FC2ブログ
   
08
19
26
   

この世界の片隅に 4話 感想 りんどうの花言葉は…

りんどうの花言葉を調べてみたら、

正義とか、誠実とか以外に、

『悲しんでいるあなたを愛する』ていうのが。

リンさんに対する周作の気持ちが、

代弁されているような花言葉。


すずは鈍感だと思っていたが、

愛する周作のことを考えていたら、

すべてが頭の中でつながった。

愛ってすごいわ~。


いつか嫁さんになる人が

使ったらええ、と思って

周作が作ったお茶椀の模様は

りんどうの花。 そして、

リンが着ていた着物の柄も。

でもって、何気なく聞いてしまった

周作がすずと会う前に

嫁にしようとしていた人がいた話。


しかも、リンがお守りのように

大切にしていた紙きれは、

周作のノートの裏表紙の

敗れた部分と同じ大きさで、

字を書く仕事をしている人が

リンに書いてくれた字は、

まさしく周作の字だった。


毎回キスシーンがあるが、

4話のすずは、周作にキスされても、

キスの続きは拒否!

嫉妬で気持ちがぐらぐら~。


代用品という言葉に、

すずは敏感に反応していたが、

代用品なんかじゃないよー!

と言ってあげたい気分。


そして次回は周作が水原に嫉妬か。


「目でイチャイチャするな」

径子が言うほど、周作とすずは

仲良し夫婦だからこそ、

嫉妬もするわけよね。


すずが妊娠してたら、

また違う展開になったのかな。

妊娠ではないと分かり、

家に帰りづらいすず。


何か足らんぐらいで、

この世に居場所はなくなったりしない、

とリンはすずを励ましたけれど、

これから戦争が激しくなって、色々と

足らんものが増えていくんだろうなぁ…。


径子はキツイだけの人ではなく、

母親としては優しい人だった。

息子の久夫が、

えらくしっかりした子だと思ったが、

帰りに一人で駅へ向かっている時、

泣きべそをかいていた。


そんな久夫を追いかけて、

久夫と手をつないだときには、

涙を流さなかった径子が、

娘の晴美が、自分のことは

取り合いっこしないの?と聞いたとき、

抱きしめてダーと泣いた。

きっといろんな気持ちが

混ざった涙だったと思う。


セミの鳴き声がうるさいくらいで、

それがBGMのように心に響いた。


心が優しくなれるドラマですよね。
登場人物がみんな優しい。


にほんブログ村

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

サバイバル・ウエディング 4話 感想 祐一くんはさやかが好きなの❓

さやかの年齢がバレちゃったが、

祐一くんは気にしてないみたいね、

30歳という、さやかの年齢を。


裕福に育った祐一は、

ガツガツしたところが無いから、

さやかはイケるかもしれんね。


だって、さやかの誕生日を祝う

ケーキが運ばれてきたとき、

本当は「まだあと1週間…」と

さやかがつぶやいたのを

祐一は聞き逃さなかった。


そして、

寂しい誕生日を迎えているさやかに、

遅れちゃいましたが、
お誕生日おめでとう


というメッセージとスタンプ‼︎


ノコノコと和也の家まで

言われるまま付いて行って

へこんだ気持ちのところに

あの祐一のメッセージは

すんごい嬉しいと思うわ。


でも、ドラマとしては、

4話は私の中では

それほ盛り上がらなかった。


この調子で祐一と結婚するなら、

あまりにもストレートで、

つまらないかもしれない。


編集長は縁結びの神さま的な❓

それとも親御さん的な❓


そんでもって、

祐一がさやかを好きだとすれば、

さやかのどこに惚れたのかな❓


シロクマくんのときに、

お弁当を分けてもらっただけで、

それほど好きになるとは

どうしても思えないし。


今回、食事をしたあとも、

寂しそうに去って行くさやかを

祐一はわざわざ振り返って、

優しい眼差しで見送ったけれど、

やっぱり好きなんでしょうか。


インスピレーションですか❓


祐一の視線は優しいけれど、

さやかが淡々としているから、

恋する女に見えません。


まだ和也に未練があるから、

わざとそういう演技をしているのかな。

でも、祐一のことも

気にはなってるのよね❓


祐一くんの目が

とってもキラキラしていて、

あんな目で見られたら、

イチコロって感じだったわ。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

半分、青い 108話 感想 カンちゃんをよろしく、さよなら涼ちゃん

なんだ、この簡単な流れは。

「カンちゃんをよろしく」

と涼ちゃんが言えば、

「さよなら涼ちゃん」と鈴愛。


そして祥平に、

「涼ちゃんをよろしく」と言えば、

「わかりました」と。


祥平も大人なら、

もっと気の利いた言葉を言えないの❓


大納言の店長も、

「鈴愛ちゃん、本領発揮だね。

なんか安心したよ」って、何❓

私には意味が分かりません。


岐阜に帰って就活でもして

母子家庭で頑張る…こともなく、

実家に帰ればどうにかなるという

甘い考えなんだ。


たおやかな草太のお嫁さんにすれば、

小姑が帰ってきて、

うっとうしいことだ。


帰ってまいりました、と言う鈴愛に、

「あんた、何言っとる❓」と晴さん。

晴さんは当たり前な反応だ。


ブッチャーは菜生ちゃんと結婚して、

順風満帆で幸せそう。

でも、カンちゃんの前で、

鈴愛の名前をけなすのは、

ぜんぜん笑えなかった。


で、これからは律と鈴愛の

第2章が始まるらしいが、

妙〜な、つなぎだったな。


「律をささえたい」と言う鈴愛。

和子さんが病気だから、

という理由なのは予測できるが、

まず支えて守らなきゃならないのは、

娘のカンちゃんだと思う。


でも、鈴愛の母親としての

そういった重要な部分は

スコンと抜けてしまうのかもな。


今日は一度書いた感想が
UPする瞬間に消えてしまい、
あー、、、という感じでした。
平日だったら書き直す時間もないし、
アウトだったわ。
ドラマの妙な展開を見たせいかしら…。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

チア☆ダン 4話 感想 ダンスやろっさ

「やろっさ」「ほやって」、

福井弁は小さい「つ」が入ると

可愛い感じがするね。


商店街のお祭りで踊ったわかば達は

ずいぶんと上達して、

ダンスにキレが出てきた。


3話までは隣の人とぶつかって、

転んでしまうハプニングもあり、

わざとヘタに踊るのは、

それはそれで大変だったと思うが、

キレッキレで踊るのは、

練習もたくさんしたんだろうね。


やっぱりダンスがよくなると、

見ていても楽しい♫


ところで、

ブルーハーツというのが、

私も分からない。

わかばと同じ年代なんやって。

うっそ〜ん。(^◇^;)


いやホントにピンとこなかった。

どうしてブルーハーツの記憶が

飛んでいるんだろう。

わからん。。。


柴田茉希が男子をカッターナイフで

刺したという疑惑の真相が、

アホ男子に陥れられて、

親友にも裏切られたという、

聞くも涙のお話だった。


あの男子は、柴田茉希の体を

つかむように触っていたぞ。

あの瞬間に「キャーーー」と叫んで、

しゃがみ込んだらよかったのに…

なんて考えながら見ていた。


若い女の子が喋ると

可愛い福井弁だけど、

男の人が喋ると、

かなりのイケメンでも、

もっさり聞こえてしまうな。

なんでだろ〜なんでだろ〜

なんでなんでだろ〜♪

と歌っていたあのコンビは今いずこ?


とにかく一生懸命で爽やかな

チアダンのメンバー。

そんな彼女たちに

またもや嫌がらせ。

いやって。

それでも頑張ろっさ。

ほやって。

みたいな感じか❓

ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

半分、青い 107話 もう涼ちゃんのことはあきらめな

律の息子、翼くん7歳。

お父さんに似て頭が良さそう。


翼くんと話して感動して泣く鈴愛。


鈴愛は母親になり、

律は父親になった。

涼ちゃんは自分本位で、

父親にはなりきれなかったけれど…。


何年も経つのに、

相変わらずイケメンの律。

再会したら惚れちまうな、鈴愛。

…と思って見ていたら、

三姉妹がここで登場。


もう涼ちゃんの話はいいよ。


そして肝心の涼ちゃんは、

祥平のところで相変わらず…。


「本当にいいのか?」と祥平に聞かれ、

「人として間違っていますか?」と

聞き返す涼ちゃん。


「多分…」と祥平は答えたけれど、

涼ちゃんがそう決めたなら、

応援すると言う祥平。


ホントにもういいから、

鈴愛のこともカンちゃんのことも

キッパリ忘れて、突っ走れ。


今回は15分がすごく長く感じる。

現在8時12分だけど、

30分くらい経ったような気分だ。


涼ちゃんに「死んでくれ」と

叫ぶように言った鈴愛は、

別れるのが嫌だと、

「今も好きで好きでしょうがない」と。


「涼ちゃん帰ってきて」


それでも涼ちゃんは

帰ってこないのよね、たぶん。


律と会いなよ。

どうせ律と最後はつながるんでしょ?

もう涼ちゃんはあきらめなよ。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

グッド・ドクター 4話 感想 湊がいなくてもドラマは成り立つストーリー

新堂先生は病院内の大人の事情で、

あかりちゃんの担当医になったが、

そのことがあかりちゃんにとって、

良いことだったのかな?


あかりちゃんは新しいママから

虐待を受けていたことを

日記帳にしか書けなかった。


それを知った新堂は、

あかりちゃんから内緒にしてと言われて

黙っていた。


もし担当医が他の先生なら、

あかりちゃんには内緒にして、

お父さんには本当のことを

もっと早くに話したかもしれない。


あかりちゃんの病状を

新堂先生がよく分かっていたから、

手術がスムーズに終わった…かのように

瀬戸先生は高山先生に話していたが、

瀬戸先生が担当でも、分かったのでは?


新堂先生がいたからこそ、

あかりちゃんは助かった、

というふうには、私は思えなかった。


あかりちゃんが可哀想、とか、

あかりちゃんの新しいママ酷い、とか、

あかりちゃんのパパも、再婚してすぐに

これまではたぶん

出張など行ってないはずなのに、

再婚相手に家を任せっぱなしで、

出張ばかりってどういうこと?、とか、

そっちのストーリーが気になって、

新堂先生がこの病院にとっても、

このドラマの軸としても重要だとは

あまり思えなかった。


次回は新堂先生が小児外科から、

画像診断科に異動させられるかも…

ということだが、

新堂先生は外科医としての腕が

並外れてスゴイのかどうか、

今のところよく分からないので、

普通に見ていたら、

画像診断科へ移るほうが

彼のためにも良いように思えてしまう。


山崎賢人さんの演技は

見入ってしまうけれど、

「グッド・ドクター」というほど、

新堂先生がすぐれた先生に

描かれていないのが残念だ。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

半分、青い 106話 感想 涼ちゃんはもうええわ!

2008年お正月。

草太の子ども大地がカワイィ〜。


草太のカツ丼のおかげで

つくし食堂は大盛況なんだと。

へ〜。


たおやかな奥様と結婚して、

幸せそうでよかったよ、草太。


一方、鈴愛は落ち込み中。

涼ちゃんはどこへ行ったのか。


涼ちゃんは祥平の家以外に

行くあてがないのは

誰が考えてもすぐ分かる。


だけど、涼ちゃんは祥平を

許せなかったんじゃないの❓

それなのに、連絡を取ったのは、

祥平からではなく、涼ちゃんから。


メッチャ怒っていたみっちゃんは、

祥平と涼ちゃんの話を聞いて、

映画監督になることには納得した。


まあね、挑戦するのは許せるわ。


だけど家には帰らないと言う涼ちゃん。

幸せな場所にいたら、

すごい監督にはなれないと言う

平凡な涼ちゃん。

そうなんか❓❓❓


だから、鈴愛は愛しくて

カンちゃんは可愛いと思っているが、

家族を捨てるんだと。


もう好きにすればいいじゃん。

涼ちゃんや三姉妹のシーンは

もーええわ。

見る気がしない。


鈴愛は律くんに電話をかける…。


律は奥さんとうまくいっているのか。

教育ママという噂の奥さんと。

もしも律の心にも、鈴愛がいたら、

また2人は付き合うのかな。

それともこっそり会うのか。

いきなり再婚とか。


このドラマ、

結婚と離婚は突然だからね…。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

義母と娘のブルース 4話 感想

亜希子と良一は

初めは契約結婚だったとしても、

だんだんお互いを

好きになっていってるよね。


どうでもいいような話を

気楽にできる相手が

亜希子にはこれまでいなかったけれど、

これからは良一に話すことができる。

そのうち、みゆきちゃんとも、

どうでもいいような話を

仲良し母娘で話せるようになりそう。


亜希子が作ったお弁当は、

株式チャートのり弁だったけど、

私はてっきり、そのチャートを見て、

誰かが大儲けするのかと思った。


亜希子は仕事でも家事でも、

調べ尽くすタイプなのに、

小学生の人気のキャラ弁は

どうして調べなかったのかな。

それだけは納得いかない。


だって、ネットで調べたら、

女の子が喜びそうなキャラ弁は

いくらでも見られるじゃない ?


亜希子と良一が偽装結婚ではと

みゆきちゃんから聞かれたとき、

良一はあせったろうねぇ。

まさか小学生の娘から

「偽装結婚」なんて言葉が出るなんて。


さすがの亜希子も、

娘からそのような質問をされるとは

これっぽっちも考えてなかったと思う。


出会いの記憶をたどっていくと、

亜希子は良一の良さを

結婚する前から知っていたことが

伝わってきた。


気づいていたか否かは分からないが、

亜希子は良一のことを

初めて出会ったときから

好きだったのよね、たぶん。


佐藤健の呼び込む奇跡は、

ラストはなんだろう❓


もしかしたら、

良一の命と関係があるのかな。

そうあってほしいなぁ。

良一と亜希子が本当の夫婦になって、

みゆきちゃんが大人になるまで

親子3人が幸せに暮らせるといいねぇ。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

半分、青い 105話 感想 家族が邪魔と言う最低な涼ちゃん

どうしてこうなっちゃうの❓

『監督デビュー』=『離婚』

『結婚生活』=『映画の世界はダメ』


涼ちゃんが4年もかけて書き上げた

佐野弓子の『恋花火』の脚本を

弓子さんがすんごく気に入って、

涼ちゃんを監督に選んだが、

鈴愛は大反対だ。

涼ちゃんが映画の世界に戻ることに。


映画の世界に戻る、イコール

フリーターになると言う涼ちゃん。

そして、

「家族が邪魔になる」と言う。


そして鈴愛は、涼ちゃんに

「死んでくれ」と言う。


どちらも極端だな。


佐野弓子の作品が大ヒットすれば、

涼ちゃんは監督としても、

大きな一歩を踏みだすことになる。


やってみればいいじゃんね。

こんなチャンス二度とないだろうし。

失敗したら離婚したらいい。


ダメなのは、涼ちゃんが

「家族が邪魔」と言っていることだ。

自分の夢に協力してくれないかと、

鈴愛に相談することもなく、

一方的に「別れてくれ」と告げて、

自分のことだけを考えている点だ。


これから鈴愛がどうやって

娘を育てていくのか、

全く考えていない。


みっちゃんが怒るのも当然だ。


そして、カンちゃんへの誕生日プレゼントは

可愛くもないキツネのヌイグルミ。

それはカンちゃんが欲しかった物❓


本当にこれまでにない朝ドラだ。

何もかも突然で

メチャクチャな世界観。


鈴愛はいずれ律と再会するとは思うが、

涼ちゃんをここまで落とさなくても…。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪


にほんブログ村

theme : ドラマ感想
genre : テレビ・ラジオ

最新記事

過去記事

プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR