2015.06.10

戦う!書店ガール 最終回 感想

閉店後の書店を頑張って開けるのはいいとして、

吉祥寺店の店員さんは、いつ寝ていたんだろうね?


交代で寝ていたふうでもなかったけど、ま、ドラマだし…。


普段は読めないような本も、あんなふうに書店の中で寝泊りして、

思い存分読むことができたら、参加する人は多いかな?


理子と田代は結局結ばれることはなかった。

そのほうが理子のお父さんも安心かもね。


三田君が理子さんに認められるような男になるまで、

果たして理子さんが待っていられるのか分からないけど、

余韻を残したラストではありました。

ブーケも受け取ったしね。


で、亜紀と小幡の結婚式が行われた。


いきなり!?  と私は思ったけど…。


吉祥寺店は存続できなかったね。

皆頑張ったのに。

志保さんがガツンと言ってくれてスッキリしたわ。


1話で亜紀の態度にイラッとして、

見るのをやめた人も多かったみたいだけど、

私はそれほどイラッとしなかったので最後まで見られた。


でも、最後の最後でまた

亜紀が理子の新しい職場にやってきたので、

ちょっとイラッとしてしまったのも事実。


理子さんは何の仕事をしていたの?

本の出版の仕事をしていたの?

自費出版の人の手伝いとか?

私はよく分からなかったけど、

書店を辞めても、

本に囲まれて幸せそうだった。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR