2015.04.29

まれ 27話 感想

塗師屋しかしらない情報を、

圭太は安西にぺらぺら喋ってしまった。

圭太の輪島塗への情熱がそうさせてしまった。


希が圭太に説明を頼んだばっかりに…。

圭太はこの責任をどうやってとるの?

と思いながら見てたら、


「破門や」と弥太郎。


わー、希のせいで、

圭太の夢がダメになっちゃうよ。

ヤバいよヤバイよ。


安西は偽物を作るのではなく、

途中の工程を省いて、

高い輪島塗を安くで売ろうとしているだけ。


その考え方は間違ってないという徹。

安西と徹は同じ穴のむじなだ。


てことは、徹と同じように、

元治の塩田の効率化も安西は考えて…

やっぱりか、て感じだった。


元治も安西に褒められたら

いそいそと塩田を案内するなんて、

けっこう扱いやすい人だ。


経営コンサルタントという肩書を隠して、

能登に移住するようなふりをして、

輪島塗の職人を引き抜いた安西に、


ツアーにまぎてれ卑怯なことをせずに、

やるなら「正々堂々」と来いという藍子。


「お母さん、かっこいい」(一徹)


その点、徹は真正面から元治に、

塩田の効率化を持ちかけたけど。

正々堂々というほどカッコよくはなかったね。


希も安西が持ってきた1個420円のお菓子を

ぶち投げてやれば良かったのに。

1個4200円なら分かるけど、420円。


食べ物を無駄にしてはいけないから、

投げるのをやめたのなら分かるけど、

420円という値段で思いとどまった希。


希はいずれパティシエを目指すのだろうけど、

庶民的な安い値段のお菓子を作るつもり?


徹は何をたくらんでいるのかと思ったら、

「葉っぱビジネス」を考えていた。


高くで売れるらしいね、高級料亭で使う葉っぱ。


だけど、徹がやったらうまくいきそうにないなぁ。


安西に引き抜かれた職人さんの気持ちも分かるわ。

給料が今の倍だよ。

親方に惚れこんでいる職人は断るかもしれないけど、

給料倍は魅力的だ。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR