FC2ブログ
   
08
19
26
   

半分、青い 125話 感想 満月の夜に和子さんは亡くなった、なぜ満月

有田哲平が演じる津曲。

声がいつもの有田と違うように感じた。

胡散臭い役、なかなかやるじゃん。


岐阜犬は津曲と話している途中で、

具合が悪くなってしまった。

今回は大丈夫だった和子さんだけど、

「いつでもおかしない」

と診断する岡田先生。

あの診察で、そんなことを言うなんて、

いったい、いつの時代の医者?

と思ったが、

たぶん途中経過中には、

大きな病院でさまざまな検査をして、

今があるんだろう。


岐阜犬と話す律。

「僕は和子さんの子どもで幸せだった。
し…幸せだ。
あなたの息子で本当に本当に良かった。
大好きだ。
面とは向かって言えなくてごめん。
ありがとう。
今は何をどうしてやったらいいかわからん。
ふがいない息子で申し訳ない。
弱虫の息子でごめん」
(律)

「もう遅いよかえっておいで、わん!」(和子)

カンちゃんと一緒に歌ってくれた子守歌が、

すごく嬉しかったと言う和子さん。


「お母さん…」

泣く律。


その8日後、和子さんは

満月の夜に亡くなった。


見ながらサーとセリフを書き出してみたが、

セリフだけ聞いていると、

泣かせるセリフだけど、

これから亡くなるだろう母親に、

まだ意識がはっきりしている母親に、

こんな言葉を言うかなぁ。

私だったら言わない。


もし私が和子さんなら、

もうすぐ死んじゃうだよと、

言われてるみたいに感じてしまう。

結婚式で律に言われたら、

嬉しいかもしれないけれど。


感動する回なんだろうけれど、

その8日後の満月の夜に…

というナレーションに、

なんだか興ざめした。

満月って、やっぱり鈴愛の漫画に

かけているんだろう。

満月つながりっていうか。

律がいきなり走り出して、

つかもうとしたのも月だったしね。

ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR