2015.01.31

花嫁のれん4 20話 感想

真知子が金沢女将塾に戻ってきた。


真知子は民宿の女将になるために、

気持ちを入れ替えて、戻ってきたけれど、

民宿をやろうと思えば今でもできるよね…。


でも、『おもてなしの心』を真知子が学ぶためには、

女将塾に戻って学ばなければ!

そうでないとドラマが成立しないもんねー。


奈緒子は真知子を呼び戻す任務?が終わり、

またまた東京へ。


奈緒子は頭がいい。

村田様に真知子のことを許してもらい、

志乃にも真知子のことを納得させた。

そうでないと、話が前に進まないもんねー。


奈緒子が度々東京へ行くのは、

房子(沢田雅美)の出番をたくさん確保するため?

それとも、奈緒子が女将塾を指導するより、

房子が厳しく指導するほうがドラマが面白くなるから?


「近所のパートのおばちゃん」を演じた志乃が、

大女将の時とはぜんぜん違って、おもしろかった~。

変装したつもりのようだけど、

ぜんぜん変装になってないし。


それにしても、野際陽子は若いなぁ。

1936年1月24日が誕生日の野際陽子。


な、な、なんと、79歳!


79歳であの美しさ、あの身のこなし。


ところで、今週の花嫁のれんで1番ビックリしたのは、


志乃の金箔パック☆


普通のパックでも怖いのに、金箔…怖すぎる(笑)。


奈緒子を演じている羽田美智子は、

ブログでこう書いていた。


「この日、楽屋でモニターを見ていた私。

のけぞって笑い転げました」


奈緒子にもぜひ、笑えるパックをお願いしたい。


そうそう、羽田美智子は京都つうで、

本まで出版しているみたい。

『私のみつけた京都あるき』(2009年、集英社)

『私のしあわせ京都あるき』(2011年、集英社)



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR