2015.04.19

アイムホーム 1話 感想

久(木村拓哉)は朝食も夕食も作ってくれるんだね。

朝から和食、洋食、オムライスもね。


久は記憶をなくす前から、

家にいる時には、朝食も夕食も作っていたのかな?

恵(上戸彩)は慣れた様子で食べていたけど。


良雄(高橋來)は、朝食に和食はイヤなの?


れなら、良雄の朝食だけでも、

恵が作ってあげればいいのに。

玉子焼いて、パン焼く程度でいいんだから。

うちにも1~2日、久に来てもらいたい。夕飯だけでもいいから。


久が料理を担当する訳でもあるのかな?


何かの罪滅ぼしにごはんを作る約束をしたとか?


手の込んだプロみたいな料理も作っていたから、

将来は店を出すことも考えていたとか?


久はたくさんを持ってたね。

10本まとめて持ってるのが異様な感じ。


再婚した恵と住んでる今の家の鍵と、

前妻の家の鍵は分かった。


残りあと8本。


次回の予告を読んだら、

もう1本は久の友達の家の鍵のようだった。


残りの7本も話が進むにつれて判明するのかな?


あと考えられるとしたら、久の実家の鍵はありそうだ。


前妻の家の鍵を持ってるぐらいだから、

昔付き合っていた女の家の鍵もあるかもしれん。


『高次脳機能障害』という障害を抱えながら、

証券会社に復帰した久。


ちょっと無理し過ぎに思えるけど、

担当医の脳外科医・筑波(及川光博)は、

大丈夫だと判断したのかな?


妻の顔と、息子の顔が、仮面に見えてしまう久。


妻や息子の顔に、

仮面がくっ付いたように見えるのは、

久の脳が、そう判断した結果であり、

せん妄に妄想が加わったような状態なのかもしれない。


会社に復職したばかりの久に、

同僚たちの冷たいこと。

記憶をなくす前の久は、

相当イヤな奴だったのね。


竹田(香川照之)が会社にきたとき、

久は竹田の話は聞かずに、

四月信次(鈴木浩介)に取り次いだ。


そのおかげで、四月(わたぬき)は、

社内で一躍注目を浴びた。


でも、同僚は皆、久の手柄だと思っている。

超エリート社員だったんだ、久は。


良雄は久に、あんまり懐かないけど、

たぶん、久の本当の子どもなんだろう…。


何もなかったように恵は久に接しているけど、

記憶をなくす前の久のことも、

恵は愛していたんだろうか?


2004年にNHKで、『アイ’ム ホーム 遥かなる家路』というタイトルで

放送された時は、久を時任三郎が演じているが、

それほど人気は出なかったみたいね。

今、再放送したら、見てみたい気がする。

たぶんしないだろうけど。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR