2015.07.19

エイジハラスメント 2話 感想

「痛い」という言葉が、

あれほど使われる会社もめずらしいね。


「風邪とか花粉症でマスクつけるでしょ。

そのマスクのヒモのあとが

なかなか消えない年齢は頑張ると痛い」


それはね、ヒモの部分が

ゴムじゃないタイプのマスクを使えば大丈夫。チョキ

な~んちゃって。


百合子(稲森いずみ)のように美人な課長まで、

「痛い」と言われてしまったら、どうしようもないね。


美魔女の桂子(麻生祐未)と、

派遣社員の真理亜(宮地雅子)のバトルが、

本音の言い合いになってしまったけれど、


百合子まで、英美里(武井咲)の笑顔に

カチンときてしまったのは、

あの会社の体質が、

エイハラで満ちているせい?


「ほうき持ってる22歳はシンデレラみたいだね。

47歳は、ほうきにまたがって飛んでいく

魔法使いのおばあさんみたいだね。なーんちゃって」


浅野次長も次から次へとよく思いつくなぁ。


もしも私が浅野次長に言い返すとしたら、


「魔法使いサリーの間違いじゃありませんか?

ね、こなきじじい次長。な~んちゃって」


でもこんなこと言ったら倍返しされそう。


英美里(武井咲)は容赦なく言うよね~。


「あなたこそいい年して

脳みそ垂れ流してるバカよ。

だから同じように脳みそ垂れ流しまくりの

若いだけのバカ女としか付き合えないの」


自分と同じ年頃の女性まで

敵に回しそうなセリフだ。

脚本家の年齢がバレちゃうぞ。←エイハラか(◎_◎;)


英美里は小百合に言われたセリフを

自分の言葉として何度か使った。


「熱い時に決めちゃいけないです。

返事は明日にしてください」


ちょっとしつこかったような気がした。


全体的に同じパターンの繰り返しで、

最後に英美里がバシッときつい言葉で斬る、

という流れなんだろうけど、

そのうちこのパターンに飽きるかもしれないし、

逆に癖になるかもしれないし、

さて、どっちになるかなぁ。




関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR