FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ビブリア古書堂の事件手帖 5 感想

ビブリア古書堂の事件手帖 第5話 感想


『時計じかけのオレンジ』という本を

私は知らなかった。


映画も見ていない。


狂気を感じそうな映画だから、

今後も、私は見ないと思う。


が、


小学生の栞子が読んだ本が、

『時計じかけのオレンジ』

て、言うじゃな~い(ギター侍か!古!)


そして、栞子の読書感想文が大人顔負けで、

2度ビックリだ。


奈緒の妹の結衣が書いた読書感想文は、

実は小学生の栞子が書いた読書感想文を

写したものだった…。


最後まで見終わったあとで、

もう一度録画したものを見直してみると、

栞子の細かい表情が、

(あ~なるほど)と納得できた。


ドラマの冒頭の、


本が子供に与える影響というのは想像以上に大きいんです。


…というセリフを聞いて、

自分が幼いころ読んだ本を思い浮かべたりした。


すぐに思い出したのがこの2冊。

どちらも、ハチャメチャな女の子が出てくるお話だ。

でも、私は低学年のころは

すんごくおとなしい子どもだったので、

この本から影響を受けたとは思えないが、

心の底の願望だったかもしれない。


ロッタちゃんのひっこし (世界のどうわ傑作選( 1))/偕成社
¥1,050
Amazon.co.jp
長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))/岩波書店
¥714
Amazon.co.jp


ところで、


甘味処の店長、藤波を演じている鈴木浩介、


ライアーゲームに出演してから、

いろんなドラマに出るようになったね。


私の中では、ライアーゲームで、


「ナ~オちゃーーーーん!!」


て、叫んだシーンが印象に残っているけど、


個性的な役が多いね。


ドラマのホームページのインタビューで、


ほかの登場人物の邪魔をしないように、

いかに丁寧に演じていくかということは常に考えています。


と答えていたが、

脇役でも印象に残る人だ。


ビブリア古書堂の第2話で、鈴木浩介が


「よし」を連呼したのも記憶に新しいが、


どういう意味なんだろう?と瞬間的には思ったが、

すっかり忘れていた。


インタビューによると、


あれは台本にはなく、その場の雰囲気で

思いついたままにやりました。特に意味はありません。


なんだ、意味なかったのか。



ビブリア古書堂の事件手帖は、

ちょっとした出演者の素振りや、

本のパーツ、ストーリー、出版日…

とにかく、細々したことに謎が隠されているので、


鈴木浩介の「よし」の連呼も、

何か意味があるのかと深読みした人も

いるんじゃないかな??



ドラマを見ているときは、

あ、あの本もおもしろそう…と思うのだけど

見終わると、すっかり忘れている私です。






関連記事

theme : 2013年 テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

Secret

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR