FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

カラマーゾフの兄弟 何人兄弟?

カラマーゾフの兄弟 第10話では、

末松の怖ろしい復讐が明らかになったが、

ドラマの感想はアメブロのほうで書いているので、

そちらをご覧頂けば嬉しいです。↓

カラマーゾフの兄弟 第10話 感想



カラマーゾフの兄弟の原作は、

続編というものが考えられぬ完璧な作品

と、評価されている作品だが、


ドストエフスキー本人は、

第二部(第一部の13年後の物語)を考えていた。

しかし、作者の死により、

第二部は書かれることはなかった。


ご存知だろうか?

この偉大な作家が成し遂げられなかった

第二部を書いた日本人がいる。


カラマーゾフの妹カラマーゾフの妹
(2012/08/02)
高野 史緒

商品詳細を見る

江戸川乱歩賞を受賞している。


カラマーゾフの兄妹を改題して、

カラマーゾフの妹になったそうだ。

う~ん、兄妹でもよかったような気がする。

でも、それだと紛らわしいので、妹にしたんだろう。



私はカラマーゾフの兄弟の原作は読んでいない。

読むつもりもない、というか、読めそうにもない。


でも、カラマーゾフの妹なら、

誰でも楽しめそう。

実は友人が貸してくれたが、まだ全部は読んでいない。


この作品は、

ドラマ、カラマーゾフの兄弟を見た人なら、

すんなり読めると思う。


しかも、勲の心情がすごくよく分かる。


カラマーゾフの兄弟 第10話では、

末松が勲に、

文蔵を殺したことをほのめかす。


末松は文蔵を殺したことにより、

実の父親に復讐を遂げ、

その罪を満にかぶせることによって、

文蔵の子どもとして生きてきた満にも、

復讐を遂げる。


そして、末松は文蔵を殺したのは、

自分のためにやったのではなく?

勲のためにやったのだと言う。


僕にだけは聞こえていたんですよあなたの心の叫びが。
全てあなたのためにやったんです。


原作の中の裁判で、

勲の精神が正常であったのか否か、

私には分からないが、


高野史緒カラマーゾフの妹

に登場する勲は、

多重人格になっていた。


勲は裁判においても、

多重人格の中のひとりが現れて、

文蔵殺しは、自分が黒幕で、末松が実行した、

と言ったりする。


末松の復讐は、

ドラマカラマーゾフの兄弟においても、

文蔵、満、勲、には成し遂げられたが、


では、涼に対しては?という疑問が残る。


私は高野史緒のカラマーゾフの妹を

途中は飛ばして、最後のほうを読んでみた。


あっ!と思った。そうきたか。


こちらの続編では、涼もまた…


もちろん、名前は、原作の続編であるから、

満や勲や涼ではないが。


そして、妹…。


気が向いたら、読んでみて。

私はけっこう面白いと思います。









関連記事

theme : 2013年 テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

Secret

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR