2015.05.06

まれ 33話 感想

「ありがとうな」

と希に言った圭太。


弥太郎に破門になって、

漆職人の夢をあきらめそうになった圭太に

喝を入れてくれた希に、

圭太はすごく感謝してるんだね。


圭太は希と一緒に、

夢を追いかけたいんだろうなぁ。

もちろん、目指す夢は違うけれど、

ケーキを作って生き生きしている希が、

圭太は好きなんだ。


圭太と希はいい感じだけど、

一子が可哀想…。


圭太がまだ希のことを気にしていることに、

気づいている一子。


でも、そのことを口に出したら

ホントになってしまうから、

口には出さないと言う一子。


魅力的な女になって、

圭太を自分のほうにグイッと

引き寄せてみせると言う一子が健気。


一子は圭太の気持ちを惑わす希に、

腹を立てるんじゃないかと私は思っていたけど、

むしろ、自分に腹を立てているんだね。

私は一子を応援したくなっちゃったよ。


希は幸枝と一緒にキャロットケーキを作り、

世界一のケーキ職人になるということの厳しさも知り、

ケーキ職人のことをパティシエと言うことも知り、


そして、「魔女姫さま=キッチンウィッチ

ということも分かったはずなのに、

自分のところにある魔女姫さまが

幸枝がなくしたものだとは気付かない。


どーして気づかない、希?


世界一のパティシエを目指すために、

家族を犠牲にした幸枝。


生涯独身でいようと思っていたけど、

藍子の父親と恋に落ちた。

もしかしたら、幸枝は結婚しても、

子どもを産むつもりは

なかったのかもしれないね。

私の勝手な想像だけど。


いつまでも夢を追いかけるという点では、

幸枝と徹は共通している。


でも、藍子に言わせたら、

徹は家族のために夢を追いかけているが、

幸枝の夢は自分のためだけだからダメ、

ということらしい。


藍子はきっとお母さんが好きなんだね。

だから、夢を追いかける徹のことが

好きなんだと思うよ。

自分では気づいてないかもしれないけど。


徹と幸枝の夢の違いは、私が思うには、

徹にはコレ!という、定まった夢がないこと。

一攫千金というあやふやな夢はあるけど。


希の中には幸枝の遺伝子が流れているんだと思う。

藍子はそれが怖いのかもしれない。

希が自分から離れていくことが…。


五月連休、いかがお過ごしでしたか?

今日で連休おしまい?日曜まで連休?

楽しい連休でしたか?

連休中、おもてなしで忙しかった皆さん、

マジでお疲れさまでした。。。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR