2014.09.24

ドラマ10 聖女 第5話 感想

克樹が弟の晴樹に感じている嫉妬と怒りは、
自分への自信のなさが原因だ。

克樹が晴樹と基子の関係を暴いたとしても、
晴樹は弟なんだから、
結局は克樹にとってもマイナスになると思うけど、
もう冷静に考えることができないんだろうね。

「肘井はさ、君みたいな人間が
一番嫌いなんだよ。
君みたいに太陽みたいに笑う人間がさ」
と克樹。

克樹は泉美に直接そう言ったけれど、
基子の場合は、心で思っても言葉には出さず、
何か行動を起こしそうで怖いよね?
たとえば、泉美を事故に見せかけて 殺そうとするとかさ。

自分の幸せに貪欲な基子は、
千倉にあっさりと別れの言葉を告げた。
ショックを受けた千倉は、
病院の屋上から飛び自殺したけど、
本当に自殺?もしかしたら基子が…。

千倉は即死ではなかったようだ。

基子が部屋を出る直前に、
吸いかけのタバコを床
に捨てたことを、

千倉が証言でもしたら、
基子にとっては大変なことになる。

でも、千倉が亡くなったとしても、
泉美は千倉が晴樹にタバコのことを

話す様子を見聞きしていた。

泉美は晴樹と基子が
ホテルで会っているのを見てしまったから、
晴樹への愛が、憎しみに変わる可能性もある。
千倉が話していたタバコのことを、
泉美が裁判で話す可能性も?

「肘井基子を救ったのはこのイケメン弁護士」と、
週刊誌に取り上げられた晴樹。

マスコミは基子だけではなく、
晴樹にも注目している。
克樹が晴樹と基子の昔の関係を暴露したら、
マスコミのいい餌食だ。

晴樹が基子のことを、
心から信じることができるのなら、
曇りのない心で、弁護することもできるけど、
千倉の話を聞いた晴樹は、
基子のことを少し疑い始めた。

基子にしてみれば、本気で愛している晴樹に、
殺人を疑われたりしたら、
自分は無実だと信じてもらうために、
何でもやりそうだ。


ところで、阿川の死は、

本当に自殺だったみたいね。
幽霊のように基子の前に現れた阿川に、
基子は言った。

「大体あなたが死んだりしたから
こんな事になったのよ。
あなたが会社の経営に失敗して
死んじゃったりなんかしたから」

基子は阿川のことを、
男としては愛していなかったけれど、
いいパートナーだと思っていた。

阿川の会社が順調で、
阿川がずっと基子に経済的援助をしてくれたら、
次なる金づるを基子が探す必要もなかったのかも。


それなら、どうして基子は、
千倉の部屋にタバコを落としたのかな?
結婚している千倉が、基子に本気になりすぎたから?
それとも、多額の保険金目当て?

基子は晴樹の前では、清らかな聖女でいたい。
やり直すチャンスを手に入れたい。
神様は基子に罰を与えるのか、それとも…。


関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR