2014.12.24

シンデレラデート 37話 感想

細井君のお父さんと、

坂本先生が婚約!?

うっそー。


急に坂本先生が細井君のことを、

「大輔君」と呼んだのは、そういうことね。


てことは、

坂本先生の息子が細井君。

どこでどうしてこうなった?

花束攻撃とか?

ダリアの花束は『華麗』。花言葉作戦?


「なんて日だ!」というセリフを言うために、

出演したような小峠。お疲れさま。


37話は、中継ぎのような回だったね。


生徒の木島綾と根岸君は、

エリカの協力もあって付き合うことに。


早紀と黒瀬君は、

「ピーマンとしいたけを

食べさせようとした」という、

些細なことで喧嘩したけど、

山本先生の協力もあって仲直り。


エリカは結城のことをふっきれた。

生徒たちと友達のように接することで、

教師を楽しんでいるようだ。


結城はインドネシアへ取材へ行くことに。


真琴は健吾と大阪へ。

姑にいびられている最中だ。


「いつまで経っても洗い方雑やね。

私がやるわ。

ぼーっと立ってるんやったら、

ゴミでもほかしてきてください」


こんなふうに嫌味を言うお姑さんに

真琴が逆らいもせず、

おとなしく従っているのは、

結城とクリスマスの日に会う約束を、

決行しようと思っているから…。


予告では、クリスマス・イブに、

真琴のお母さんが入院。


真琴はお母さんに、

クリスマスに結城に会うつもりだと、

打ち明けていたけれど…。


衝撃的な予告映像は、

健吾がボ~ッと歩いているところへ、

トラックが突っ込んできて…。

で、どうなるんだ?

「ヒヤッとしただけ」で終わるのか?それとも…。


結城は取材先のジャカルタから帰国する。

しかし、結城の取材も一歩間違うと、

危ない取材のようだ。

結城の身にも、何か起こるのかも。


結城は真琴と過ごしたジャカルタの出来事を、

幸せな気持ちで思い出していたね。

インドネシア語を憶えているか?と聞かれて、

結城はつぶやいた。


「ティダアパアパ」(Tidak Apa Apa)

「問題ない」


でも、問題山積み。

2人はもう会えないのか!?

…と、盛り上げといてからの最終回かな。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR