2015.04.26

アイムホーム 2話 感想

これまでの人生で、

私は浦島太郎の話に

疑問を持ったことはなかったが、


考えてみれば、カメを助けた浦島太郎が、

竜宮城でいい思いをしたあとに、

孤独のどん底に突き落とされて、

玉手箱を開けてみれば、爺になってしまうなんて、

まったく不条理な話だ。

感想はそこかよ!?と突っ込む声が聞こえそうですが…。


きっと浦島太郎は、

記憶をなくす前の久と同じで、

上から目線のイヤな奴だったに違いない。


カメを助けて海にかえしてやる時も、

「助けてやった恩を忘れるんじゃないぞ」

みたいな態度だったのかもしれない。


律儀なカメは、浦島太郎を竜宮城に招き、

助けてもらった恩に報いたが、

浦島太郎は高飛車な態度で

飲んで歌えの大騒ぎをしたのだろう。


(注意*あくまでも私の勝手な想像です)


浦島太郎は玉手箱を開けたあと、

鶴になり飛び立ったという説もある。

そして、カメになった乙姫と再び巡り合い、

「夫婦の神」になったという。ホンマでっか!?


浦島太郎が玉手箱を開ける行為は、

知った人が誰もいなくなった世界で、

更に挫折を味わうという、

泣き面に蜂の状態だ。


記憶がなくなる前の久は、仕事はできるが、

傲慢な態度の男だった。


玉手箱を開ける代わりに、

久は自分が持っていたで、

過去の扉を開ける。


そして、過去の自分に直面する度に、

酷い男であったと気づく久。


2話までの経過を見ると、記憶をなくした久のほうが、

相手の気持ちを思いやる、良い人になっている。


ドラマのラストで、久と恵は、

浦島太郎と乙姫のように、

「夫婦の神」とはいかなくとも、

「夫婦の鑑(かがみ)」になるのかもしれない。


久の持っている鍵は、まだ残っている。


残りの鍵の中には、

使うと久の身に危険が迫るような

絶対に使ってはいけない鍵も

あるのかもしれない。


会社の秘密が隠してある倉庫とか部屋とか…。


家族の関係は、少しずつ良くなっているが、

キスしようとしても、妻の顔に仮面が見える久。

いい意味ではなくドキッとするよね。


「仮面夫婦」という言葉があるけれど、

過去の久と恵はそうだったのかな?




関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR