2014.09.26

昼顔 最終回 感想

なんだ、結局、利佳子と北野は元のさや。

期待しすぎたせいか、
ラストはいまいちだったわ、私は。
何を期待していたんだ!?

北野先生と紗和は、 本当にこれっきり?
もしそうなら、ドラマとしてつまらな過ぎる。

一青窈の歌う「他人の関係」の2番の最後に、
『私何度でも きっと引きもどす
もどしてみせる』と。

紗和もドラマの最後で…

『神様ごめんなさい。
またいつか、私はあなたを
怒らせるかもしれません』

スペシャルドラマで続編があるとすれば、
きっと紗和は北野に会いに行く…よね?

紗和は放火までするなんて。 やり過ぎ。

1話で紗和が見た火事と、
つながりを持たせるためとはいえ、
放火こそ、自分だけでなく、

他人まで巻き添えにして不幸にする。


逮捕されたら北野に会えないと、

諦めがつくからやったの?

放火は重罪だ。

ボヤですんで良かったよね。
俊介もかばってくれたし。

「僕はママと穏やかに
無理することなく生きていきたかった。
それが結婚だと思ってた。
でもママが僕に求めてたものは違ったんだな」

俊介と紗和が男と女の関係でいられたら、
少しは違ったかもしれない。
子どもがいる、いないに関係なくね。

紗和はまだ若い。
お手手つないで寝るだけではねぇ…。

最終回も、北野先生と紗和の、
激しいシーンはなかったね。
2人は何度も体を重ねていると思うけど。

「ただ会って抱き合う。
それだけが愛の営みではない。
先生そんなふうに思います」
と、
北野先生も、校内放送で言ってたけどさ。

「君たちにお願いしたいことがあります。
一つの生き物としてこの世に生を
受けた以上、将来誰かを真剣に愛してください。
誰かを愛すると見慣れた景色が

いつもと全然違って見えます。
自分以外の人間の幸せを願う。
そんな大きな喜びを知ります。
先生もある人に出会い、愛し、
別れることによってその喜びを知りました」

この放送を外で聞いて泣く紗和。

「たとえ離れ離れになっても、

相手の幸せを願い続ける。
それこそが、心を持ったホモサピエンス。
人間という生物の愛なんだと。
だから君たちには、

いつか誰かを真剣に愛してほしい。
そう願ってます」

北野に反抗的だった啓太も、
この放送を聞いて少し気持ちが変わったようだ。

意外と素直なんだね、啓太は。
私が啓太の立場だったら、
「うぜぇ」と思ったかもしれないなぁ。

だって、北野先生は不倫をしたことによって、
大きな喜びを知ったと言ってるんだよ。
乃里子の立場がないじゃん。

それなら、紗和と一緒になれば良かったのに。
中途半端なんだから。
これから一生、乃里子の尻に敷かれっぱなしだな。

ところで、乃里子は、北野と紗和が、

また会ったりした場合は、

「紗和さんに毎月30万円の慰謝料を、
死ぬまで支払っていただくことを要求します」

と言ってたけれど、中途半端な額だなぁ。
どこからその金額を割り出したんだろう?

加藤は絵の才能があるのに、
盗作を表紙に使ったのは、
利佳子と別れるため??

もっとスマートなやり方はなかったの?

挙句の果てに、智也と本気で殴りあって、
加藤は右手の神経を損傷した。
元通りに絵筆を握れないかもしれない。
これからどうやって生きていくつもり?

「お前が好きだよ」

別れる決心をした後で、

加藤に病院のベッドで言われてもなぁ。
嫌いと言われて別れるより、後味はいいけどね。

1番の被害者は利佳子の子ども達だ。
子どもが見ている前で、
とっとと出ていく利佳子の気持ちが、
私には分からない。

紗和は離婚して、どうするのかな?

『1つだけ変わりました。
一人で靴のひもを結べるようになったのです。
これでもう立ち止まることはありません』

立ち止まらずに、紗和は何を目指すの?

俊介は慶子とハムちゃんたちがいるから、
ま、大丈夫だろう。
はむみが戻ってきて良かったよね。

紗和は離婚したのだから、
また新しい恋もできるけれど、
燃えるような恋をしても、
結婚すれば日常になってしまう。

そうなったとき、紗和はまた、
神様を怒らせてしまうのかな?

回が進むにつれて、

引き込まれたドラマだったけど、、

最終回は、なんだかすっきりしなかったわ。



関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR