2015.06.12

恋愛時代 11話 感想

銀一お父さん、泣かせてくれるわ~。


ずっと前からラジオの恋愛相談に、

はるが電話をかけていたことを、

お父さんは気づいていたのかもしれないね。


「その人ば好いとっとね」と長崎弁が出たときに、

ん?どうした?と思ったけど、


「好きならその気持ちを大事にしなさい。

そのことで誰かが傷ついたとしても、

他の人の気持ちまで、
お前が全部背負う必要はない。 な、はる」


うわ~ん、涙がちょっと出ちゃったよ。

長崎弁よかよか。


でも結婚式はすぐに始まってしまう。

理一郎は結婚してしまうよー。


はると理一郎の赤ちゃんが亡くなった日、

理一郎は赤ちゃんとずっと一緒にいたことを、

はるには言わずに過ごしてきたけれど、

はるの気持ちが落ち着いたときに

話せばよかったのにね。


もしも海江田が話さなかったら、

理一郎はそのことを永遠に胸に秘めていたんだね。


喜多嶋先生の奥さんは、

離婚届がまだ提出されていないことを知って

泣いてしまった。


この2人は元サヤだな。

そしたらはるがひとりになっちゃう。


理一郎は多実子と結婚しても、

また離婚して、はると一緒になるのかな?


はるが2人の婚姻届を提出しなかったら、

理一郎は多実子とうまくいかなくても、

離婚しなくても済むのに…。


前回の感想で、

次回が最終回と書いたような気がするけど、

違ってました~。まだありました~。すまん。


関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR