2015.02.13

花嫁のれん4 30話 感想

銀座のママ・みどりが、

ご機嫌よく帰ってひと安心。


佑美の意地悪に、

怒った様子もない真知子。

真知子はあっさりしていい人だなぁ。

私なら佑美と、口をききたくないわ。


奈緒子は皆で今後のことを話し合ってと、

女将塾のメンバーに言った。


誰も佑美のことを、責めることもなく、

4人そろって、女将塾を

続けることになったけれど、

奈緒子が再び東京に帰ったら、

また、中居頭の房子の出番かな?


余談ですが、女将修業という漢字は、

やはり「修業」と書いたほうがいいのでしょうね。

最近では、「修行」という言葉も、

幅広い意味で使われるようになってきたので、

これまでの私の感想では、あまり気にせず、

「女将修行」と書いていたけれど、

やはり「修業」と書くことにしますね。


30話も、大女将のセリフがポイントだったね。


「花も綺麗に咲かすには、

なかなか手間のかかることやね。

花もこうまでなるには、毎日が修業や。

育てやれるほうが修業なら、育てるほうも修業。

どちらも辛抱が必要ということやね」


そうか、花を見事に咲かせるのも修業か…。


大女将は女将塾の皆の様子が、

何かしらおかしいことも気づいていた。

佑美が元気がないことも。


そういう細かいことに気付く人だからこそ、

嫁の奈緒子の行動にも、

すごく敏感になるんだろうなぁ。


次週はまた、陣内リゾートの陣内様が、

かぐらやに来るようだ。


予告で真知子が何か怒っていたけど、

陣内に怒っていたのかな??



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR