2015.01.28

ゴーストライター 3話 感想

由樹(水川あさみ)がだんだん怖くなってきた。


リサ(中谷美紀)は、アメとムチを、

もう少しうまく使えないものかなぁ。


神崎(田中哲司)はリサと、

由樹のことについて、

もう少し話し合ったほうが良かったかもな。


『二番目のわたしへ』 川原由樹

初版3000部


その数が何を意味するかといえば、

全国の書店には行き渡らず、

置いてある書店でも、本棚の片隅。


無名で、何の賞も

受賞していない素人の本など、

誰も手にしない。


でも、リサのゴーストライターになれば、

書店に平積み。しかも、

由樹の書いたものは、

最近のリサが書いたものより

ずっと評判がいい。

『おとぎの国の住人』って、どんな話なんだろう?


読んでくれる人がいないと、

やる気も出ないよね。

自分が書いたものが、多くの人の目にとまり、

由樹だって、悪い気はしなかったと思う。


リサが、まるで何年も前から

小説の構想をねっていたように、

皆の前で自慢げに話したことで、

由樹の中で、意地悪な由樹が目を覚ました。


由樹が書かなければ、リサはおしまいだ。

だって、リサはスランプで書けないのだから。

昔のようなキレのある小説は書けないのだから。


遠野リサを生かすことも、地に落とすことも、

今の由樹にはできる。

由樹の態度がデカくなるのも無理はない。


由樹の婚約者は、遠野リサは

何を考えているのか分からないから怖い、

と言ったけれど、

本当に怖いのは、由樹。


それにしても、小田颯人(三浦翔平)は、

由樹の作風を知っているのに、

どうして、リサのゴーストライターが由樹だと

気付かないんだろう?


由樹は『二番目のわたしへ』を書いたころより、

数段レベルアップしているということかな?

リサの元でプロットを勉強したりしている内に。


これからどれだけ由樹が怖くなっていくのか見物だ。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR