2015.04.04

まれ 6話 感想

徹は祭りにも参加して、

外浦村にも馴染んで、

仕事も続けているのかと思ったら、

失踪したのか…。


長続きしなかったんだ、地道にコツコツは。


でも、藍子に徹から手紙が届いていたね。

一応、連絡はしている徹。

また、そのうち戻ってくるのかな?


藍子は手紙を開封せずに

しまっていたように見えたね。


希は外浦村の方言を完璧にマスター。


この村の自然や人が、希は好きだった。


不思議なことだけど、よそから引っ越してきても、

その地が好きになれないと、長く住んでも、

それほど方言は口をついて出ない。


まれは方言を覚える努力をしていたが、

それだけじゃなくて、

本当に外浦村が好きなんだと思う。


祭りを開催するか否かの投票は、

反対票が多かったが、

元治の呼びかけによって、祭りの開催が決定。


その会合の帰り道?に、

徹と希はこんな会話をしていた。


「やっぱり俺、自信ない。

俺には地道にやる才能がない。

やっぱりダメだ、俺」


「だけど私、お父さんのこと好きだよ。

助けるよ。お父さんダメでも。

助け合おうよ。みんなで」


希はお父さんのことを嫌っていたのに、

希の気持ちにどんな化学反応が起こったんだ?


私にはよく分からなかったけど、

壊れてしまったバースデーケーキを、

家族で食べて、幸せそうな希の家族であった。


時間経過がよく分からなかったが、

徹と希の誕生日は、前回から続いているのね。


文の民宿に、9500円という格安の家賃で

住めることになった希の家族。


これで徹が真面目に働けば、希も満足だったのに。


圭太は金沢に引っ越すことで落ち込んでいたが、

希を見ていて元気をもらったようだ。


せっかく圭太と仲良くなれたのに、

圭太は引っ越してしまう…。のか?


だけど、成長した圭太役がいるのだから、

今後も圭太は出てくるんだよね?


2001年に17歳になった希。

元気いっぱい、まっすぐに成長した感じだ。

成長しすぎた感じもしたが…。


徹がいないということは、

藍子が働いて子どもたちを養ってるのかな??


第1週目が終わった。

主題曲が合唱。

合唱のせいか、歌詞が頭に入りにくい。

私だけかもしれないけど。


マッサンが始まったころは、

朝から中島みゆきか…と思ったけど、

今となっては、中島みゆきの歌は良かったなと思ったり。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR