FC2ブログ
2018.09.05

高嶺の花 9話 感想 すべては魔がさしたから?!

驚いたなぁ。

ぷーさんに千秋を差し向けたのが、

ももだったなんて。


しかも、ぷーさんを落とす役目の千秋は、

「私、あなたといると落ち着くの。
ず~っとぷーさんにそばにいられたなぁって」


これ、本気で言ってるよね?

「魔が差した」ってことかしら。


兵馬 VS 龍一 

結果は兵馬の圧勝。


龍一、どうしたんだ?

しょぼい生け花だった。

いつもの奇抜な生け花も

いまいちだと思っていたが、

あれじゃあまだ奇抜なほうがまし。


龍一に票を入れたのは、

ななとももだったけれど、

彼の花に感動したのではなく、

「かわいそう」な龍一に入れた票。


ななは実の母親に龍一を寝とられたが、

龍一のことを、嫌いになったわけではなかった。

龍一もななが嫌いで抱かなかったのではなく、

「汚したくなかった」から抱かなかったと言う。


ななが動いた。

龍一に抱かれるために。

さすが家元の娘。

やるときゃ、思いきるねぇ。


ももは同病相憐れむ龍一から、

家元の実子でないことを

聞いてしまった。


荒れるもも。

なぜ、ももが荒れているか、

分かっていたぷーさん。

ぷーさんて何者なんだ?


自分がハニートラップにかかっていることも

ぷーさんは分かっていたんだろうか。


月島の運転手・高井にぷーさんが問う。

「あなたが本当のお父さんではありませんか?」


「君にはとても受け止めてやれない」と

高井がぷーさんに話したことで、

気づいたと言うぷーさん。


「もし父親なら名乗り出られたほうが…」

と、ぷーさんは高井に言ったが、

ももは高井と話しているときに、

自分の父親が高井だと気づいた。


寝とったり、寝とられたり、

ささげたり、ささげられたり、

「魔が差した」というか、

悪魔が耳元でささやいた、というか。


男も女も眩惑(げんわく)される。

その経験や気持ちの揺れが、

花をいけるときに力を発揮するとしたら、

凡人には務まらない世界だよねぇ。

怖い怖い…。


ぷーさんまで生け花の真似事を始めた。

ぷーさんの気持ちもよく分からないが、

もものことがまだ好きなんだよね?


「どうしてこんな時でもお花に囲まれていたいの…」

と泣くもも。

え!そうだったの?

それならバイトは辞めたら?


龍一となな。

ぷーさんともも。

ぷーさんと千秋。

本物の恋はどれだ。

魔がさして終わる恋はどれだ。


ももはななの「噛ませ犬」で

終わるような女じゃない。

立ち上がれもも!


も~ドロドロですわ。
昔の昼ドラみたい~。



ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村



にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.09.05

半分、青い 135話 感想 みっちゃんのお役目は鈴愛との再婚を律にふっかけること

いきなり津曲の妹が登場。

続いて兄・津曲がそば屋となって登場。

え…っと、昨日の続きですよね?

私、1話飛ばして見てませんよね?


津曲はもうええわ、という気分なんですけど。


そしてオープニングソングに続いて、

律のところにカンちゃんを連れて

みっちゃんが登場。


カンちゃんをかばって指を骨折した律に、

謝るぺきは母親の鈴愛だが、

みっちゃんが律に料理を作り、

カンちゃんをスケート教室に連れてゆき、

なんだ、すっかりみっちゃんに

お世話になっているのね。


みっちゃんたら、鈴愛のことを、


「再婚でもしてくれんやろか」


と、思いっきり律にふっかける。


律は転職を考えている様子。

ロボット開発を続けられる会社を

探しているようだ。


その間、カンちゃんは紙コップとストローで、

カニさんを作っていた。

カニさんを動くように細工してあげた律は、

紙コップを見て、幼いころの鈴愛との

「大事なこと」を思い出した。


「こういうことだったんだな~」と、

マーくんにカニさんを見せていたが、

カンちゃんはカニさんを

置いて帰っちゃったの?

…と思ったら、

カンちゃんは律のところで寝てた。


場面は飛んで、草太が病院にいた。

「お母ちゃんが癌や」と鈴愛。


それでカンちゃんのお迎えが遅くなったの?

津曲のところでうだうだしていて、

それも遅くなった原因では?


あっちこっちに場面が飛んで、

まとまりがない感じ。


律が紙コップを見て、

自分がやりたかった事の原点を

思い出すというのは良しとして、

ほんま、津曲はもーええわ。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.09.05

義母と娘のブルース 8話 感想 次回、麦田の告白か?一生俺のパンを…

麦田・息子が全力で作った

パンの耳までおいしい食パンとは、

ヤマザキのふんわり食パンみたいな?

ちなみに私はふんわり食パンが好きです♪


昔と比べると市販のパンも

ぐ~んと美味しくなったし、

ドラッグストアなどでは値段も安い。

パン屋も大変だ。


ベーカリー麦田のリニューアルに向け、

全力で頑張る亜希子。


みゆきちゃんも亜希子の頑張る姿を見て、

アイデアを出してくれる。


麦田・父と息子の違いは、

パンへの思い入れだと言う先代。


自分が世界で一番うまいと思うパンを

麦田・息子が作ることこそが重要。

やる気になった息子。


奇跡を探して、

楽しく仕事をできるのは素敵。


大樹くんまで協力してくれて、

幸せなこと。


ところで、つぶあん&こしあん、

両方が入ったパンのアイデアは、

どうなんだろう?


私はつぶあんが好きなので、

つぶあんだけが入ったパンを

選ぶと思います。


麦田が考えたあんパンは、

ロシアンルーレットふうのミニバン。

ひとつおいくら?

三つで100円ぐらいなら、

試しに一回は買うかも。


母子での紙芝居。

亜希子さんの効果音がすごいな(笑)


紙芝居を見た麦田は、

ハート型のロールパンを思いついた。

ありがとう、と言われて嬉しそうなみゆき。


働くことが楽しいと感じたみゆきは、

この先、進学を考えるときも、

就職を考えるときも、

自分がやりたい!と思う未来を考えるだろう。

亜希子の作戦、大成功。


みんなが嬉しそうで、

見ている私も幸せな気分♪


「一生俺のパン食べてくれますか?」と、

亜希子に告白?した麦田が、

予告映像で流れていたが、

あの亜希子さんなら、

ストレートに意味を受け取って、

告白とは思わないかもね。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR