2014.12.11

ファーストクラス2 8話 感想

『ファーストクラス2』のちなみは、

いい人になっちゃって。

そこがつまんない。

もっとガーーーッとやってよ。


『TATSUKO YANO JAPAN』が好きだという、

有名でも何でもない一般女性の、

ウエディングドレスを、皆で一致団結して、

必死に作るちなみ達。あり得ん。


その女性のお父さんは入院している。

せめてウエディングドレス姿をひと目…。

あるあるなストーリー展開に、

必至にドレスを間に合わすちなみ。


皆、どうしちゃったの?

ちなみにすんごい協力的…。


1番のやり手は、

バカ息子に見えた矢野隆太郎だった。あり得ん。


多額の借金のあったNGSホールディングスは、

バカ息子が勧めるままに、充は売ちゃったよ~。

あの厚化粧のリエコ(LiLiCo)が社長を務める

ファスベンダー&マッカートニー・ジャパンに。

金持ち~。


「もはやNGSホールディングスは存在しません」


バカ息子は『TATSUKO YANO JAPAN』なんて必要なかった。

『JAPAN』は邪魔。

必用なのは『TATSUKO YANO』だ。


お母様、いいバカ息子をお持ちで。

蘭子は右腕か左腕か丁稚か。

とにかく、矢野竜子の影で動けと。


あの蘭子が頭を下げるとはね。


妖怪のような2人のシーンを見せられても、

別に私は面白くないけど。


NGSホールディングスの株主も、廣木リカも、

そして充も、思ったほど力はなかったのか?


余談ですが、廣木リカのメイクも、

リエコ(LiLiCo)に負けず劣らず、

変な感じと思わない?


裏ではドロドロした戦いが

繰り広げられているが、

ちなみ達はウエディング姿を

病気の父に見せたい女性に、

ドレスを無事に届けることができたようだ。


バカ息子は、デザイナーやパタンナーの

引き抜きも忘れてはいない。

お声がかからないのは、

ちなみと、千冬と薫。


予告を見ると、

千冬と薫は何とかなる?てな感じだけど、

ちなみはイバラの道か?


充は『TATSUKO YANO JAPAN』の登記簿だけは、

手放さなかったようだけど、それが何か?


眠いけど、頑張って感想書いたよ。

ほめてほめて~子どもか!

だって、いまいちつまんないんだも~ん。




関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR