2014.11.14

銀のスプーン 10巻 感想

銀のスプーン10巻 2014年9月発行

ちょっぴりネタバレあり。


10巻では奏(かなで)がいじめに遭った。

何でもないような事が発端になって、

しかとされた奏。


でも、奏には浩太という、

頼もしい彼がいて良かった。


好意で接すれば、好意が返ってくる、という

浩太のアドバイスに従った奏。


まあ現実的には、必ずしも、

好意に好意が返ってくるとは限らないけれど、

奏はその方法でみゆという友達ができた。


ところが、お次はみゆがいじめの標的に。

あるあるな展開だ。


みゆがうそをついて、

見栄を張っていたのはよくないけれど、

奏のクラスのいじめが怖いところは、

皆が悪いことをしている意識がなく、

正しいことをしていると思い込んでいるところ。


奏はその事をお母さんと話したことで、

みゆの気持ちを直接聞いた。

早川家はいい家族だね。


10巻は律の恋が描かれてなくて、

ちょっぴり私は残念だった。

デートへ行く律を、友達の斎木と優が

見送るシーンはあったから、

きっとうまくいっているんだろう。


イラッとするのはルカのママ。


美人なのに、なぜだかダメ男を

好きになってしまうのね。


ルカのママは、

まだ夜の仕事は続けているものの、

不動産関係の昼の仕事にもつき、

これからは、ルカと親子らしい生活が

できると思ったのに。


ルカの運動会に、

早川家の皆は行かないほうが良かったのかな?

そしたら、ルカのママは、

仕事を休んで運動会に来る予定だったでしょ?


運動会の日に仕事を休んでいたら、

年下のイケメンと付き合うこともなかった…かも?

う~ん、違う日に出会っても同じことになったかなぁ。


決してルカのことを嫌いではないのに、

男ができると、ルカは放ったらかし。

私には信じられないよ。

素直で可愛くて母親思いのルカ。

わがままも言わないいい子なのに…。

彼女の心が弱っているのは分かるけれど。


斎木と優は、律がいなくても、

仲良く?やっている様子。

斎木はおもしろいよね。


10巻は優の元カノ・キリコが登場した。

優はカレーチェーン店の御曹司だけど、

キリコはワリカンでと言う。昔から。

そんなキリコに、優はもう1度恋しそうだったけど、

キリコには彼がいるようで、残念でした。


11巻の発売予定は、来年の春。

律と夕子の恋をいっぱい描いてほしいなぁ。



銀のスプーン→11巻感想

銀のスプーン→あらすじ&8巻の感想



関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR