2015.01.04

櫻井翔 大使閣下の料理人 感想

櫻井翔と広末涼子が夫婦役だったね。

2人ともちゃんと夫婦を演じているのに、

なぜか夫婦に見えなかった。

そう思うのは私だけ?


外交の場を和ませるために、

料理を作る人も大変だけど、

食べる人も大変だよね。


料理の意味をいちいち考えて、

相手の顔色を伺いながら食べたら、

どんなに高級な料理でも、

疲れてしまいそう。


作る人は神経ピリピリだろうね。

意味があるにしても、

メインディッシュにお皿だけ出したら、

人によっては、怒り出すかもしれないよ。


国と国の結びつきを料理で表現されても、

鈍感な人なら気づかないかもしれないし。

そういう鈍感な人は外交の場にいないか…。


倉木(西田敏行)にとっては、

家で気楽に食べる料理が、

どんな高級料理よりもご馳走だ。

そう考えると、倉木の奥さんが、

疲れて帰ってきた夫に作った料理は、

たぶん、お茶漬けだろうな…と、

予想できたよね。


レイ・ティー・蘭(剛力彩芽)が登場したとき、

不思議なことに、ベトナム人に見えた。

メークとか、少し変えてたのかな?


ドラマの最後のほうで、後ろ姿は蘭だけど、

振り返ったら、ハリセンボンのはるか!

というのに笑った。後ろ姿、イケてるかも。


櫻井翔は結婚している設定上、

結婚指輪をずっとはめていたけど、

う~ん、料理人が指輪をはめているかな?


料理している公(櫻井翔)の

指のアップが映ったけど、

きれいな指だった。

まるで女の人の指みたいだった。


原作の漫画もダラダラとした流れらしい。

私は読んでないけど。


結局、大沢公(櫻井翔)は、

家族の元へは戻らず、

倉木に付いて料理人を続けることに。


ひとみ(広末涼子)は、公が戻ってこないことに

納得しているようだった。


蘭(剛力彩芽)は公を追いかけて行った。

ひとみは蘭の存在を知っているの?

公を信じているから、大丈夫なの?


ま、夫婦に見えなかったから、

それほど気にはならないんだけどね…。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR