2015.02.08

限界集落株式会社 2話 感想

経営コンサルタントの多岐川(谷原章介)が、

なぜ借金取りに追われているのか、

少しだけ分かった。


会社の創設者として出資した800万円を、

佐藤にだまし取られてしまったのね。

多岐川が仲間と信じていた土橋も秋山も、

佐藤とグルだった、ということかな?


前回、ドラマを見終わったとき、

多岐川はキャベツをインターネット販売するんだろう…

と私は思ったけど、

キャベツ狩りとは考えたね。


「1人当たりの参加費2500円。

参加総数55名。

〆て13万7500円」


う~ん、これで採算が取れるのかなぁ。

バスのチャーター代だけでも、けっこうかかる。

だって、バス2台で来てたでしょ?


規格外の野菜のグラム売りや、

止村特性の漬物入りサラダ丼の販売も、

初めの1か月は景気よく売れて、

目標の3百万円を達成した。


単純に30日で割ったとして、

1日あたりの売上が10万円だ。

10万も売り上げが出るかな?

キャベツ狩りツアーも入れた金額かな?

人件費などの諸経費は別だよね?


真面目に利益を考えてしまうと、

「本当に大丈夫か?」と心配になる私。


でも、限界集落で作った野菜を、

多くの人が目の前で喜んで食べてくれるのは、

村の人にとっては、何より元気が出ることだろう。


「生産から加工販売までを一つに取りまとめて、

止村を会社化しちゃいましょう」

いうのが多岐川の考えだ。


その肝心の多岐川が、姿を消した。


多岐川は気持ち新たに、

止村で頑張るつもりかもしれないが、

誰にも何も言わずに姿を消すのは無責任だ。

多岐川を信用して大丈夫かな?


今回は、正登の娘・美穂(松岡茉優)と、

美穂のおばあちゃんが活躍したね。


美穂を演じている松岡茉優は、

どこかで見たと思ったら、そうか、

『問題のあるレストラン』に出演してたね。

気付くの遅すぎ?


松岡茉優は、妹の松岡日菜がスカウトさた時に、

母親と一緒に妹の面接に同行して、

「お姉ちゃんもやってみますか?」と言われ、

この世界へ入ったそうだけど、

妹より売れているのでは?


そういえば、松岡茉優は、

あまちゃんにも出演していたけど、

あまちゃんの時より綺麗になったね。


2話は1話より面白かった。

ゆるキャラ『ベシタ坊』の中の人が、

ヘトヘトなのも笑えた。


正登(反町隆史)と多岐川が、

これからどうやって村を活性化していくのか、

3話も見てみたいと思う。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR