FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ビブリア古書堂の事件手帖 8 感想

ビブリア古書堂の事件手帖 第8話では、

宅配便のお兄さん役で、

岡田義徳が出演していたが、


岡田義徳は、サキの本田さんの印象が強くて、

「このドラマでは楽しそうにお仕事してて良かった」

な~んて思ったりした。



さて、今回の古書交換会で盗まれた本、

『たんぽぽ娘』

やっぱり私は知らなかった。

皆さんは知ってましたか?



同じ古書組合に加盟している店が

それぞれ本を持ち寄って

お互いに売り買いをする市場古書交換会。

そこでたんぽぽ娘が盗まれて…。


古書組合というのは顔見知りばかりの集まりで、

しかも、ビブリア古書堂に

新しい店員が入ったという噂も流れていた。


古書組合の人たちは、

まだ大輔の顔を知らなかったので、

たんぽぽ娘を盗んだ男は、

大輔のネームプレートをつけて

市場の開催される前日に、

本を持ち込んでも怪しまれなかった、と。

そういう話の流れになっていましたが。


でも、古書組合の人たちは、

市場に入ってきた見知らぬ男を見れば、

「誰だ?」と気づくはずだし、

ネームプレートにビブリア古書堂と書いてあれば、

「あ、あれがビブリアの新しい人か!」と

意識して見ると思いませんか?


なんてったって、

「皆さんお知り合いの、同じ組合の人たち。
古書店は人の入れ替わりが少ない。
本当に身内だけの集まり」
だから。


栞子と大輔が市場に行くと、


この人噂の新人さんでしょ?

昨日も来てたよね?


と、話しかけられたけど、


大輔が 来てないですけど と言うと、


あれ?じゃあ勘違いか、ハハハ。


で終わってしまった。


古書組合の人はビブリア古書店の新人に

興味津々なんだから、

もっとよく見てると思うけどなぁ。。

他の古書組合の人たちも見てると思うなぁ。。


例え、犯人が

大輔と同じ眼鏡をかけて市場へ行ったとしても、


背の高さは、まあまあ同じぐらいだけど、

体格やオーラは違うから、

注目して見ていれば、違うことに気づくと思う。



それに、前日に市場に犯人の吉見が来たとき、

古書組合の人は絶対に声をかけるはずだ。


「君がビブリア古書店の新人さん?」と。


前日、市場に来た人と、

当日、栞子と一緒にいた大輔が、

違う人物だと気づく人が

ひとりもいないのは、どう考えてもおかしい。


それに、吉見はたんぽぽ娘をビブリア古書店で、

栞子の母親から勧められて買っている。

ということは、他の古書店にも行ったことが

何度かある、というのが自然な流れだ。


ところで、井上(佐野史郎)は、

盗まれたたんぽぽ娘が出てきたら、

さっさと帰っちゃったけど、

盗んだ男を警察に突き出さなくてもいいの?


栞子の母親は、井上に何をしたのかな?

かなり恨んでそうだなぁ…。


栞子の母親は美しいけれども、

美しいバラにはトゲがあるって言うしね…。


私?

もちろん、私もトゲだらけよ、ホホホホ。。







関連記事

theme : 2013年 テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

Secret

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR