FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ビブリア古書堂の事件手帖 第9話

ビブリア古書堂の事件手帖 第9話 感想


志田(高橋克実)がキャラに似合わず、

パンを焼く趣味があったとは!と、

変なところに感心してスタートした第9話。


大輔の元カノだった高坂晶穂(矢田亜希子)が、

栞子にタヌキの出てくる絵本を探して欲しいと頼む。


カメラマンの晶穂は、

母親とはうまくコミュニケーションが取れず、

親子なのに分かり合えないと思い込んでいるが、

実は母親は晶穂のことを分かろうと努力していた。

そして、娘の身体を心配していた。


それで、晶穂を実家に呼ぶ口実として

荷物を処分すると嘘をつき、

娘を実家に来させることに成功するが、

素直に自分の気持ちを言えない。



栞子は、晶穂の母親の気持ちを

買い取りを依頼されたときに借りたメモ用紙と、

本棚にあった写真集と、

タヌキの出てくる本によって、

見事に言い当てる、と。

このようなストーリーだったと思うのですが。


私がひとつ分からないのは、

晶穂の母親が娘の個展をこっそり見に行ったとき、

外からガラス越しに娘が体調悪そうなのを見て、

妊娠していると気づいたこと。


たったそれだけで妊娠に気づくか?すごい直観だ。


母親役の かとうかず子、

久しぶりにしげしげと見たら、

頬がすごくたるんで、

疲れた顔になってて、

ストーリーより気になってしまった…。


ビブリア古書堂の事件手帖は、

私のように(?)ボーッと見ている人にとっては、

「え?なんで?」と思うことがある。


今でも私のブログに、

「大庭葉蔵と笠井菊哉」で検索して

たどり着いて下さる方があるが、


古書の登場人物の名を使っている、

という共通点だけで、

大庭葉蔵と笠井菊哉が同一人物と

判断したのだとしたら、

直観としか言いようがないし、


それだけで判断したのではない、と言われたら、

私がストーリーの細部を見逃しているのだろう。


話が前後してしまったが、とにかく、

晶穂の母親は、娘が妊娠していると直感し、

娘の体を心配していた。


娘に直接、妊娠のことを聞けない母親は、


晶穂の体調のことを教えてほしい。
直接話すとまた意地を張ってしまうから

晶穂と話をしてほしい。


と、栞子に頼む。


栞子って、人がいいのか、おせっかいなのか、

名探偵コナンと同じで、そういうことが寄ってくるのか…。



結末は、晶穂は無事にお腹の子の父親から

プロポーズされて、母親も喜んで、

晶穂が探していたタヌキが出てくる本、

『チェブラーシュカ』も栞子が見つけてくれて、

大輔も感謝されて、

めでたしめでたし~。てね。


あ~つかれた。なぜか疲れた。風邪ぎみのせいかも。


AKIRAが元から俳優さんだったような気がする今日この頃。





関連記事

theme : 2013年 テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

Secret

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR