2015.07.18

まれ 96話 感想

「まれ」の感想を書くのは久しぶり~。

録画して見続けてはいます。


96話は藍子の行動が不可解だったね。


藍子のセリフだけを文字に起こせば、

それなりにいい事を言ってるとは思うけど…。


徹が能登に留まると言ったときは、

でっかい夢を追いかけるように仕向けたのに、


一子には、わざわざステージの袖まで会いに来て、

スイーツ対決の途中なのに携帯電話を鳴らして、

何も持たずに帰っていいのが故郷、とか言っちゃって。


スイーツ対決の途中なのに、

一子が携帯電話に出たのも不思議だけど。


洋一郎の用意した能登からのメッセージ映像も、

私がもし一子なら、涙するどころか、

うっとうしくてイラッとすると思うわ。


大坂のおばちゃんのとこへ行くと、

能登で皆に話していたシーンを、

知らない人にまでバラされてしまうなんて。


能登からの応援メッセージは、

お祭り騒ぎで盛り上がっていたけど、

私はドン引きしてしまった。


洋一郎を演じている高畑裕太も、

このドラマの役どころは、いまいちで可哀想。


でも、お母さんの高畑淳子は、

息子が朝ドラに出演できて嬉しいだろうね。

そうそう、裕太のオフィシャルサイトを見たら、

ヘアスタイルが全く違って、イケメンだったわ。


一子には専門家に教えてもらった物ではなくて、

オリジナルなスイーツを作ってもらいたかった。


そして、希と対決して勝っても負けても、

動画配信を見ていたどこかの事務所が

一子のことをスカウトしてくれる展開になって、

モデルとして成功させてあげたかった。


ところで、希は圭太と遠距離結婚したけど、

結婚する意味があったのかな?

婚約だけで良かったような気がする…。


関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR