FC2ブログ
2018.08.14

半分、青い 116話 感想 故郷を聴いて涙する和子さんの思いは…

なんやかんやあったが、

つくし食堂2号店の準備がスタートした。

じいちゃんは意外にも鈴愛に

カッコよく厳しく指導。

つい先日までは年をとったなぁ…と思ったが、

2号店の五平餅指導で気力がUPしたようだ。

その姿はまるで星一徹?!


カンちゃんは出来上がった五平餅を持って、

和子さんちへ。


「ええなぁ、女の子はふわっとして」と

弥一はポツリ。

そうか、律のところは男の子だったね。

まあ、男の子だろうが、女の子だろうが、

一緒に住んでくれるのなら、

それで満足する気持ちもあると思う。


より子さんは教育ママでダメみたいに

思われているようだけど、

翼くんは律に似て頭がよさそうだ。

名門校に通っているなら、

わざわざ辞めるのもね。


和子さんは調子が悪そうだ。

ねんねしている和子さんに

ふるさと(故郷)を歌うカンちゃんと律。


和子さんは泣いていたね。

いろんなことを思い出したのかなぁ。

それとも、

消えゆく自分の命を思って

涙が出たのかな…。


うさぎ追いし かの山♪


「うさぎって、美味しいの?」と

カンちゃんが律に聞いたので、

和子さんがクスッと笑って安心した。


和子さんが映ると、

半分、青いも

いいドラマって感じがする…。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.13

半分、青い 115話 感想 2号店は「気合」だけでスタートなのね心配

晴さんも「やる時はやるでね」と、

向かった先は和子さんち。

和子さんは優しい雰囲気で、

弥一さんも紳士的で、

見ている私も癒されるわ。


晴さんは鈴愛の2号店に反対だけど、

鈴愛の居場所を考えると、

2号店をやらせてあげたい気持ちも

少しあるようだ。


鈴愛はアラフォーにもなって、

お母ちゃんにこんな思いをさせるなんて…。


「何でも始めるのはいいことや」と

アドバイスをする和子さん。

草太のカツ丼が大好況のつくし食堂。

この波に乗って2号店も。

「調子のいいときに調子に乗らないで
いつ乗るの?」


和子さんのあの声で言われると、

それもいいような気がしてくるが、

それはそれ、これはこれ。


映画が成功したなら、

涼ちゃんも鈴愛やカンちゃんのことを

少しは気にかけてやれ!と思ってしまうわ。


もしも鈴愛に帰る実家がなかったら、

涼ちゃんは映画をあきらめたかな?

そうはならんかったと思う。

鈴愛も甘いが、

一番甘えているのは、涼ちゃんだな。


ところで、健人というあの男も、

まだつくし食堂を手伝っているのね。

姿は見えず、台詞でちょこっと登場。


律はロボットの研究を続けているようだ。

最終回までには、鈴愛が涙するような

すごいロボット開発が成功するのかな。


鈴愛の2号店は晴さんのゴーサインが出て、

「気合」でスタートするようだが、

やっぱり母子っていうか、なんつーか…。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.13

この世界の片隅に 5話 感想 すずのことが好きだった水原の最後の笑顔

最後ではなく、最期。

もう会えない、永久に会えない、

だから水原はすずに会いにきた。


姑も径子も、そして周作も、

水原とすずが2人きりで話すことを

怒ったりしなかったね。


径子なら「何考えとる!」と怒りそうなのに、

嫁入り先の家の人が皆、優しい人で、

北條家の人たちの穏やかさが、

心を和ませてくれる。


周作は心の広い人なのか、

気が利きすぎる人なのか、

よう分からんけれど、

水原にとっては、戦地に赴く前に

すずと一晩、ゆっくり話せたことは

心の支えになったろう。


「おまえべっぴんになったで」

と水原はすずに言ったが、

本心だったと思う。


周作には遠慮がちに振舞うすずも、

気心の知れた水原には、

お盆で頭を叩いたり、「アホか」と言ったり。


平和な時代なら、

すずは水原と結婚していたかもね。


もう二度とすずには会えない水原。

すずにキスぐらいはしたかったろうが、

時すでに遅し。すずは周作のお嫁さん。

それに、すずは周作を心から愛している。


だからこそ、

周作がすずと水原を2人きりにして、

まるで妻を差し出すようなまねをした事が

すずには許せなかったんだね。


これまで喧嘩なんてしたことは無かったのに、

汽車の中で人目もはばからず、

夫婦喧嘩するとは…。

車掌さんの言葉に笑ってしまった。


すずの兄さんが戦争で亡くなった。

遺骨だと思っていたものが、

石ころだったことに、

生きているかもしれないと、

わずかな期待を持つすずのお母さん。


でも、石ころの意味は周作が知っていた。

部隊が玉砕して遺骨さえ拾えなかった。

家族にしたら、胸が張り裂けそうになったろう。


水原はすずに頼んだ。

「ずーっとこの世界で普通でおってくれ。
わしが死んでも、わろうて思い出してくれ」


あの時代に、この世界で、

普通でおるというのが、

どれだけ難しかったことか。


北條家の皆が風邪をひいて、

径子がどうしてもザボンが食べたいと、

まるで子どものようにすずに頼んだが、

ザボンって、そんなに美味しかったかしら?


すずはせっかく手に入れたザボンを、

例のお茶碗をリンに届けたときに、

遊郭の咳をしていた遊女に

1つ分けてあげた。


こういうところが、

水原の言う、こんなご時世に

「すずが普通で嬉しいわ」

というところなのかもねぇ。


嫁いだころは、おどおどしていたすずも、

少しずつ北條家の嫁として、

頼もしくなってきた。


5話は昭和20年のお正月から始まったが、

ついに呉軍港空襲…そして6話に続く。


これから周作は、そしてすずは、

どうなってしまうのか。

私は原作も映画も知らない。


ドラマは2018年とすずが生きた時代を

行ったりきたりしているが、今のところ、

私の頭の中では、2018年の登場人物は

完全にカットしてしまって、

必要のないものになっている。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.12

サバイバル・ウエディング 5話 感想 盛り上がりに欠ける恋のかけひき

どうしてだろう…。

あくまで私個人の感想ですが、

あんまり面白くなくなってきた。


さやかは祐一くんのお仕事を

ずーっと翌朝まで手伝った。

その間にドキッとするようなシーンもなく。


さやかが祐一くんに甘えてもいいんだよ、と、

年上的な発言をして、『しまった…』と思い、

逆に祐一はそれを頼もしい、強い人、好き、と、

…というほどのこともなく。


翌朝、祐一から食事のお誘いをゲットしたから、

よかったねぇ、とはなったが、

見ていてちっともドキドキしないや。


さやかは前髪が落ちないように、

クリップで前髪を止めたが、

前髪を上げても可愛い。でも、

さばさばしていて色気がない。


クリップで挟んだ髪の毛がクルッとはねて、

祐一が笑いながら直してくれるとか、

そういうのがあったら、ドキッとしたかも。


私がもし、ごく普通の男子だったら、

サンドイッチの差し入れを持ってきた

美里のほうが可愛く思えてしまうなぁ。


だけど祐一くんは、

インドで野宿できちゃうような

さやかの強い面も魅力的に感じている。

そう言ってくれると、救われるよね。


案外、さやかと結ばれたら、

結婚生活もサバイバルだったりしてね(笑)


この人となら、

どんな苦境も乗り越えていける、

イコール、結婚に結びつくといいけれど。


編集長は祐一くんに何を話すんだろう?

さやかのことには、あまり触れずに

違うことを話すのかな。


多香子の不倫相手が永瀬というのが、

ちょっと意外な感じだ。

次回は奥さんも乗り込んでくる。

編集長はいない。

さあ、どうする~。


・・・・ていうほど

私は期待する気持ちはない。

ハプニングがつまらないし、

今のところ祐一とさやかは

食事程度の付き合いしかないし。


和也を演じている風間俊介は、

人気上昇中らしいが、

ドキッとするタイプでもないので、

↑あくまで私個人の気持ちです。

ドラマ全体がぬるい感じがして、

眠たくなっちゃうの。


お疲れぎみでダルダルの私が見て、

シャキーン☆ドキッ☆とするような

素敵な恋を描いてくれるか、

もしくは、

思いっきり笑えるようなストーリーか、

メリハリをつけた展開を期待しています。


ランキング参加中なのだ。
応援して頂けたらハッピー♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.11

半分、青い 114話 感想 37歳の鈴愛は、未だ思いつきで生きる

ここのところ、鈴愛の化粧が

やけにオバさんくさい化粧だと思ったら、

この夏で鈴愛は37歳なんだね。

目の化粧がやけにオバハンぽいだけで、

ちっとも年を取ったようには見えないけれど…。


考え方も、ちっとも成長してない鈴愛。


家族にとって、つくし食堂にとって

とっても大切な話は、

「店が終わってからにすればいいのにな」

と言うブッチャーは、

ごくごく当たり前なご意見。


「あの親子は電光石火、瞬間湯沸かし器。
今思ったことは今、
ちょっと後からとか様子見とかないから」


と言う律。


農協の就職も蹴って、

漫画家になったときもそうだったが、

結局、鈴愛は中途半端で終わった。


結婚するときも、先のことなど考えず、

瞬間湯沸かし器のごとく結婚。

まあ恋というのは、時には

そういうこともあるだろう。

でも、結局は離婚して実家に帰ってきた。


そして、今度はよく考えもせず、

晴さんが一生懸命働いて貯めたお金を、

自分の勝手な夢に使おうとする鈴愛。


自分勝手にもほどがある。


草太なんて、自分の貯金まで足して、

世界一周すればいいと言ってくれる。

やっぱり草太は頼りになるわ。


五平餅を売るために2号店を出すなら、

まずは試しに自分で五平餅を作って、

自力でどこかで、

試食販売でもやってみればいいのに。


晴さんだけは大反対だけど、

電車の中で売ったらいいと、

能天気なお父ちゃん。


還暦過ぎたお父ちゃんも、

頭の中は子どものようだ。

チンチン電車の中に住みたいなんて、

この場面で言うなんて。


律は鈴愛の「五平餅」案に、

いいとも悪いとも言わない。

女性にとっては、

自分の好きなように生きさせてくれる

扱いやすい男かもしれない。

特に妻にとってはね。


「分かりました。どうぞご自由に。
私は付き合いきれません。
長い間、どうもお世話になりました」
と晴さん。


せっかく、草太夫婦とうまくやって、

軌道に乗っていたつくし食堂なのに、

鈴愛に引っ掻き回されて、

可哀想な晴さん。


土曜日にゆっくり見た「半分、青い」も、

ため息しか出なかった。


予告では、

より子さんがムッとしていたが、

鈴愛にガツンと言ってやれ‼︎

と思ってしまった…。


律が鈴愛と結婚していたら、

振り回されて、

仕事どころじゃなかったかもな。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.10

半分、青い 113話 感想 律にきっぱり断れて社長になる?鈴愛

律は夏虫の駅のことは

より子さんと結婚した後に、

もう菜生に聞いていた。


でも律は、結婚しているという事を

じゅうぶんに自覚していた。

それでいいぞ。


だけど、「律を支えたい」と鈴愛に言われて、

ドキッとしたと言う律。


今回は、はっきりと鈴愛の思いに

終止符を打った律だったが、

やはり少しは鈴愛のことは好きなんだろう。


「あのプロポーズ断ったのは、
本当に惜しかった」


と、鈴愛は言ったが、

晴さんも同じ思いのようだ。


和子さんも晴さんも、鈴愛も律も、

同じ思いだったのに、残念なこと。


でもすべては、今更って感じ。


そうは言っても、

ドラマの最後は再婚することになるのかなぁ。

どうなんだろ。


ユーコは白衣の天使を目指しているんだねぇ。

看護実習に疲れて、

鈴愛に会いに来た。


私なら鈴愛に会ったら、

余計に疲れそうだけど、

ユーコはいい人だねぇ。


ブッチャーは鈴愛の就職を心配して、

自分の所で雇ってあげようとしていたが、

そうなるぐらいなら「物乞いをする」と

失礼なことを言う鈴愛。


あまりにも失礼すぎる発言だ。


鈴愛は人に使われるのではなく、

社長になるらしい。

無計画な鈴愛のことだから、

大ざっぱな計画しか立ててないんだろうな。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村
にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.09

半分、青い 112話 感想 ボクテ酔ってトークが暴走

律の両親も、律は鈴愛と結婚したほうが

良かったかも…と思っているふしがあるが、

どうかなぁ…。

鈴愛は教育ママにはならないと思うけどねぇ。


楡野家でボクテ、ユーコ、律もつどい、

わきあいあいと飲んでいたら、

ボクテがゲイの彼の写真を皆に公開。


ボクテをよく知らない家族にとっては、

それだけでも、え゛ー!なのに、

ボクテはべろんべろんに酔って、

鈴愛と律の夏虫の駅でのすれ違いを

ガンガン責める。


カンちゃんも目を覚ましたのに、

鈴愛が律のことを好きなことを、

思いっきり喋ってしまった。


なぜ、こうなった?


律はボクテの言ったことが本当か

気になっている様子。


ホントだったら、離婚するのか?


もっと自然な流れで、

たとえば、鈴愛の和子さんを

思いやっている優しい姿を見て、

律が鈴愛を惚れ直し、

鈴愛も夏虫の駅でプロポーズされたとき、

「無理」と言い切った理由を、

カンちゃんのいないところで、

2人きりのシーンで話す…といったような、

ジーンとするような展開ならよかったのに。


なんなん?

鈴愛にかかわると、

みんなおかしくなっちゃうのか!?


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.08

義母と娘のブルース 5話 感想 ろうそくの火が消えたのが気になるね

亜希子が良一の病気を

みゆきちゃんに知られないよう

下山不動産の和子さんに

みゆきちゃんを連れてゆけと

病院で目力で合図するところが、

笑ってはいけないシーンだけど

思わず笑っちゃった。


佐藤健は今度は葬儀屋か。

縁起でもない…。

ろうそくの火がフッと消えたとき、

落語の「死神」が浮かんだわ。


良一は頑張ってつらい治療を受けて、

腫瘍マーカーの値も下がったけれど、

その喜びをかき消すような

ろうそくの火。


「私の義母は…」という

ナレーションから推測しても、

悪いほうに思えてしまう。


せっかく契約結婚から、

本当の愛をはぐくむ結婚へと

良一の気持ちが変化したのだから、

3人で温かい家庭を築いてほしいね。


病院で亜希子さんは土下座して、

1日だけ良一を整形外科へ移したが、

亜希子の土下座の威力って

マジですごいんだね。

だって、看護師さんにしたら、

独断でそんなことしたら、

首になるかもしれないでしょ。


良一の代わりにプレゼンもこなし、

かつての部下の田口くんを

ノックアウトした亜希子さん。

これはつらい。

田口くんのこれからが心配だ。

フォローしてあげてよ、亜希子さん‼︎


みゆきちゃんを挟んで、川の字に寝て、

亜希子さんにキスしようとした良一。

結局あの日は、

みゆきちゃんにキスして終わったが、

翌日は素敵なキスをしたんだろう。

亜希子さんはギクシャクしてそうだけど(笑)


苦しい治療を受けた割に、

良一の顔色がとても良くて、

そこは違和感があったけれど、

そんなことはどうでもいいやと

思わせてくれるような、

面白さ、優しさ、切なさがあった。

↑なんか歌のタイトルみたいだけど。


ところで、亜希子さんは

ウエディングドレスを着たんだろうか。

みゆきちゃんもドレスを着て、

良一さんはピシッとタキシードを着て、

素敵な笑顔の家族写真が、

おうちのどこかに飾ってあるといいなぁ。


亜希子さんサイコー‼︎
↓押しても怖くないわよ。


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.08

半分、青い 111話 感想 考えが甘すぎる鈴愛。涼ちゃんも少しは養育費入れろ

適当につくし食堂を手伝えばいいと

甘い考えで返ってきた鈴愛。


つくし食堂の前の行列を見て、

儲かっているから、

自分一人ぐらいどうにでもなるだろうと、

働く気さえ、もしかしたら

あんまりなかったかもしれない鈴愛。


「働かざる者食うべからず」と言う晴さん。


う~ん、かける言葉が

ちょっと違うような…。


「カンちゃんのために、しっかりとしないと。

子どもは親を見て育つのよ」

とか言うのが晴さんの役目では?


鈴愛も少しは就活する気になったようだが、

田舎といえども、コネでの就職も難しい年齢だ。

それにしても、

仙吉さんがむか~し鈴愛の就職を頼んだ

農協の知人に、のこのこ頼みに行くとは。


しかも、草太のカツ丼を2つ渡して、

就職先を紹介してもらえないと分かると、

1つ返してもらったりするジョーク?は、


「鈴愛ちゃんやめや。
よけいアホに見えるよ」



ともしびのママ、まさにそのとおり!!


そんな折、ボクテとユーコが登場。

何しに来たんだろう?

鈴愛を励ましにきたようには見えなかったし…。


で、健人はどうした?

つくし食堂から引っ越して、

それで終わりなのか?

まさかまさか。

それはないと思うが。

ハチャメチャな展開だから、

どうかな・・・・


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.07

半分、青い 110話 感想 鈴愛に律を支えることなど無理

なぜ今、健人なる人物が登場するのか、

ワタシ、ぜんぜんわかりませ~ん。

しかも、

アメリカ生まれ、アメリカ育ちのはずの

健人の英語のトークが、

下手くそで気になって仕方ない。


和子さんは、拡張型心筋症で

体調がすぐれない。


親友の晴さんにはその事を話したが、

羽より軽い口を持つ鈴愛に、

和子さんの秘密を話して大丈夫か?

と心配したが、何も知らされずとも、

ブッチャーはそれとなく分かっていた。


律は和子さんのそばについていたい。

だからこそ、単身赴任で帰ってきた。


しかし、「和子さん死んでまうか…」と、

ともしびのママが聞いているのに、

羽より軽い口はつぶやいてしまう。

こりゃダメだ。

まあ狭い町だから、皆知ってるのかもね。


弾き語りする和子さん。

はかなく素直な和子さんの歌声が、

これからの和子さんを物語っているような…。


自分のことも支えられないのに、

「律を支えたい」と言う鈴愛。

まずは自分の足元を

しっかりと固めるのが先だよね。


今の鈴愛には、

カンちゃんを支えることも、

律を支えることもできやしない。


それにしても、

なぜこのタイミングに健人が登場?

和子さんのことで暗くなるのを

健人のエピソードで回避するため?

そんなのいる?


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.06

半分、青い 109話 感想 短期の里帰り気分の鈴愛

さっそく、カンちゃんを実家に預けて

喫茶ともしびで菜生と飲む鈴愛。

お盆や正月の里帰りと勘違いしてない?


ともしびには、うまい具合に

律とブッチャーがやってきた。

梟会のメンバー大集合。


あの日、あの時、夏虫の駅で、

鈴愛が「無理」と言った本当の理由を

律に説明しようとする鈴愛。


今更、何?


鈴愛が飲んでいる間、

楡野家では鈴愛がなぜ別れたのか、

カンちゃんに聞く家族。


それって、どやさ?


三姉妹のオバさんが電話で登場。

この三姉妹、ひっぱるねー。


梟町には菜生もブッチャーも、

そして大好きな律もいる。

ほっとして涙を流す鈴愛。


じいちゃんが紹介してくれた

農協に勤めて、

律からのプロポーズを受けて、

平凡かもしれないけれど、

安心できる生活を

ずっと続けていたら・・・・


私が晴さんなら、

きっとそう思ったかも。


時、すでに遅し…だけどね。


何の進展もなかったね。

これから鈴愛がどうするのか。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.06

この世界の片隅に 4話 感想 りんどうの花言葉は…

りんどうの花言葉を調べてみたら、

正義とか、誠実とか以外に、

『悲しんでいるあなたを愛する』ていうのが。

リンさんに対する周作の気持ちが、

代弁されているような花言葉。


すずは鈍感だと思っていたが、

愛する周作のことを考えていたら、

すべてが頭の中でつながった。

愛ってすごいわ~。


いつか嫁さんになる人が

使ったらええ、と思って

周作が作ったお茶椀の模様は

りんどうの花。 そして、

リンが着ていた着物の柄も。

でもって、何気なく聞いてしまった

周作がすずと会う前に

嫁にしようとしていた人がいた話。


しかも、リンがお守りのように

大切にしていた紙きれは、

周作のノートの裏表紙の

敗れた部分と同じ大きさで、

字を書く仕事をしている人が

リンに書いてくれた字は、

まさしく周作の字だった。


毎回キスシーンがあるが、

4話のすずは、周作にキスされても、

キスの続きは拒否!

嫉妬で気持ちがぐらぐら~。


代用品という言葉に、

すずは敏感に反応していたが、

代用品なんかじゃないよー!

と言ってあげたい気分。


そして次回は周作が水原に嫉妬か。


「目でイチャイチャするな」

径子が言うほど、周作とすずは

仲良し夫婦だからこそ、

嫉妬もするわけよね。


すずが妊娠してたら、

また違う展開になったのかな。

妊娠ではないと分かり、

家に帰りづらいすず。


何か足らんぐらいで、

この世に居場所はなくなったりしない、

とリンはすずを励ましたけれど、

これから戦争が激しくなって、色々と

足らんものが増えていくんだろうなぁ…。


径子はキツイだけの人ではなく、

母親としては優しい人だった。

息子の久夫が、

えらくしっかりした子だと思ったが、

帰りに一人で駅へ向かっている時、

泣きべそをかいていた。


そんな久夫を追いかけて、

久夫と手をつないだときには、

涙を流さなかった径子が、

娘の晴美が、自分のことは

取り合いっこしないの?と聞いたとき、

抱きしめてダーと泣いた。

きっといろんな気持ちが

混ざった涙だったと思う。


セミの鳴き声がうるさいくらいで、

それがBGMのように心に響いた。


心が優しくなれるドラマですよね。
登場人物がみんな優しい。


にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.05

サバイバル・ウエディング 4話 感想 祐一くんはさやかが好きなの❓

さやかの年齢がバレちゃったが、

祐一くんは気にしてないみたいね、

30歳という、さやかの年齢を。


裕福に育った祐一は、

ガツガツしたところが無いから、

さやかはイケるかもしれんね。


だって、さやかの誕生日を祝う

ケーキが運ばれてきたとき、

本当は「まだあと1週間…」と

さやかがつぶやいたのを

祐一は聞き逃さなかった。


そして、

寂しい誕生日を迎えているさやかに、

遅れちゃいましたが、
お誕生日おめでとう


というメッセージとスタンプ‼︎


ノコノコと和也の家まで

言われるまま付いて行って

へこんだ気持ちのところに

あの祐一のメッセージは

すんごい嬉しいと思うわ。


でも、ドラマとしては、

4話は私の中では

それほ盛り上がらなかった。


この調子で祐一と結婚するなら、

あまりにもストレートで、

つまらないかもしれない。


編集長は縁結びの神さま的な❓

それとも親御さん的な❓


そんでもって、

祐一がさやかを好きだとすれば、

さやかのどこに惚れたのかな❓


シロクマくんのときに、

お弁当を分けてもらっただけで、

それほど好きになるとは

どうしても思えないし。


今回、食事をしたあとも、

寂しそうに去って行くさやかを

祐一はわざわざ振り返って、

優しい眼差しで見送ったけれど、

やっぱり好きなんでしょうか。


インスピレーションですか❓


祐一の視線は優しいけれど、

さやかが淡々としているから、

恋する女に見えません。


まだ和也に未練があるから、

わざとそういう演技をしているのかな。

でも、祐一のことも

気にはなってるのよね❓


祐一くんの目が

とってもキラキラしていて、

あんな目で見られたら、

イチコロって感じだったわ。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.04

半分、青い 108話 感想 カンちゃんをよろしく、さよなら涼ちゃん

なんだ、この簡単な流れは。

「カンちゃんをよろしく」

と涼ちゃんが言えば、

「さよなら涼ちゃん」と鈴愛。


そして祥平に、

「涼ちゃんをよろしく」と言えば、

「わかりました」と。


祥平も大人なら、

もっと気の利いた言葉を言えないの❓


大納言の店長も、

「鈴愛ちゃん、本領発揮だね。

なんか安心したよ」って、何❓

私には意味が分かりません。


岐阜に帰って就活でもして

母子家庭で頑張る…こともなく、

実家に帰ればどうにかなるという

甘い考えなんだ。


たおやかな草太のお嫁さんにすれば、

小姑が帰ってきて、

うっとうしいことだ。


帰ってまいりました、と言う鈴愛に、

「あんた、何言っとる❓」と晴さん。

晴さんは当たり前な反応だ。


ブッチャーは菜生ちゃんと結婚して、

順風満帆で幸せそう。

でも、カンちゃんの前で、

鈴愛の名前をけなすのは、

ぜんぜん笑えなかった。


で、これからは律と鈴愛の

第2章が始まるらしいが、

妙〜な、つなぎだったな。


「律をささえたい」と言う鈴愛。

和子さんが病気だから、

という理由なのは予測できるが、

まず支えて守らなきゃならないのは、

娘のカンちゃんだと思う。


でも、鈴愛の母親としての

そういった重要な部分は

スコンと抜けてしまうのかもな。


今日は一度書いた感想が
UPする瞬間に消えてしまい、
あー、、、という感じでした。
平日だったら書き直す時間もないし、
アウトだったわ。
ドラマの妙な展開を見たせいかしら…。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.04

チア☆ダン 4話 感想 ダンスやろっさ

「やろっさ」「ほやって」、

福井弁は小さい「つ」が入ると

可愛い感じがするね。


商店街のお祭りで踊ったわかば達は

ずいぶんと上達して、

ダンスにキレが出てきた。


3話までは隣の人とぶつかって、

転んでしまうハプニングもあり、

わざとヘタに踊るのは、

それはそれで大変だったと思うが、

キレッキレで踊るのは、

練習もたくさんしたんだろうね。


やっぱりダンスがよくなると、

見ていても楽しい♫


ところで、

ブルーハーツというのが、

私も分からない。

わかばと同じ年代なんやって。

うっそ〜ん。(^◇^;)


いやホントにピンとこなかった。

どうしてブルーハーツの記憶が

飛んでいるんだろう。

わからん。。。


柴田茉希が男子をカッターナイフで

刺したという疑惑の真相が、

アホ男子に陥れられて、

親友にも裏切られたという、

聞くも涙のお話だった。


あの男子は、柴田茉希の体を

つかむように触っていたぞ。

あの瞬間に「キャーーー」と叫んで、

しゃがみ込んだらよかったのに…

なんて考えながら見ていた。


若い女の子が喋ると

可愛い福井弁だけど、

男の人が喋ると、

かなりのイケメンでも、

もっさり聞こえてしまうな。

なんでだろ〜なんでだろ〜

なんでなんでだろ〜♪

と歌っていたあのコンビは今いずこ?


とにかく一生懸命で爽やかな

チアダンのメンバー。

そんな彼女たちに

またもや嫌がらせ。

いやって。

それでも頑張ろっさ。

ほやって。

みたいな感じか❓

ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.03

半分、青い 107話 もう涼ちゃんのことはあきらめな

律の息子、翼くん7歳。

お父さんに似て頭が良さそう。


翼くんと話して感動して泣く鈴愛。


鈴愛は母親になり、

律は父親になった。

涼ちゃんは自分本位で、

父親にはなりきれなかったけれど…。


何年も経つのに、

相変わらずイケメンの律。

再会したら惚れちまうな、鈴愛。

…と思って見ていたら、

三姉妹がここで登場。


もう涼ちゃんの話はいいよ。


そして肝心の涼ちゃんは、

祥平のところで相変わらず…。


「本当にいいのか?」と祥平に聞かれ、

「人として間違っていますか?」と

聞き返す涼ちゃん。


「多分…」と祥平は答えたけれど、

涼ちゃんがそう決めたなら、

応援すると言う祥平。


ホントにもういいから、

鈴愛のこともカンちゃんのことも

キッパリ忘れて、突っ走れ。


今回は15分がすごく長く感じる。

現在8時12分だけど、

30分くらい経ったような気分だ。


涼ちゃんに「死んでくれ」と

叫ぶように言った鈴愛は、

別れるのが嫌だと、

「今も好きで好きでしょうがない」と。


「涼ちゃん帰ってきて」


それでも涼ちゃんは

帰ってこないのよね、たぶん。


律と会いなよ。

どうせ律と最後はつながるんでしょ?

もう涼ちゃんはあきらめなよ。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.02

グッド・ドクター 4話 感想 湊がいなくてもドラマは成り立つストーリー

新堂先生は病院内の大人の事情で、

あかりちゃんの担当医になったが、

そのことがあかりちゃんにとって、

良いことだったのかな?


あかりちゃんは新しいママから

虐待を受けていたことを

日記帳にしか書けなかった。


それを知った新堂は、

あかりちゃんから内緒にしてと言われて

黙っていた。


もし担当医が他の先生なら、

あかりちゃんには内緒にして、

お父さんには本当のことを

もっと早くに話したかもしれない。


あかりちゃんの病状を

新堂先生がよく分かっていたから、

手術がスムーズに終わった…かのように

瀬戸先生は高山先生に話していたが、

瀬戸先生が担当でも、分かったのでは?


新堂先生がいたからこそ、

あかりちゃんは助かった、

というふうには、私は思えなかった。


あかりちゃんが可哀想、とか、

あかりちゃんの新しいママ酷い、とか、

あかりちゃんのパパも、再婚してすぐに

これまではたぶん

出張など行ってないはずなのに、

再婚相手に家を任せっぱなしで、

出張ばかりってどういうこと?、とか、

そっちのストーリーが気になって、

新堂先生がこの病院にとっても、

このドラマの軸としても重要だとは

あまり思えなかった。


次回は新堂先生が小児外科から、

画像診断科に異動させられるかも…

ということだが、

新堂先生は外科医としての腕が

並外れてスゴイのかどうか、

今のところよく分からないので、

普通に見ていたら、

画像診断科へ移るほうが

彼のためにも良いように思えてしまう。


山崎賢人さんの演技は

見入ってしまうけれど、

「グッド・ドクター」というほど、

新堂先生がすぐれた先生に

描かれていないのが残念だ。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.02

半分、青い 106話 感想 涼ちゃんはもうええわ!

2008年お正月。

草太の子ども大地がカワイィ〜。


草太のカツ丼のおかげで

つくし食堂は大盛況なんだと。

へ〜。


たおやかな奥様と結婚して、

幸せそうでよかったよ、草太。


一方、鈴愛は落ち込み中。

涼ちゃんはどこへ行ったのか。


涼ちゃんは祥平の家以外に

行くあてがないのは

誰が考えてもすぐ分かる。


だけど、涼ちゃんは祥平を

許せなかったんじゃないの❓

それなのに、連絡を取ったのは、

祥平からではなく、涼ちゃんから。


メッチャ怒っていたみっちゃんは、

祥平と涼ちゃんの話を聞いて、

映画監督になることには納得した。


まあね、挑戦するのは許せるわ。


だけど家には帰らないと言う涼ちゃん。

幸せな場所にいたら、

すごい監督にはなれないと言う

平凡な涼ちゃん。

そうなんか❓❓❓


だから、鈴愛は愛しくて

カンちゃんは可愛いと思っているが、

家族を捨てるんだと。


もう好きにすればいいじゃん。

涼ちゃんや三姉妹のシーンは

もーええわ。

見る気がしない。


鈴愛は律くんに電話をかける…。


律は奥さんとうまくいっているのか。

教育ママという噂の奥さんと。

もしも律の心にも、鈴愛がいたら、

また2人は付き合うのかな。

それともこっそり会うのか。

いきなり再婚とか。


このドラマ、

結婚と離婚は突然だからね…。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.01

義母と娘のブルース 4話 感想

亜希子と良一は

初めは契約結婚だったとしても、

だんだんお互いを

好きになっていってるよね。


どうでもいいような話を

気楽にできる相手が

亜希子にはこれまでいなかったけれど、

これからは良一に話すことができる。

そのうち、みゆきちゃんとも、

どうでもいいような話を

仲良し母娘で話せるようになりそう。


亜希子が作ったお弁当は、

株式チャートのり弁だったけど、

私はてっきり、そのチャートを見て、

誰かが大儲けするのかと思った。


亜希子は仕事でも家事でも、

調べ尽くすタイプなのに、

小学生の人気のキャラ弁は

どうして調べなかったのかな。

それだけは納得いかない。


だって、ネットで調べたら、

女の子が喜びそうなキャラ弁は

いくらでも見られるじゃない ?


亜希子と良一が偽装結婚ではと

みゆきちゃんから聞かれたとき、

良一はあせったろうねぇ。

まさか小学生の娘から

「偽装結婚」なんて言葉が出るなんて。


さすがの亜希子も、

娘からそのような質問をされるとは

これっぽっちも考えてなかったと思う。


出会いの記憶をたどっていくと、

亜希子は良一の良さを

結婚する前から知っていたことが

伝わってきた。


気づいていたか否かは分からないが、

亜希子は良一のことを

初めて出会ったときから

好きだったのよね、たぶん。


佐藤健の呼び込む奇跡は、

ラストはなんだろう❓


もしかしたら、

良一の命と関係があるのかな。

そうあってほしいなぁ。

良一と亜希子が本当の夫婦になって、

みゆきちゃんが大人になるまで

親子3人が幸せに暮らせるといいねぇ。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.08.01

半分、青い 105話 感想 家族が邪魔と言う最低な涼ちゃん

どうしてこうなっちゃうの❓

『監督デビュー』=『離婚』

『結婚生活』=『映画の世界はダメ』


涼ちゃんが4年もかけて書き上げた

佐野弓子の『恋花火』の脚本を

弓子さんがすんごく気に入って、

涼ちゃんを監督に選んだが、

鈴愛は大反対だ。

涼ちゃんが映画の世界に戻ることに。


映画の世界に戻る、イコール

フリーターになると言う涼ちゃん。

そして、

「家族が邪魔になる」と言う。


そして鈴愛は、涼ちゃんに

「死んでくれ」と言う。


どちらも極端だな。


佐野弓子の作品が大ヒットすれば、

涼ちゃんは監督としても、

大きな一歩を踏みだすことになる。


やってみればいいじゃんね。

こんなチャンス二度とないだろうし。

失敗したら離婚したらいい。


ダメなのは、涼ちゃんが

「家族が邪魔」と言っていることだ。

自分の夢に協力してくれないかと、

鈴愛に相談することもなく、

一方的に「別れてくれ」と告げて、

自分のことだけを考えている点だ。


これから鈴愛がどうやって

娘を育てていくのか、

全く考えていない。


みっちゃんが怒るのも当然だ。


そして、カンちゃんへの誕生日プレゼントは

可愛くもないキツネのヌイグルミ。

それはカンちゃんが欲しかった物❓


本当にこれまでにない朝ドラだ。

何もかも突然で

メチャクチャな世界観。


鈴愛はいずれ律と再会するとは思うが、

涼ちゃんをここまで落とさなくても…。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR