2015.05.28

Dr.倫太郎 7話 感想

夢乃と倫太郎がキスしている写真を見たるり子が、

恐ろしいほど笑ってたね。


頭のネジが何本か吹っ飛んだ女も演じられる

そんな高畑淳子を見るのが毎回楽しみ。


7話は、薫(内田有紀)の息子の深也が、

サヴァン症候群だと視聴者に分かった回だった。


深也を演じた平林智志君の演技は素晴らしかった。


まるでドキュメンタリーを見ているようだった。


ドキュメンタリーなら、そう思って見るから、

「そういうことか、なるほど」となるけれど、


ドラマだと思って見ているから、

倫太郎と深也だけのシーンが長く感じてしまった。


もう少し端折っても良かったんじゃないか、

と思っているところへ、

また2人だけのシーンを重ねてきた。

ドラマとしては、しつこかったように思った。


子役の平林君には拍手をおくりたいけどね。


以前、日本人の自閉症の青年が書いた本が、

イギリスの有名作家の目にとまって翻訳されて、

世界中で有名になったと紹介していた番組を見た。


その青年は平林君が演じた深也と同じように、

文字盤を指さすことによって、心を落ち着かせて

話が組み立てられるようだった。


「自閉症の僕が跳びはねる理由」というタイトルの本です。

英語のタイトルは「The Reason I Jump」です。


そんなことを思い出しながら見ていた7話でした。


るり子が倫太郎を写真を見せてゆすっていたけど、

あの写真の元のデータは別にあるのだから、

あれ1枚を買い取っても、どうなんだかなぁ。。。。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR