FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ビブリア古書堂の事件手帖 第10話 感想

「古書に関する特別な相談がある」という連絡を受け、

栞子と大輔が向かった洋館には、

喉頭がんで声帯を切除した来城慶子(高樹澪)と、

その妹・邦代(松田美由紀)が住んでいた。


私は初め、来城慶子が高樹澪と気づくまでに

少し時間がかかった。

ちょっと老けた?と思って見ていたら、


横にいた夫が、

「あ、あの人、ほら、ジャガー横田だ。

ジャガー横田、痩せた、ね?痩せたよね?」と。

疲れてるんだね、夫よ。。



ま、そんなことは横に置いといて、

妹・邦代(松田美由紀)の案内で案内された書庫は、

江戸川乱歩の古書コレクションがいーっぱい。

お高いんでしょうねぇ…。


そこにある蔵書すべてを

ビブリア古書堂に売ってもいい、と。

ただし、条件があって、

洋館にある金庫の暗号を解くことができたら…。


金庫を開けるのに必要なのは、

鍵、4桁のダイヤルナンバー、暗証文字。


蔵書の持ち主・鹿山が残していた

ダイイングメッセージが1915。


勘の鋭い栞子は気づく。


乱歩の探偵作家としてのスタート地点『火縄銃』を書いた年。
つまり1915年だということです。

鹿山さんが書き残したのはおそらく

ダイヤルナンバーの数字だったのではないでしょうか?


それを聞いた来城姉妹は、慶子(高樹澪)が鹿山のめかけであり、

この洋館が鹿山明の別宅であり、
明とは大学教授と生徒という関係で始まり、
それから38年間ずっとこの家で

暮らしていることを打ち明ける。


金持ちって別宅もすごいのね~。


明は事故で亡くなる前の昨年の夏、

余命宣告を受けており、慶子に

「俺が死んだら金庫を開けるように」と告げた。


でも、開ける方法を慶子に伝える前に、

事故で亡くなってしまった。


で、明の長男のところへ連絡を入れると、

散々なじられたが、

声帯を失った慶子を不憫に思い、


別宅はくれてやる、金庫の鍵も探してやる、

ただし、親父との関係は口外するな、と。


いや~気前のいい金持ちって、いいですね。



で、蔵書の中に、

ヒトリ書房で買った古書があり、

ヒトリ書房の井上(佐野史郎)登場。


それは理解できるのだけど、

そのうち、どこからともなく、

栞子の母・智恵子(安田成美)も登場。


なぜに急に登場する、母・智恵子!

栞子は急に登場した母に、

もっと何か言ってやればいいのに、イライラ。


ヒトリ書房で店員として働いていたのは、

鹿山の娘の直美(横山めぐみ)。


直美はヒトリ書房の井上が好きだった。

そして井上も…。

えーーー!!

あんなに小うるさそうな井上が好き?


直美の父親は生前、井上の直美への思いを、

認めようとはしなかったが、

少年探偵手帳の名前の欄には、

井上直美と記していた。

やめといたほうがいいよ、

あんな気の短そうな男…。


ところで、井上を巧みに脅して、

鹿山明を自分のお得意様にしてしまう

栞子の母って、どうよ?


鹿山が慶子のために残した金庫の鍵を、

盗み出してしまう栞子の母。


どんだけ強欲な女?

それとも、それには深いわけがあるの?


しかし、金持ちのすることは

金に糸目をつけないだけに、娘のために、

ソファーの座る部分がギコーと開くように特注。


娘の直美が「少年探偵団」シリーズを、

こっそり楽しんで読めるように、

ソファーの中に隠し、

わざと娘が部屋の前を通りかかったときに、

ほれ、ほらほら!と椅子を開けて本を見せる。


いい父親なんだろうけど、

回りくどい。


おもしろいと思ったのは版を変えるときに、

改題もあるということ。

「少年探偵団」シリーズの

光文社版のタイトルが『魔法人形』

ポプラ社版のタイトルが『悪魔人形』

あなたはどっちのタイトルが好き?

悪魔人形のほうがえぐい感じ。


さて、最終回は、

栞子(剛力彩芽)と母・智恵子(安田成美)の

対決となるのでしょうか?

それとも、2人は心を通じ合うことができる?


あーつかれた。

頭の中を整理するのが。

ビブリア古書堂の事件手帖は

ぼんやり見ていてはいけないのであります。








関連記事

theme : 2013年 テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

Secret

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR