2015.05.21

まれ 46話 感想

「能登の暮らしで生まれたんだね。

君のケーキは全部」


大輔にそう言われた希は、

ケーキのいいアイデアを思いついたようだ。


まだ修業もしていない希の考案したケーキが、

フランス帰りの巨匠のケーキバカをうならせるほど

めちゃくちゃ美味しい味だったとしたら、

修業なんて必要ないね。


イモとキュウイフルーツのジャム?は合わないと

大輔に指摘された希。

私が想像しても合わないと思う。


希はまだケーキショップの店員さえ、

まともにこなせないのに、

もし希のケーキ作りが成功するなら、

ドラマとしか言いようがないな。ドラマか…。


それなら、徹の甘い夢もうまくいかせてやってほしいわ。


徹はフレンチレストランを能登で開く夢を

あきらめきれてなかった。

藍子は夢を見続けている徹が好きだけど、

フレンチレストランをやることには反対?

一緒にやってみるか、三下り半を突き付けるか、

どちらかしかないかもね。


それにしても、外浦村の人間リアルツイッター達の情報は素早く伝わるなぁ。


東京出身だけど、能登で育った希は、

「日本一、日本一、言うて暑苦しい男」を、

今も好きなんだね。


その暑苦しい男は、

一子のことを本当に愛しているのかな?



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR