FC2ブログ
2018.06.12

半分、青い 62話 感想 律に触った記憶がない鈴愛

2週間で2回、1週間で1回、

短期間にマー君と律にふられて、

息をしても涙が出そうな状態なのに、

食欲はある鈴愛。


「楡野描け」と言う秋風先生。


物語には人を救う力がある。

描くことによって鈴愛は救われるのか。

描くことに集中することで救われる、

ということもあるかもな。


律のことを触った記憶がない鈴愛。

幼いころから一緒に過ごしてきたのにね。

それに比べて、律と清は、

ベッタベタに触っている関係。

親友と恋人の違い…。


「楡野、今、描け。
これは律くんがくれたチャンスだ」


律の名を聞くだけで涙が出そうな鈴愛。

「もう喋るな。それを漫画に描け」と秋風先生。


月刊ガーベラに、

鈴愛は投稿させてもらえるかな。

ガーベラというのは花の名。

花の名で思い出したけど、

「マーガレット」、昔、よく読んだなぁ。


やはり鈴愛が描く漫画のタイトルは

『月が屋根に隠れる』


律と別れた日、

「見て、月きれいだね」と言えなかった。

『思い出縛り』だったから。

思い出しか言っちゃいけない。

今のことは言ってはいけない。

もう2人の思い出は増やしちゃいけない。


いつになく大人の鈴愛に、

秋風先生はご満悦。


現実の世界で聞いたら、

うえっ?と思うセリフでも、

意外と漫画の中ならOKかもしれないねぇ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加しています。
応援して頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.06.12

コンフィデンスマンJP 最終回 感想

ラストはよかったけど、

初めのほうは正直なところ

つまんなくて寝ちゃった。


朝、気を取り直してもう一度見た。


朝見ても、やはり

ドラマの中盤までは

私はあまり好感は持てなかった。


鉢巻(佐藤隆太)の存在感が

それほど感じられなくて、

ボスなのに迫力が無く、

嘘っぽい面白い迫力もなく、

サラリーマンがワルを

一生懸命演じているみたいに思えた。


そういう人物設定

なのかもしれないけどね。


鉢巻のお父さんは迫力があったなぁ。


全体のストーリーは、

うまくまとまっていて、

大どんでん返しで

さすがコンフィデンスマン!


ダー子達の生い立ちも嘘だったが、

嘘に協力した人達の人数が

あまりにも多すぎて、

足が付きそうに思った。


鉢巻の全財産を巻き上げたが、

こちらも警察が本気出したら、

ダー子達はすぐに捕まりそう。


お金に執着しているダー子が、

本当に求めていたのは

信頼できる仲間‥

というのはマジなのかもね。


初回が一番インパクトがあって

私は面白かった。


このドラマを見て、

東出昌大を好きになった。

小日向さんは器用にどんな役も

そつなくこなすねぇ。

長澤まさみの七変化と

ハッチャケぶりも楽しめた。


ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです♪



にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR