2015.03.29

五つ星ツーリスト 最終回 感想

ドラマから映画へ続くというパターンが増えてきた。

五つ星ツーリストもご多分にもれず。

テレビでやってくれたらなぁ。


最終回は、サンセットツアーズの社長令嬢、

日暮美園(篠田麻里子)とその婚約者の

長友孝俊(佐藤祐基)の京都旅行。


任された佐竹は、美園に振り回されたが、

泣き言を言いながらも、これまでになく

最後までやり遂げようと努力した。


川端さんの運転手らしい姿が、

けっこう似合っていた。

サングラスをはずした目も可愛かったね。


孝俊が京香の元婚約者だったと知った美園が、

京香に向かって「トドみたいな」とか、

「ぶくぶく太って」とか、

言いたい放題言うシーンは、

京香の見た目そのまんまだから、

京香(渡辺直美)がちょっと可哀想な気がした。


最終回で案内された中では、

『鈴虫寺』が印象に残った。


寺で四季を通じて鈴虫を

飼育しているというのもめずらしい。


正式には華厳寺(けごんじ)。


その寺の幸福地蔵さんは、

日本で唯一、わらじを履いているお地蔵さんで、

ひとつだけ願い事をかなえてくれる。


私も行ってみたいなぁと思い、検索してみたら、

キムタクも行ったとか。


「願いがかなう」という評判で、土日祭日は、

かなり混んでいるようだ。


行列が苦手という人は、

ツイッターで願い事をつぶやくこともできる。


今時は、お寺もネットを駆使する時代なんだね。


五つ星ツーリストでは、これまで知らなかった名所も、

分かりやすく解説してくれたが、

忘れんぼうの私は、あまり的確に頭に残ってない。


五つ星ツーリスト版の案内マップみたいなのが、

発売されたら嬉しいのに。

すでに出ていたりしてね。


映画の続編だけでなく、テレビでもまた、

五つ星ツーリスト(2)を制作してほしいな。


中央管理センターの桜庭さんが、

最終回では活躍したが、

ぼんやりしているようで、

実はできる人だったのね。元常務。


佐竹が中央管理センターに配属されたことで、

いよいよ本格的に何かが始まる予感。


営業部課長の宮田も、これまでは、

自分のことだけ考えていたが、最終回では、

中央管理センターの業績をデータ化して、

東京本社からきた常務の真田涼子(東ちづる)に

中央管理センター存続をかけあってくれた。


ちょっぴり笑いあり、ちょっぴり涙あり、

京香がパズルを完成させて、

「はまった」と言う瞬間が、

お決まりのパターンというのも良かった。

1回だけは「はまった」と言わなかったけど。


最終回のジグソーパズルは、

綺麗な京都の夕焼けだったね。

このドラマを見て、京都へ行きたくなった人も

きっと多かったと思う。

私もそのひとりだ。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR