2015.03.15

学校のカイダン 最終回 感想

1話から最終回まで、取りあえず見た。


毎回、ドラマの途中でうとうとして、

春菜ツバメと雫井彗の叫ぶ声で、

ハッと目が覚めるという繰り返しだった私。


雫井彗が1話では謎に満ちていて、

少し期待していたけれど、

2話から8話までワンパターンでガックリ。


9話で少し盛り上がって、

10話に期待したのに、

なんだ、あれで終わりか…という最終回だった。


ツバメ(広瀬すず)と、彗(神木隆之介)が、

いつしかお互いに好きになるパターンは

ありかもしれないけれど、


あのシーンでキスはちょっとね…。

優しく抱きしめる程度なら分かるけど。


理事長兼校長(浅野温子)が、

メチャクチャ悪い奴というわけでもなく…。

初めから、最終回のようになることを

望んでいたのか?よく分からない。


教頭(生瀬勝久)も、中途半端にイヤな先生、

中途半端にいい先生、みたいな印象だった。


私は見逃したシーンも多いのだけど、

全体を通しての印象は、

広瀬すずと神木隆之介の大声だけが、

やたらとうるさかった…。


2人はセリフも多くて大変だったと思う。

それなのに、こんな感想でごめんよ。


週刊誌に、広瀬すず&すずのお姉ちゃんは、

お父さんが病気で倒れたので、

家計を助けるために、この世界へ入ったと

書いてあったけど、本当なんだろうか?


本当だとしたら、

美人姉妹が家計を助けてくれるなんて、

幸せなお父さんだ。

女の子はお父さんに似るというから、

お父さんもイケメンなのかな?



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR