FC2ブログ
2018.11.14

まんぷく 39話 感想 福ちゃんは経営者としてやっていけるのか❓

闇市で塩を売ってやるという

世良の悪魔のささやきに

「できません‼️」

きっぱり断った萬平さん。

世良の誘いにのっても

ロクなことがないもんね。


ええ塩を作らなければ

お金にはならない。

でも、まあまあの塩でも、

世良が登場しなかったら、

まあまあのお金になってたのになぁ。


1日3食の食事もおかず無し。

ブーブー言う皆に、

自分は2食しか食べられないから

「つべこべ言わずに食べなさい💢」

とイライラしている鈴さんが

怒っているのに何かしら可愛い(笑)


戦争から帰ってきたら

家もなく食べ物もなく、

しかも石を投げられたりしたと皆が言う。


仕事が終わってから魚釣りをしながら、

この仕事に誘ってくれた神部には

感謝していると皆が口々に言っていると、

大きな鯛をゲット🐟

感謝する気持ちが天に通じたのかな。

いや、海の神に通じたのかな❓


久々のご馳走〜。

だけど、お金が釣れたわけではないから、

お金は足りない。


福ちゃんはまたお金を借りに…。

いくら親友でも、

こう何度も借金にこられたら嫌よね。

旦那様の手前もあるし、

返すあてもないのに。


そうすると、疫病神の世良に

販売を任せるしかないの❓

萬平さんは研究者としてなら

完璧を目指すいい研究者だけど、

経営者としてはいまいちだもんね。


ナレーションでは

「疫病神の世良」と言っていたから、

また騙されるかも…と心配。

世良が萬平さんの本当の協力者に

なってくれたらいいのにね。。。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.11.13

まんぷく 38話 感想 慰労会。一番ウケたのは鈴さんの国定忠治

岡さん、よく見るとイケメンだね。

喧嘩っ早い性格が、

仕事のイライラにプラスして、

正義感から加速しただけで、

本当はいい人なんだろうなぁ。


イライラしている皆の心を癒すために

福ちゃんが考えたのは慰労会。

タカちゃんのハーモニカは、

若い女の子というだけで

みんな嬉しそうやん。


福ちゃんの英語のリンゴの唄は、

いまいちウケなかったけれど、

鈴さんの国定忠治は、

大喝采だったね。やるやん鈴さん!


萬平さんと福ちゃんの漫才、

名犬珍犬展覧会は、

萬平さんの真面目な一生懸命さが、

逆に笑えたわ。


社長一家の従業員を思う気持ちが

みんなに伝わって良かった♪

武士の娘も頑張ったしネ。


でも、ラストの電話が気になるなぁ…。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.11.12

まんぷく 37話 感想 悪役?の世良が登場~経営者として甘い萬平さん

製塩業の認可がおりた\(◎o◎)/!

『たちばな塩業』

塩屋でなく塩業だよ、

経理と飯炊き、両方は大変だけど

立派な会社だよ、鈴さん!


世良が会社設立のお祝いに登場~。

たちばな塩業の初出荷。

880キロの塩の出荷を、なんと、

世良が一人で担当してくれた。

もしかしていい人なの?

…と思ったら、

茶色い塩が混じっていたからと、

うまく理由をつけて、

3000円の半分を勝手にピンハネ。


なんちゅーやっちゃ(◎_◎;)


「ほんまに1500円やったの?」

と世良に問う鈴さん。

鈴さんええ勘してる。


初出荷の日は大福のデザート付きで、

みんな嬉しそうだったのに…。


茶色い塩が混じっていたという現実に、

職人さん達を怒鳴りつける萬平さん。

ちょっとそこ、違うんと思うわ。


初めて納品する前に、

チェックするのは萬平さんの役割だと思う。

それに、世良にすべて任せずに、

一緒に付いて行くべきだった。

そしたら、茶色い塩が混じることも、

世良に1500円取られることもなかった。


萬平さんは経営者として甘い!!


当然、お給料も少なくて、

みんな不機嫌。


あさイチの華丸さんが、

「半分はいかん。2割もいかんよ」

と話していたけれど、

それは言えてるかも。


まだ1割だけ取られたなら、

お給料ももう少し出せたのに…。

でも、初めにガツンとやられたから、

萬平さんは真っ白な塩を作ることを

心に誓ったと思う。


だけど、また世良がからんできたら、

真っ白な塩を作れたとしても心配よね…。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.11.10

まんぷく 36話 感想 萬平さん塩づくりに成功。初めての塩はラーメン屋さんに

砂浜にならんだ81枚の鉄板。

撮影に並べるのも大変だ。

萬平さんによる塩づくり講座。

萬平さんは学者肌だねぇ。


作業は同じことの繰り返し。

もう嫌やと言う皆に

「赤いリンゴに唇寄せて~♪」

と歌いながら作業することを

提案した萬平さん。


ハンコ屋をやったときに、

小さい「っ」と「り」を使う

4文字言葉を言い合ったのを

思い出すわ。


「塩屋の飯炊き女」と嘆きながら、

鈴さんも食事作りを頑張りました。

巻きずし~♪

皆が美味しそうに食べるから、

私も巻きずしが食べたくなったわ。


そして塩づくりが成功したけれど、

袋にわずかしか塩はできない。

商売として成り立つのか、

ここで塩づくりをやめるのが

塩だけにちょうど良い潮時なのか。


神部くんが僕はあきらめない、と言うと、

皆も続けると口々に言う。

福ちゃんの作戦成功だね。


鈴さんは本気で塩づくりをやめようと

言っていたけれど、

福ちゃんはあのとき、

「みんな頑張って続けて」と言うより、

皆の気持ちに同調して

もう辞めてもいいと、

これまでのお給金は

お支払いしますと言うほうが、

やめたくないと思う気持ちが

ふくらむと分かっていたんだと思う。


わずかにできた塩を、

ラーメン屋さんにプレゼンとして、

お返しにラーメンをご馳走になったが、

塩を贅沢に使ったラーメンの味は格別。


「世の中の役に立つ仕事がしたい」


と話していた萬平社長の言葉を

皆に伝える福ちゃん。

世の中の役に立ち喜んでもらえる仕事を

皆さんはしているんですよ、と

タイミングよく伝えた。


まだ塩づくりは始まったばかり。

私はとっくに塩づくりは行われていたような

気分になっていたけれど、

今日初めて全行程が行われたんだね。


これから商売になるほどの

大量の塩は出来上がるのか、

塩は売れるのか。


次週は、

「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2018」

素敵な笑顔の人に選ばれた

桐谷健太さん=世良が登場するようだ。

ドラマでは世良の笑顔は見られるかな?


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.11.09

まんぷく 35話 感想 タカちゃんが助っ人にやってきた

皆、食べる物が少ないとイライラする。

空腹だとそのことばかり気になるもんねぇ。

分かる分かる。


「気に入らないことがあるなら
僕に言いなさい!!」



と社長らしくなっている萬平さんが

頼もしく思えたよ。

克子ねえちゃんのとこのタカちゃんに

助っ人を頼みにきた福ちゃんに、

親ばかぶりを発揮した忠彦さん。


「浮世離れした美人や」


と、忠彦さんが言うほどタカちゃんは…

いやいや、明るいええ子です。


「女や女やー若い女やーー」


あらまあ皆の目がキラキラしてる。

若い女の子のオーラというのは、

どこか違うのよねぇ。


鈴さんは自分がビシッと言うたから

皆が仲良くなったと思っているが、

それを否定しない福ちゃんが、

優しいというか、機転が利くというか。


たまには2人きりの時間が欲しい

と言うふくちゃんも妻として可愛い。

いつも笑顔の福ちゃんだけど、

泣きたい気分のときもあるだろうね。

タカちゃんが手伝いに来てくれて、

ホントに良かった~。(^^)


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.11.08

まんぷく 34話 感想 鈴さんと皆の心を癒したラーメン

神部くんがたくさんの人を集めてきた。

それだけ職がなくて、

お腹が減っている人が

たくさんいたということよね。


鈴さんが怒る気持ちは分かるよ。

私は15人分の食事を

毎日毎日作ることを

考えただけでもゾッとするわ。


しかも、神部くんみたいなイケメンでなく

おっさんばっかりだもの(失礼しました)。

お風呂に入る時間も短く、

隣の人とくっ付くぐらいの雑魚寝。

働く人たちも大変。


お風呂の掃除も大変だろうね。

15人+3人=18人

それだけの人数の食事を作るには

お金もたくさんいる。

またハナちゃんちに

お金を借りに行く福ちゃん。

旦那様の手前、親友とはいえ

ハナちゃんもつらいよね。

銀行で融資してもらえるといいけれど…。


「明日のことだけ考えましょう」

と言う福ちゃん

「何も考えられない」と言う鈴さんは、

ラーメンをやけ食い。


そんでもって安くで出前を頼んで、

ほんのいっとき、食事作りを休み、

しかも、皆にも喜んでもらえて

鈴さんも笑顔でよかったよー。


食べることは大切なこと。

嬉しいこと。 そして、

料理には塩が欠かせない。

社長の顔になりつつある萬平さん。

みんな頑張れー!

ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.11.07

まんぷく 33話 感想 鈴さんの300円のヘソクリ、ありがとうございますー♪

「うちは塩屋になるんですか?

塩屋はイヤ。私は武士の娘です」


ふふ、鈴さんたら。

人を雇って塩をつくる計画を

着々と進めてゆく萬平さん。


福ちゃんは萬平さんに何一つ逆らわず、

内助の功とは、

福ちゃんみたいな人のことよね。


克子ねえちゃんも、

絵を描く忠彦さんに協力して、

つつましく暮らしている様子。


鈴さんも昔は夫に尽くす

いい奥さんだったから、その反動で、

今は子どもみたく奔放なのかもね。


ハナちゃんの旦那様に頼んで

借金したけれど、それも返すあてもなく、

実は家計は火の車。


そのタイミングで鈴さんが

300円のヘソクリを出してくれた。

ハンコ屋をやっていた時のヘソクリを

ずっと貯めていた鈴さん。さすが。


大切な着物を売ってもヘソクリは出さない。

そこが鈴さんの素晴らしいところよね。

福ちゃんは何でもっと早く出してくれないのぉ~

と言いながらも、きちんと

「ありがとうございますー」

と鈴さんに頭を下げた。

お礼を言う福ちゃんも気持ちがいい。


萬平さんの塩づくりのためには、

人を雇うことになるが、

そうなると孫の顔を見るのも先になるし、

鈴さんにしたら、家に知らない人達が

いっぱい集まってくることも嫌なんだと思う。


家が広いといっても、

知らない人がいーっぱい家の中にいたら、

落ち着いていられないものねぇ。

だけど、福ちゃんと一緒に行くと言ったのは

鈴さん自身だから、協力してもらいましょ。

そのうちに大きくて有名な

「塩屋」になるかもよ、鈴さん。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.11.06

まんぷく 32話 感想 萬平さんは塩づくりに成功。鈴さんは…茶色い

萬平さんは簡単には

塩はつくれないと分かってはいるが、

なんだか楽しそう(* ´艸`)


江戸時代から塩が作られていた赤穂へ

神部くんと一緒に列車に揺られ、いざ!


鈴さんは着物を持って

ご近所に挨拶回り、

そして、ご挨拶よりも肝心なのは

鈴さんの着物をお米などの

食べ物に替えてもらえこと。

武士の娘もやっと少し協力的になった。


あれだけ着物は売らないと

言い続ていた鈴さんだけど、

隠していた(?)上等な着物も…

背に腹は代えられないよね。


ハナちゃんはいい人と結婚したんだね。

なんてったって、地主さんでお金持ち。

鈴さんの着物を300円で買ってくれた。

ハナちゃんには子どもいて、

鈴さんにとっては羨ましいことばかり。

その気持ちは分かるけどねぇ。


萬平さんと神部さんは

赤穂で塩づくりを学んで帰って

すぐさま準備にとりかかった。


鈴さんが先にごはんをたべましょう、と

福ちゃんにせがむのが可愛いかったわ。

昔は旦那様が帰ってくるまで

ごはんを食べるのを待っている

お家も多かったでしょう。


萬平さんは研究を始めると

時間が分からなくなるほど

集中してしまうから、

先にごはんを食べてもいいよね。


そしてついに塩の第一号?というのかしら、

第一作品というのかしら?…が完成。


福ちゃん達が「やったー!」と喜んでいるのに、

鈴さんはボソッと「茶色い」。(^_^;)

言い方が可愛いから許せるけどね。

鈴さんは大切な留袖も

手放すはめになって、

ちょっぴり可哀想にも思うけれど、

福ちゃん達に付いてきたんだから、

我慢して協力してもらいましょ。

そのうちに、萬平さんの発明が成功して
もっといい着物を買ってもらえるよね♪



ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.11.05

まんぷく 31話 感想 福ちゃんはワクワク。萬平さんは鉄板で塩!

21年5月泉大津へ。

海が綺麗やねぇ。

だけど、鈴さんは洗濯物に

塩が付くことが心配みたいね。


元軍人さんの施設に

引っ越したけれど、

掃除は大変そうだったわ。

あれは疲れるー。


ハナちゃんが野菜持参で

訪ねて来てくれた。

持つべきものは

遠くの親戚よりも

近くの友人♪


豪華とはいえないけれど、

食卓にお魚も。

ちっちゃいけど、魚は魚。


鈴さんはハナちゃんに

子どもがいると聞いて、

福ちゃんに早く…と。


まあ気持ちは分かるけれど、

萬平さんだって、福ちゃんだって

子どもが欲しい気持ちは

鈴さん以上に大きいと思う。

周囲の人に「子どもはまだ?」

と聞かれるのはホントに苦痛よね。


でも今は、子どもよりも先に

生活を安定させることが先。

引っ越した瞬間から、

鉄板を何かに使えないかと

ずーっと考えていた萬平さんが

ラーメンを食べていたときに

「塩」というヒントを得てひらめいた


あの鉄板を使って塩を造ろう!と。

さっそく赤穂に塩づくりの勉強を

と言う萬平さん。

思いついたら即実行。

萬平さんの活躍が始まりそう。

福ちゃんじゃないけどわくわく…。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.11.03

まんぷく 30話 感想 泉大津で福ちゃんと萬平さんの新しい人生が始まる

ハンコ屋は同業者が増えて

収入が減っているのに、

居候の神部は置いてあげてるんだ。

急に出ていけ、と

言えるような人たちじゃないもんねぇ。


忠彦さんは戦争で眼をやられて

色が分からなくなったが、

また絵を描き始めた。

色が分からないなら、

分からないからこそ、

独自の素敵な絵が描けるかもしれない


「あなたは画家やないですか!」

と励ます克子。

いい奥さん♪

でも鈴さんは、

「堅気になるんやなかったの?」

鈴さんらしいわ。


真一さんが戻ってきた\(◎o◎)/!

咲ねえちゃんが生きてたら、

さぞかし喜んだろうに…。

きっと、咲ねえちゃんは天国から

戦地の真一さんを守ってくれたんだよね。


「あなたも見てきたんですね、地獄を」


忠彦さんの言葉と、

真一さんの涙が、

戦地でどれほど大変だったのかを物語っている。


ハンコ屋の仕事も減り、収入も減り、

福ちゃんと萬平さんは

泉大津に引っ越すことになった。

鈴さんも出て行くと言う。


え?鈴さんは福ちゃん達に

くっ付いて行くの?

視聴者はそれも楽しいけれど、

福ちゃんと萬平さんは

これからもちょっぴり大変ね。


でも、ハナちゃんが住んでいる所だと

福ちゃんが話していた。

親友が近くにいるのは心強いね。


ところで、居候の神部はどうするの?

皆、居づらくなって出ていくのに、

ずっと克子のところに居るの?

そんなわけなかった。

福ちゃん達と一緒に行くのか。

もしかして

萬平さんの発明の手助けをしてくれる

重要な人物になるのかしら…


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.11.02

まんぷく 29話 感想 加地谷を許した萬平さんは本当にすごい男だ

居つこうとする神部に、

「あなたは、出ていけ」

ときっぱり言う鈴さん。

どこ、とは言えないけど、

鈴さんはオモシロイなぁ。

結局居つくことになったけどさ(笑)


ところで、神部くんは

大阪帝大出ているってホンマでっか?!


忠彦さんは無事に帰ってきたけれど、

眼をやられてしまって、

「緑と赤の色が分からない」

絵を描くときには困るけれど、

命があってよかった…

失明しなくてよかった…


闇市でハーモニカをふく加地谷に

バッタリ出会った福ちゃんと萬平さん。

もう誰も加地谷を追う者もいないのに、

日陰で生きている意味も分からず

こっそり生きている加地谷。


ざまーみろ、と言いたいところだけど、

萬平さんは加地谷を許したようだ。

福ちゃんは不服そうだったけれど。


萬平さんは人を恨むことで

頑張れる人間ではないから、

加地谷を許したのか、

それとも、心底人がいいのか。


神部くんに頼んで加地谷に

伝言と届け物を頼んだ萬平さん。

「あきらめないで
どうか生き抜いて下さい。
あなたの人生の主役は
あなたなんてすから」


それは萬平さん自身が

ずっと自分に言い聞かせてきた

言葉かもしれないねぇ。


そして封筒の中には「加地谷」のハンコ。

そら加地谷も泣けるわ。

これから萬平さんの言葉を胸に、

加地谷も世の中のために、

頑張ってくれるといいね。

いや、そうでなきゃダメだよね!


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.11.01

まんぷく 28話 感想 出合え~!さすが武士の娘

鈴さん、やりますな。

アトリエからの侵入者に

全くひるむこともなく、


「皆の者、出合え、出合えーー!」


鈴さんのおかげでハンコ屋で

一生懸命稼いだお金も無事だった。


戦争から帰ったものの

お金も尽きて、やむにやまれず

お金を盗もうとした神田に、

すいとんを食べさせてあげたが、

あの時代はそういう人も

多かったんだろうね。

まあ福ちゃん達が皆

無事で良かったわ。


そして事件は再び・・・と思ったら、

忠彦さんが帰ってきた\(◎o◎)/!

何も深夜にアトリエから

ひっそりと忍び込まなくても

他の方法もあったと思うけど。

克子さん良かったね。


ほんまに28話はドッキリさせられたわ。


それにしても、怖い目に遭っても

同じようにアトリエで寝る鈴さん。

あっぱれな根性だ。

私ならびくびくして眠れないよ。

窓が開かないように

板を打ち付けちゃうかも。


忠彦さんが帰ってきたことに

子ども達が「ばんざ~い!」と

喜びを表すと、家族全員で

「ばんざ~い!」

サザエさんちみたいに見えたわ(笑)

たぶんサザエさんちなら波平さんが「やめんか」と止めるだろうけどね。


皆で万歳をしていると、

ニコニコしながら一緒に万歳する男が…

神部茂はこれからも

福ちゃんちに居候かな?

若いし可愛い顔してるし、

ま、許せるけどね(*^^*)


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR