2014.08.29

昼顔 7話 感想

乃里子は薄々気づいているの?
夫の心が紗和に傾いていることを。
もしそうなら、4人でお茶して話すうちに、
その気持ちは確信へと変わるよね…。

紗和の家へ入るとき、
大胆にも北野先生は紗和の手を握った。
こういうの、意外とドキッとする。 ドキドキ

利佳子はついに夫に離婚届を突き付けて、
加藤のもとに走った。
利佳子が娘たちを置いて出ていくとは驚き。

利佳子の夫は彼女のことを、
人に見せびらかす人形としか見ていないけれど、
加藤は彼女の良さも、哀しさも、ドロドロした面も、
画家として彼女を描いたことによって、
滝川よりずっとよく分かっている。

だけど、加藤の絵は滝川の力で名声を得た。


WEB版『BONITO』に描いた加藤の絵が、
滝川の力添えがあって評判になった今、
利佳子を選べば、

加藤は仕事を失うことになる。

でも、仕事を選んだとしたら、

加藤は滝川に支配され続けることになる。
どちらを選んでも、苦しい道をゆくことになる。

滝川は、妻に対してだけでなく、

誰に対しても陰険そうだなぁ。
権力と財力で、
利佳子をものにしたと

滝川は言ったけれど、
本当に利佳子はそれだけで

滝川と結婚したんだろうか?

どこかいいところもあったのでは?


「こいつは顔だけだ。頭が悪い」

こんなこと夫にずっと言われ続けたら、
そりゃ利佳子も嫌にもなるわ。
しかも、携帯もカードも取り上げられて…。

利佳子は自分はやろうと思えば、

働いて自立できると思っているようだけど、
紗和は働くことを甘くみないでと利佳子に怒った。


スーパーのパートで1か月頑張っても、
紗和の収入は8万円。
紗和の怒る気持ちもわかる。

でも、利佳子が本気を出せば、
読者モデルどころではなくて、
CMだって出れちゃうぞー。
ドラマではそういう設定ではないけどさ。

可哀そうなのは、利佳子の娘たち。
特にお姉ちゃん。

外での母親の、女の顔を知りながら、
大目に見てあげようと思っていたなんて、
すごくできた子だと思う。

子どもから見ても、あの父親なら、
お母さんが浮気したい気持ちも
何となく理解できたのかもね。

北野先生の生徒・啓太は、
お母さんが若い男と出て行ったから、
それで不倫は許せないのか。
あの年齢の男の子にとって、
母親の女の部分を見せつけられるのって、
たまんなく嫌だよね。

それにしても、

紗和の姑・慶子(高畑淳子)は、
いい味出してるわ。
嘘がつけない態度がおもしろ~い。

紗和は、あんなにあからさまに
乃里子を避けたらダメだ。バレちゃうよ。

北野先生は紗和に手紙を書いたけど、
追伸には…

『つくつくぼうしの声は僕には
「おいしいつくつく」と聞こえます』

え?そんなふうに聞こえる?と思ったけど、
鳴き声をよく聞いたら、
私にも「おいしいつくつく」と聞こえたよ。

そして最後ほうの鳴き声は、私には、
『もういーよー、もういーよ』て聞こえた。


「私たちはしるべのない深い森に
二人で足を踏み入れました」

紗和も利佳子も、大丈夫かなぁ。
滝川は妻を許さないだろうし、
加藤にもつらく当たるだろう。

乃里子だって、紗和に、
何をするか分からない怖さがある。

よく分からないのは、
紗和の夫・俊介に、部下の美鈴が
ちょっかいを出すこと。
美鈴は俊介のどこが好きなんだろう??


登場人物の名前をたくさん書くと、

よく書き間違える私ですが、

今回は合ってるかな…。




関連記事

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR