2015.04.18

まれ 18話 感想

藍子は徹に相変わらず恋をしていた。

なんでーーーー!?


私には藍子の気持ちが分からん。

人を好きになるのは

理屈じゃないと言われても…。


徹と藍子が家族に戻った翌年。


2002(平成14年)の春


希は輪島市役所の産業振興課へ就職。

みのりは地元の農協へ就職。

洋一郎は漁師に。


洋一郎は一子のことが好きだったのね。

私はボ~と見てるから、今日気づいた。しかも、

洋一郎の名前を一郎と勘違いしてた。ハハハハ。


一子はモデルのオーディションに落ちたのか…。

で、どこに就職したの?

家事手伝いしながらモデルを目指すの?


圭太は夢に向かってスタート。

輪島塗の職人になるための修行を始めるんだね。


高志はシャイだと思っていたら、

1番ぶっ飛んでいた。

東京の大学に進学して、プロのミュージシャンを目指す。


♪泣いたり笑ったりして

またここで会いたいたいよ~♪


弾き語りする高志。

形になってるしー。

どこで練習しとったん?


そして、圭太は一子と付き合っていた。

いつの間に?


春は出会いと別れの季節…


というものの、


なんでーーーー!?


そりゃ、希も力が抜けるわ。

もしかして、知らなかったのは希だけ?

村じゅうの人は知ってたのかな?

賭の勝負はついていたわけだ。それなら一徹は知ってたよね?


希はお母さんをひとりにしておけないから、

外浦村から出ることをあきらめたの?


「夢より家族が大事」


専門学校へ行くのは無理としても、

洋菓子店に就職して修業するとか、

少しは考えなかったのかなぁ。

魔女姫さまも封印。


お母さんに感謝の言葉を述べる希が、

まるでお嫁に行く娘みたいだった。


「お母さんのおかげて

うちと一徹はここまで大きくなれてんよ。

お母さんありがとう」


「お母さんは、希がバイト代を

家に入れてくれたおかげで、

なんとかやってこれたんよ。

希、ありがとう。

お母さんこそ、希に守ってもらったね」


…と、藍子は言わなかったから、

私がかわりに言っとくわ。


希みたいないい娘はなかなかいないよ。


徹は清掃員として就職。

清掃先は希の職場!?


今度こそ頑張れー、徹。

腰はもう大丈夫なのかな?


急に話が進んで、口があんぐり。

私は声もでないよ。

ま、声が出ないのは風邪のせいだけど…。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR