FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ビブリア古書堂の事件手帖3

ビブリア古書堂の事件手帖 第3話 感想


毎回、私が読んだことも

買うこともない本が出てくるが、

第3話は「倫理学入門」(ヴィノグラード・クジミン)


その本に出てくる「三段論法」も私は知らなかったが、


例えて言うなら、


おっちょこちょいな人は、

よく言い間違えや、書き間違えをする。


ahaharui は、ドラマのタイトルをよく書き間違える。

↑念のため私です


タイトルだけでなく、芸能人の名前もよく書き間違える。


よって、ahaharui は、おっちょこちょいである。


みたいな感じですか?ちょっちゅ違うか…。


私はブログをUPする前後に、読み返しているのに間違えています。

この前も、ビブリアブリビアと書いて、そのままです。いつか直す。

他にも、市原隼人を市川隼人と書いていて直しました


第3話のストーリーは、うるうるした人もいるようで。


私は・・・


中村獅童の顔がむくんでいる??と、

それだけが強烈に印象に残った。


だって、頬がもっこりして、

目が小さくなっちゃった?



それにしても、毎回、


栞子(剛力彩芽)の古書の説明のセリフが多くて、

覚えるのが大変だなぁと思ってしまう。


どんな仕事でも大変だけど、

役者という仕事は、続けていく限り

セリフを覚えなくてはならず、


試験勉強をずーーーっと続けているような、

寝ても覚めてもセリフが頭の中で回り続ける、

そういうお仕事なのかな?と。


そんなことを考えながら見終えたが、

第3話も、よくまとまった話だったと思う。


が、


第1話、第2話ほど、私の中に残っていないのは、


たぶん、


中村獅童のせいである。


お酒飲み過ぎ?太った?

それとも、どこか悪くて薬の副作用??




ドラマのクライマックスのところで

流れる効果音(フレーズ)は前回と同じでしたね。

ド・ド・ミミミ シ・シ・レレレ…だったかな。。






関連記事
Secret

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR