2014.12.26

シンデレラデート 最終回 感想

健吾は最終回で奥さんのことを、

名前で呼んだね。


「真琴、今日までありがとう」


初めから、離婚するときのような健吾なら、

真琴も健吾のことを、

もっと好きになれたのにね…。


「行っていいよ」


入院中なのに、まだ体調も万全ではないのに、

外出までして、離婚届けを用意して、

真琴を自由にしてくれた健吾。

健吾がちょっぴり可哀想に思えてきたわ。


ジャカルタ行く結城の元へ向かう真琴。

でも、空港に向かうバスが出発してしまった…

と思ったら、結城の乗ったバスではなかった。


空港まで追いかけて行くのかと思ったけど、

手っ取り早く結城に会えたよね。


「気持ちを伝えに来ました。

私、結城さんに恋してます。

自分でもまさかと思いました。

でもこれは恋なんです」


直球ストレ~ト。アップ


単純なセリフだけに、役者の演技力が必要だ。

真琴は爽やかだったね。


「 一年がこんなに長いと思いませんでした」

「もう時間を気にしなくていいんだ」

「はい」

「これから2人の時間を積み重ねていこう」

「何があっても耐えていける」

「2人一緒なら」


文字にしてみると、こっぱずかしいな。


「ラブストーリー、いつも気になるんです。

主人公のその後が」

「どうなるんだろうね?俺たち」


「ティダアパアパ(Tidak Apa Apa)」


2人の未来は問題なし!


結城は出張が多いから、私は浮気が心配だけど…。


馬車道のマスターは粋な人だったね。

口も堅いし、信用できる人。


「では餞別の一杯を」

「『かなわない恋』ね」

「ブルームーンはジンとバイオレットリキュールで作ります。

この前はヘルメスを使いましたが、

今日はボルスのパルフェ・タムールを使いました。

『完全なる愛』という意味です」


真琴と結城の愛は、完全なる愛になった。


ラストで真琴と健吾の愛が、完全なる愛になっていたら、

ブーイングの嵐だったろう。


健吾はすぐにいい人が見つかると思う。

よく働くし、ケチでもないし。

ただ、お母様がネックだけど。


橋本先生は石橋先生と

運命の赤い糸でつながっていたとは驚いた!

メガネをはずしたら、そんなに美人だったの?

石橋先生の顔は映らなかったけど、

橋本先生にはとびきりの美人に見えたんだね…。


終わっちゃった~。

楽しみがまたひとつ減った~。


関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR