異母兄弟から存在を認めてもらうこともなく、

探し出した父親は最低の男で…。

そんな末松の見えない狂気を

淡々と演じた松下洸平。

今後が気になる俳優だ。



満と勲と涼は、


もしかしたら、俺たちがこの家に生まれた意味を見つけるために
これからの人生があるのかもしれないな

ただ確かなのは、どんなときも自分の意志で

生き方を決められるってことじゃないか

末松もそのことが分かっていたら何か違ってたんだろうか


と話しているが、


あいつが生きてたら、

あなたも僕も未来はなかったですよね


と、末松が言ったように、

もしかしたら、文蔵が長生きしていたら、

カラマーゾフの兄弟の運命もまた、

怖ろしい結末になったかもしれない…。

と、私は思ったりしたが、


勲は末松に、こう言った。

俺が自分の黒い感情におしつぶされそうになったとき
救ってくれたのは満兄さんと涼だ

ふたりがいてくれたから今の俺があるんだ


満は起訴が決まったとき、勲にこう言った。

こんな俺にも信じて味方でいてくれるお前たちがいる
それがどんなに心強いことか
勲、おまえと涼にはほんとに感謝してるんだ。
だから俺はもうあきらめない。
真実が明らかになるまで戦い続けるよ


文蔵が長生きしていても、

あの3兄弟が力を合わせたら、

なんとか乗り越えられただろうか?


もしかしたら、俺たちがこの家に

生まれた意味を見つけるために
これからの人生があるのかもしれないな


ただ確かなのは、

どんなときも自分の意志で

生き方を決められるってことじゃないか



いや~、文蔵の死によって、

満も勲も考え方がしっかりした。

文蔵の死も無駄ではなかった。

そして、満と勲の激しい性格を癒す役割を

純粋な心を持つ涼が担っていた。


原作とは違う結末だったけれど、

すっきりとしたラストで良かった。







関連記事

theme : 2013年 テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

Secret

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR