2015.05.11

まれ 37話 感想

「蛙の子は蛙だ」カエル


紺谷課長にメッチャ怒られている希のために、

あの徹が頭を下げてくれたのに、

蛙の子は蛙だ、な~んて言われたら、

言い返せないだけにつらい。


徹はこれから掃除するとき、

紺谷課長にいちいち細かい汚れを指摘されそう…。


課長が怒る気持ちも分かるわ。

やっと仕事を覚えた希が、

今頃になって夢を目指すと言うんだもんなぁ。


「世界一のパティシエになって恩返ししますさけ」


夢嫌いの希が初めてデカい口をきいたことに、

驚くやら嬉しいやらの徹。


だけど、パティシエになって恩返しって、どうやって?


希はパティシエの修業をするために、

昔、徹がケーキを買ってきてくれたお店に

就職したいと思ったようだ。


お店のことを、よく調べもせずに決めるなんて、

「蛙の子は蛙だ」と言われても仕方ないね。


一徹のパソコンがあったおかげで、

無事にお店は見つかって、

いきなりの電話した希に、

面接してくれることも決まって、

何もかもとんとん拍子だ。


一徹のパソコンがあるのだから、

他の店も調べてもらったら良かったのに。


希ってこんな性格ではなかったよね?


ケーキ店の面接はあさって。

また急な話だ。

考えてる暇もなし…。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR