2015.02.22

限界集落株式会社 4 感想

あの女はいったい何だったんだ?


正登はタクシー運転手をやっている間も、

美穂の幼いころの写真を、ずっと持っていた。

ということを、美穂に知らせるための役割?


正登が農業に頑張っている姿が素晴らしいと、

そう視聴者に思わせたいための出演?


女の助言に従って、トマリファームに

ヴィヴァルディの「四季」を流す美穂…。

化粧ももバリバリ派手にして欲しかったね。


「壊滅的被害をこうむった可哀想な村」に、

猫助(古田新太)がやってきた~。


田舎は嫌いな猫助。

「自慢じゃないが田舎の中学を卒業して、 

上京してそれから40年一度も帰ってない」

だけど、テレビの前では田舎大好きに振舞う。


もちきびを見た猫助は、大はしゃぎ。

「もちきびだよ~!

母ちゃんがよくゆでてくれたんだよ」


実は両親が亡くなって、猫助が帰る田舎はもうなかった…。


あっちっちにゆがいた「もちきび」を、

猫助が番組で食べたことで、

トマリファームにもちきびの問い合わせが殺到!


多岐川のやる気もぐ~んとUP!


トマリファームだけではなく、リアルに

もちきびを通販で買いたい人が増えたかもね。


もちきび以外の野菜の人気も高まって、

村民も皆、大喜び~。


しかし、どんなことでも、ほどほどがいい。

売れるのは嬉しいが、忙しすぎて人手が足りない。

雇われていた人の中には、あまりの忙しさに

ねを上げて逃げ出す人も。


多岐川は借金の返済も終わって、

さあ、これからが本当の腕の見せどころ、

という時に…


「農林水産省消費・安全局の森永と申します。

抜き打ち検査の結果、

有機JASをうたって販売された

こちらの商品から農薬が検出されました」


木酢液と殺虫剤の散布用のタンクは、

ホースの色だけでなく、

形も全く違うものにしておけば良かったね。

形が違うタンクは売ってないのかな??


3年もかかって、せっかく有機栽培となったのに、

鉄平は1回の殺虫剤の散布で、

自分の畑がダメになっただけでなく、

村全体をダメにしてしまった。


『この日、村全体を巻き込んだ祭りは

完全に終わった』


多岐川は鉄平との生産契約を

キッパリ切るつもりのようだけど、

次回は最終回。

皆で仲良くやっていけるといいね。





関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR