2018.05.21

アニメ『ピアノの森』 7話 感想 再会

女装の海くん、怜ちゃんにそっくり。

なかなかの美人~♪

声も大人になったね。


前話から一気に時が流れた。

雨宮は留学先から

5年ぶりに帰国した。


海に会いにきた雨宮。


雨宮のために海が弾いたラ・カンパネラ。

うまいけれども、

なんつーかすごく個性的。

わざとそうしているんだろう。


やはり、海のピアノは、

変幻自在に音を操れる反田恭平さんかな?


海はすんごい勉強して、

優秀な高校に入ったようだ。

クラブでピアノのバイトしているのが

学校にバレたら大変だ。


本人はバレないと言ってたけど、

ピアノの音は、耳のいい人が聴けば、

海が弾いていると分かってしまうのに、

バレないのが嘘みたい。


この5年間、ずっと阿字野先生が

海をサポートしてきたんだよね?

阿字野先生、お金持ち~。


大貴くんの弾き語りの

「やつらに捧げるバラード」は、

うるさくて、ずっとは聞きたくないけれど、

雨宮の緊張をほぐすには効果的だった。


「好きな音を出すんだ」と生意気に言う大貴。


でも、模範的な演奏をしてきた雨宮にとっては、

好きな音を出すというのは大切なことだった。


心を正常に戻す時間を、

大貴に教えてもらった雨宮。

マジで大貴の弟子かもしれない(笑)


雨宮は海のピアノを聴いて

海の成長を感じていた。

海のピアノをしっかりと受け止めた雨宮。

雨宮は海を超えることを目指す。


そして海は、阿字野先生を、いや、

世界のすべてを超えたピアニストを目指す。



展開がはやいね(^^;)

にほんブログ村

テーマ : アニメ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.19

あなたには帰る家がある 6話 感想

ストーカー綾子、恐るべし。

秀明の娘の気持ちなど

全くおかまいなしで、

人んちへ乗り込んでゆく。


綾子の精神状態は、

病気の域としか思えない。

清楚な装いとは程遠い。


「誰のおかげで」と問う太郎。

昔はけっこういたと思うよ、こういう男。

俺の稼いだ金で食わせてやっている、というタイプ。


でも、太郎のお父さんは、

そういう感じではないのに、

どーして太郎はあんなふうに

なっちゃったのかしら?


真弓は秀明が浮気したことで、

秀明のことを好きだったことを

実感したけれど、

でも、離婚すると言う。


麗奈のことを思うと、

秀明が家を出るのだと思うが、

綾子も離婚して下さいと言っていたから、

また秀明は綾子に襲われるかもな。


真弓は仕事をスタートさせたから、

自分の稼ぎもある。

でも、綾子は離婚しても、

頼れる実家もないみたいだし、

仕事をするタイプではないから、

茄子田と離婚したら、

秀明を頼るしかないよね。


一度も好きだと思ったことがないのに、

太郎と結婚した綾子。


生活するためだけに、

茄子田家に嫁いだとしたら、

それもまた怖い気がする。


そんな綾子を太郎は愛している。

太郎は威圧的な態度の男だけれど、

それは自分に自信がないことの

裏返しかもしれないね。


果たして秀明が帰る家は、

真弓が待つ家なのか。

また2人で仲良く

思い出の映画を見る日は来るのか…。




にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.19

半分、青い 42話 感想 お礼するなら五平餅では?

鈴愛は秋風先生にお礼がしたいと言った。

お礼?あれが?

ホント、中学や高校のノリだねぇ。


私が秋風先生なら、

ブラックペアンの渡海先生じゃないが、

「こんなとこに置いて…」


邪魔!

と、思ってしまうかも。

かつての愛犬と愛兎だから許せるようなものの。


それにしても、

お礼というなら、

やっぱアレでしょ。

今でしょ、


じいちゃんの味の五平餅!


鈴愛が試行錯誤して作って、

同じ味にはならなくてもね。


秋風先生が酔って帰って、

冷蔵庫の中に

すみませんでしたのひと言と、

五平餅が入っている。


レンジで温めてください、と書いてある。


そして電子レンジを開けたらΣ(・ω・ノ)ノ!

「やってまった」


これでうまくつながるのにね。


どうして五平餅につながらなかったのか。

不思議な感じさえしました。




にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.17

正義のセ 6話 感想

正義のセはこれまでも見ていたが、

6話で初めてけっこう面白いと思った。


大学の事務室の

阿佐ヶ谷姉妹のお姉さん、

いい味出してて良かったわ。

ああいう感じの人、絶対にいそう。


事務官の相原さんの趣味が

幅広いことと、意外にも

腕力もあるのが驚きだった。


凛々子が被疑者の言葉を

鵜呑みにせず

コツコツと情報を集めて

正義の

たどり着いてよかった。


倉科カナが弁護士で、

凛々子が検事か。

どっちも美人だねぇ。


美人弁護士に大塚(三浦翔平)までもが

ニンマリしているところが、

あるあるな感じで笑った。


オレオレ詐欺で捕まった浅田は、

凛々子に叱られて、

すぐに反省する態度に変わったけれど、

絶対にまたやりそう。

だって、改心するのが

あまりにも早いんだもの。


そこだけはちょっと気になったけど、

ま、頑張って改心してもらいましょ。


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.14

コンフィデンスマンJP 6話 古代遺跡編 感想 どっちもドキ♪

どっちもドキ♪っていう歌詞が合う!

土器にドキッとして?!

夢に情熱を傾ける土器マニア達。


しかし、鋭く偽物の土器を見分ける

アメリカ帰りのコンサルタント

ゲスト出演のうっちゃん。


数々の仕事を手掛けてきたデキる男が、

ニセの考古学者・リチャードに

騙されるわけがないよね?

ボクちゃんが手を回すより先に、

他の考古学者に依頼するのかと思った。


もしかしたら、

騙されると分かっていても、

騙されたかったのかもね。


今回も癒されたというか、

どっちもドキ♪というか、

3人にドキッ♪だった。


相変わらずはっちゃけていて

可愛い長澤まさみにドキッ♪


3人の子どものお父さんとは思えない

純粋な男子を演じる東出昌大にドキッ♪


コンフィデンスマンが始まる少し前に

テレビをつけたら、

『痛快TVスカッとジャパン』のドラマに、

小日向文雄が出演していてドキッ♪

えー、ここにまで、

小日向文雄さんΣ(・ω・ノ)ノ!て感じ。


ゲストのうっちゃんの役が、

中途半端な人物設定だったのが、

ちょっと残念だった。


頭がキレッキレッで、

ダー子が騙そうとしても、

情に流されない男か、

コロッと簡単に騙されるか、

どちらかにしてほしかったなぁ。

私の願望ですけどね。


ダー子の作った土偶や、

ボクちゃんが作った土器なら、

たとえ偽物でも、

お土産として売れそうだね(笑)






にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.14

アニメ『ピアノの森』 6話 感想 森のピアノ

森に雷か落ちた。

海のピアノが炎に包まれて…

バキバキ音を立てて燃えてゆく。


森のピアノは海がピアノを弾く限り、

海の中で生き続ける、と言う阿字野。


森のピアノが燃えてしまっても、

街にはピアノがあふれている。


海が見たこともないクリスタルのピアノも。


この楽譜が弾けるなら、

クリスタルのピアノを弾いていいと言われて、

海はピアノ(新世界)を弾いたけれど、

いつの間に楽譜を読めるようになったの?


「次は君が弾きたい曲」と言われて、

子犬のワルツを弾いた海。

弾き終わったあと、

お金もスマホもない海は途方にくれていたが、

阿字野の用意したアップライトピアノの練習室へ、

どうやって戻ったんだろう?


レイちゃんは海を阿字野に預けて、

森から出したいと思っているが、

海はいざという時にレイちゃんを守るために、

レイちゃんのそばにいると言う。


阿字野はできるだけ早く、

海を世界に出したいと考えているが、

そんなにあせっても無理でしょ。


「俺にピアノを教えてください」

阿字野に頭を下げる海。


私もそのほうがいいと思うよ。

これまで自己流でピアノを弾いてきた海。

世界へ出るには、

ただピアノを弾くだけではダメだ。

阿字野先生もあせりすぎ。


6話は全体的に説明不足な印象を受けた。

次のステップに進むために、

飛ばし過ぎた感じの回に思えた。



海ガンバレ♪


にほんブログ村

テーマ : アニメ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.12

あなたには帰る家がある 5話 感想 誰が一番怖いのか

綾子を演じている木村多江の

インタビュー記事に

太郎は綾子をとても愛している、

愛している形が歪んでいるけれど、

といった内容のことが書いてあった。


13日の金曜日に綾子の帰りが遅かった、と、

太郎がいちいちメモしているのが、

愛しているというより、監視している感じだ。


綾子は一人では生きていけない女、

なんだってさ。


誰かにすがって生きる女。

太郎の収入で養ってもらい、

あなたのおかげ…と言葉にして、

それでも満たされない女・綾子。


普通、こういう奥様は、

物静かで花を育てて我慢して終わる。

だが、綾子は人の亭主に手を出す。


こんなこと、もうやめなよ、と

息子に言われる綾子。

息子も気づくほど、

綾子の妙な行動は毎度のことなのか。


ごく普通の奥様でも、

玉木宏みたいな営業マンが訪ねてきたら、

ただ話すだけでも、

ウキウキするに違いない。


そこから先に踏み出すのが

綾子のすごいところだ。


綾子は自信なさげに見えるけど、

自分の女性としての魅力に

かなり自信を持っているのかもしれない。


それなのに、なぜ太郎と結婚したのか。

弱みを握られているのか。


あの姑もイケずな女だよね。

花が大好きなら、

私も花を育てたいと言えばいいじゃない?

タバコを花に投げ捨てるような女に

花を育てる資格はないよね。


綾子の息子も、

なぜおどおどしているのか。

おかしな両親に育てられて、

おかしくなってしまったのかな?


確かに、おかしな人のそばにいると、

自分が変なのか、相手が変なのか、

毎日の繰り返しの中、

分からなくなってしまいそうだ。


綾子が雨宿りしたのが、

スーパーではないことを

ほぼ確信しているのに、

わざわざ菓子折りを持っていき、

確かめる太郎。


浮気を疑う気持ちと、

認めたくない気持ちが

太郎の中で戦っているのかもしれない。


秀明はタケノコごはんを作ろうとしていたが、

そこまで頑張らなくてもいいような。

家庭を壊したくないけれど、

綾子の怪しい魅力を

突っぱねることができない秀明。


太郎は47歳だけど、秀明は39歳だ。

太郎にとっては、秀明の若さも憎いだろう。

綾子は43歳。

43歳で、あんなに大胆になれるんですか。

綾子、すごいぜ。


茄子田の息子・慎吾は、高校生にしては

おとなし過ぎて、この子もちょっと怖いわ。


嘘でもいいから、浮気はなかったと、

真弓も秀明も綾子も言い張れば、

太郎は疑問に思いながらも、

丸くおさまるように思うが、

そうはいかないのね。


ところで、茄子田家のおじいちゃんは、

何も気づいてないのかしら?

そうだとしたら、空気が読めなさ過ぎて

それも怖いね。

ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.12

半分、青い 36話 感想 朝井くんはイケメンだ

律のお隣さんで同じ大学の朝井くん、

ブログランキング・にほんブログ村へ

と、こざかしく、

ヨイネ!バナーを

挟んでみたが、

私は好きだよ、朝井くん。

私も!と思った方、クリックにご協力を。


もっと不細工なお隣さんかと思ったが、

顔を上げたら、なんだイケメンじゃん。


方言の訛りが出ないように、

単語で女子と話していると朝井くんは言うが、

普通に話しても、

ほとんど標準語のような気がする。


鈴愛は炭水化物要員であったのか。

五平餅はじいちゃんに真空パックで送ってもらえ。

なんなら、直接じいちゃんを送ってもらえ(失礼)。


片方の耳が聴こえないことは、

秋風先生にとってはマイナスではなく、

いつか漫画を描くときの

プラスになるかもしれない、と、

意気揚々としていたのに、

消しゴムさえ持たせてもらえないとは。


つまりは、『半分、青い』の脚本家は、

自分の耳のことをプラスに考えて、

それをいつか脚本にしたかったということね。

今のところ、そのエピソードが

生かされているとは、あんまり思えないけどさ。


「秋風先生の漫画=くらもちふさこの漫画」

…にする必要があったのか、

だんだん分からなくなってきたが、

これも、脚本家さんが好きな漫画なのかな?


鈴愛は秋風先生の大切な漫画を

窓からばらまこうとしているが、

まずは五平餅が好きな先生を満足させて、

それからお願いするのが得策かも。


でも、やりたい放題できる鈴愛が

ある意味うらやましいよ。

作品に命をかけて、

その時々に食べたい物を

食べられる秋風先生も、

幸せな人だよね。


人のため、ではなくて、

自分のために生きられる人生って、

素敵だと思う今日この頃。

私も自分のためだけに生きてみたいヨ。

秋風先生の事務所は遠慮するけどね。



にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.08

ブラックペアン 3話 感想 二宮和也のキャラだけ見ています

渡海先生のキャラを見たいだけで、

あとは別に。


スナイプを使った手術も

軽々こなせてしまう渡海先生だから、

途中で手術を交代しなくても、

さっさと一人目のスナイプ手術を終えて、

縫合は他の先生に任せて、

二人目の手術に行けばいいのに。

それはできないの?


慎重かつ順調に

スナイプを挿入しているときに、

顔を横に向けながら喋ったら、

手元がブレて危険じゃないかな?

って、そこばっかり気になってしまった。


日本臨床薬理学会から、

治験に対する描写が誤解を招くとして、

抗議されているそうだが、


その点については、私はドラマだから、

さほど気にはならない。

でも、誤解する人もいるんだろうね。


『治験 謝礼金』で検索したら、

『治験JAPAN』なんつーのがヒットした。

えええΣ(・ω・ノ)ノ! 

けっこういいバイトだ。

ほんまでっか?みたいな内容だったけど、

ドラマでなく現実なだけに、

こっちのほうが大丈夫か?と思ってしまった。

こういう発言も誤解を招くので、

気を付けたいもんだ。

(単に私個人の意見ですのでお許しを)


渡海先生が持っている

ハサミが体内に残っているレントゲン写真。

誰が、いつ、どこで行った手術なんだろう?

そして、その後の対応は?




にほんブログ村

テーマ : アニメ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.08

半分、青い 32話 感想 卒業式で調子に乗り過ぎ

鈴愛が通っている高校が、

どの程度の規模の高校なのか、

私は把握しきれてないが、

卒業生が卒業式を抜け出しても

分からない程度の規模の学校?


卒業証書授与のとき、

卒業証書を受け取るのは、

クラスの代表の生徒かもしれないが、

卒業生の名前は全員呼ばれて、

その場で椅子から立つとか、

返事をするとか、

そういったことは全く無し?


鈴愛の両親や律の両親は、

卒業式には来なかったのかな?


そんでもって、調子に乗って

落書きなんかしてるんじゃねーよ、

って、思ってしまった。

良い子の高校生はマネしないでね。


落書きよりも、寄せ書きノートに、

思い出のひと言やイラストを書こうよ。


喫茶店の鉄板で涙を焼くよりも、

卒業式で泣いている菜生ちゃんを見たかった。


喫茶店によく通っていたけれど、

ツケで食べていたとはねぇ。

高校生なんだから、

喫茶店に払うお金がないのなら、

誰かの家に集まって、

カップ麺でも食べればいいじゃん、

と思ってしまった。


たった15分のことなのに、

昨日も今日もほぼ見る気がしなくて、

もうええわって感じだった。

楽しく見た方には申し訳ないけれどね。


鈴愛が東京へ行ってしまったら、

犬でも飼おうかと宇太郎が言った。


確かに、私の周囲の知り合いは、

子どもが独立するたびに、

年賀状の写真に犬が登場したり、

猫が登場したり、翌年には、

その犬や猫が2匹になったりしている。

鈴愛の家にも、ワンちゃんが登場するのかもな。







にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.07

コンフィデンスマンJP 5話 感想 ボクちゃんが変でサイコ~!

5話のダー子のヘアスタイルは

よく似合っていて、

全く違和感なかったね。

長澤まさみっぽくは無かったけど、

綺麗なおねえさんだった。


ナンシー(かたせ梨乃)は

騙されたと分かっても、

笑い飛ばすなんて太っ腹~。


ブラックジャック、ブラックペアン、ドクターX

みごとにミックスされて愉快だった。


ナンシーの息子(永井大)は

患者に優しいけれども、

患者の命を受け止める強さがない。


でも、追い込まれれば・・・


やっぱりダメでした~。


ブラックペアンの世良先生は、

渡海先生に追い込まれて…?!

ナンシーの息子みたいに

世良先生も医者以外の仕事を

目指したりして…(それは無い)。


5話のボクちゃんはテンションが変だったが、

すべて終わったら元に戻っちゃった。

東出昌大がこんなにオモロイ俳優さんだったとは。


コンフィデンスマンJPに出演すると、

みんなテンションが変になっちゃうのかもな。

ジョージ(山田孝之)もホントに

仕事選んだほうがいいよーアハハ。


私も笑い転げてテンションが変かも。_(_^_)_







にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.07

アニメ『ピアノの森』 5話 感想 コンクールの神様

阿字野先生は一ノ瀬海を

世界へ羽ばたかせようと考えているが、

海はピアノを弾いているだけで幸せ。

その気持ちは凡人の私でも分かる。


一ノ瀬と自分を比べて

自信をなくしている雨宮に

「誰かと比べる必要なんてないんだ」と

声をかけた阿字野先生。


比べる必要はないと分かっていても、

優劣を争うコンクールに出場すれば、

うまい人と自分と比べてしまう。

阿字野先生の助言はその通りだけど、

とってもむずかしいことだろうね。


天才の一ノ瀬秀才の雨宮


ショパンの華麗なる大円舞曲を

完璧に弾いた雨宮は満点で優勝。


優勝こそできなかったが、

ショパンの子犬のワルツを

ピアノを楽しんで弾いた誉子は

審査員特別奨励賞を受賞。


よかったね、誉子。

海を選ばなかったコンクールに、

一発パンチを決めることができたね。


そんなころ、

海は森のピアノが弾けなくなっていた。

森のピアノを力だけで弾いていた海は、

阿字野にレッスンを受けたことで、

力まかせに弾く森のピアノは弾けなくなった。


それは今の海にとっては悲しいことだけど、

世界に羽ばたく海にとっては喜ばしいことだ。


海がそのことに気づくのは、

そう遠くはないだろう…。


秀才は努力すれば

誰でもなれる可能性があるが、

天才は努力だけではなれない。

もちろん、努力なしでは天才もつぶれるけれど。


天才の海の成長が楽しみだけど、

何だか秀才の雨宮も応援したくなっちゃうわ。



ピアノの森いいね♪


にほんブログ村

テーマ : アニメ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.05

あなたには帰る家がある 4話 感想

綾子は静かな女性に見えるけど、

激しさを仮面で隠しているだけで、

怖い女よね。


料理のことまで綾子につべこべ言われ、

秀明さんが可哀想…とまで言われたら、

真弓にしたらメラメラ怒りがこみあげて当然!


それに、不倫したのは事実だけど、


秀明は真弓を選んだ。

どや!?


と真弓も思うわ。


私も家事が嫌いだから、

綾子に野菜の切り方まで言われたら、

体中の血が沸騰すると思う。しかも、

真弓みたいにうまく言い返せないから、

もっとブルブルしちゃうかも。


綾子の家事が完璧で、

態度は優しくても、

茄子田家は幸せそうには見えない。


学校での先生としての太郎は、

全く映らないが、

生徒と話すときはどんなふうなのかしら?

あのまんまなら、大嫌いだあんな先生。


茄子田家はおじいちゃん、おばちゃんも、

綾子をお手伝いさんみたいに扱っているが、

どうして?


息子の態度も変だけど、

綾子の子どもじゃないの?

それとも父親が太郎じゃないの?


秀明の好きなメンチカツを

肉をミンチにするところから作って、

真弓の職場にいーっぱい差し入れした綾子。

手の込んだ嫌がらせ。


あの日の茄子田家の晩ごはんも、

メンチカツだったのかしら?


太郎には声もかけずに

茄子田家をあとにした真弓。

太郎はどこまで綾子のことを

分かっているんだろう?


綾子は太郎のことを

一度でも好きだと思ったことは

あったのかしら?


謎だらけよね。


山本文緒の本は、エッセイも含めて、

読後感があんまりスッキリしないのが多いが、

このドラマは、ラストは小説と違うらしい。

最終回は真弓が幸せになりますように。



にほんブログ村



にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.05

半分、青い 30話 感想 律は鈴愛が東京へ行く事をなぜ知らないの?

高校受験の日は、

倒れた犬を助けて志望校へ行けず、

センター試験の日は、

倒れた鈴愛のじいちゃんを助けた律。

助けられた犬もじいちゃんも幸せ者だが、

律くんは・・・・。


鈴愛は律くんに何でも話していたはずなのに、

どうしてセンター試験の日に

自分は朝早くに東京へ下見に行くということを

律くんに話してなかったんだろう?


律は受験票が無いと気づいたとき、

まずは鈴愛の家に電話すれば良かったのに。

緊急のことなのだから、

朝早くの電話でも大丈夫だと思う。


受験生の皆さん、

センター試験の受験票が朝見当たらなくても、

あせらずに落ち着いて行動しましょう。

受験会場に早めに行って、

無くしたことを伝えましょう。


今は別の方法がとられているかもしれないが、

10年くらい前までは、

ポラロイドカメラで写真を撮られて、

その写真を貼り付けた受験票を作ってくれたはず。

学生証など、身分証明があれば必ず持参して下さい。


律は冷静な子なのに、なぜあのような行動を?


東大はEランク判定だったから、

仮に京大を受けたとしても、

落ちていたかもしれないが、

受けないで落ちるのは悔しいよね。


30話はなんだか話が飛び飛びのような印象で、

あんまり面白く感じられなかったなぁ。


律も受験の準備は前日までに済ませようよ。

それだけ切羽詰まっていたのかもしれないが、

当日の朝に鞄の中から不要な本とか出すのは

どうかと思うよ。


サンバランドのファイルも、

派手な模様で中が見えないのが

良くもあり悪くもあるよね。


透明なクリアファイルなら、

鈴愛のと律のが入れ替わることはなかった。

けれども、宝物を隠すファイルとしては、

中身が見えないサンバランドのファイルはGood。


罪なファイルだな、サンバランドファイル。


携帯電話がある時代だったら、

こんな入れ違いもないだろう。

ドラマにとっては、

携帯電話がない時代のほうが、

面白味があねかもね。



にほんブログ村




にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.04

半分、青い 29話 感想 今でしょ!2人に何か起こるとすれば

29話は秋風先生の描く世界に、

鈴愛と律が入っていける雰囲気だったね。


雨がバシャバシャ降っている…

鈴愛の横を自動車が容赦なく通り過ぎて、

鈴愛のスカートはびしょぬれ。


久しぶりに皆に会うから、

ちょっと可愛いのを着てきたという鈴愛に、

気付いとったと言う律。


濡れてしまったスカートをハンカチなどではなく、

律は着ているパーカーの袖で拭いてくれた。


そんなことできまっか?!

高校生の男子がするから

胸キュンするけれど、

これ、おっさんがやったら、

何しとん?てなるかもな。


見つめあう2人。

軽くキス・・・とはいかないよね(-_-;)


ずーっと友達だった関係から

恋人へと進むのは意外と難しい。

幼なじみから恋人へと進むのは

もっと難しいと思うわ。


下手すると、2人のいい感じが壊れてしまうしね。


両方の耳で雨の音が聞こえるのが

どんな感じなのか忘れてしまった…

律に教えてと言う鈴愛。


傘に当たる雨の音は

そんなにいい音ではないから

聞こえなくもいいんじゃないかと言う律。


雨の音が素敵に聞こえる傘を

律に発明してと言う鈴愛。


雨の音が素敵に聞こえなくても、

律の声が素敵に聞こえたら、

きっと雨の日も晴れの日も

鈴愛は幸せなはず。


生まれたときからずっとそばに律がいて、

いつもそっと見守ってくれた。


菜生ちゃんもブッチャーも応援していることだし、

少しずつ少しずつ、

幼なじみからステップアップするといいね♪


何か起こるとすれば「今でしょ!」と、

菜生ちゃんは言ったけれど、

そうねぇ、

菜生ちゃんの期待ほどではないにせよ、

微妙に2人の感情は動いたよね。










にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.03

半分、青い 28話 感想 晴さんの涙に私も涙した

鈴愛は夢に向かってまっしぐら。

ワクワクしていると思う。

ずっと鈴愛の視点で見ていたが、

28話はお母ちゃんの涙を見たら

私は晴さんの気持ちになってしまった。


ずっと一緒に暮らしてきた子どもが

進学や就職で独り立ちして

家を離れるとき、

もちろん嬉しさもあるけど、

ホントに寂しいのよね。


きっと晴さんは、

鈴愛が東京へ行った後、

お部屋に残された小物や、

玄関に残された靴なんかを見て、

また涙をこぼすんだろうなぁ。(/ _ ; )


秋風先生はお土産の五平餅に

ご満悦のようだ。

鈴愛の漫画家としての才能は

まだ分からないが、

型破りで面白い子、

ということは間違いない。


秋風先生が予想もできないような

新しい風を、(もしかして嵐を‥)

鈴愛が運んでくるのかもね。


スズメという名前を付けたから、

遠くへ飛んで行ってしまう‥

と言う晴さんに、

スズメだから、飛行機でないから、

それ程遠くへは行かない、

と言葉をかけた

お父ちゃんの優しさが、

心に沁みた。






にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.05.02

半分、青い 27話 感想 晴さんの考え方はおかしくない?

秋風先生ったら、お仕事さぼって

何気に五平餅を描いてたよね。

鈴愛が目当てなのか、

半分は五平餅が目当てなのか…。

たぶん、食いしん坊だな。


少女漫画から抜け出したような

ヒラヒラしたファッションの菱本。

あの泣かせるストーリー?は、

秋風先生が考えた台本を、

菱本が演じただけなのかしら?


宇太郎お父ちゃんは、そんな菱本さんに

ドキッとして、クラッとして、

コロッと考え方が変わったけれど、

お母ちゃんがムッとする気持ちは分かる。


それに、コネだろうと何だろうと、

農協に入れたのはラッキーだ。

お母ちゃんにしたら、

鈴愛が自宅から通えるところに

就職できたことに安心もしたと思う。


しかし、お母ちゃんが反対しても、

鈴愛の漫画家への夢は膨らむばかり。

東京、いいよね。 それに、

『いつもポケットにショパン』描いた先生に

弟子入りできるなんて、

こんなチャンスめったにない♪


もしかしたら、漫画家として

デビューできるかもしれないし。


お母ちゃんは鈴愛が耳のことを

正直に書いたから、

就職活動がうまくいかなかったと

思っているみたいだけど、

なぜそうだと決めつけるんだろう?

それっておかしくない?


脚本家さんも、鈴愛と同じで、

片方の耳が聴こえないのに、

どうしてこんなセリフを

晴さんに言わせるのか分かんない。


それと「東大よりワンランク下げて京大」

という扱い方も、おかしいと思うわ。

東大も京大も秀才が集まっていて、

優劣などつけられないと思う。


そんなことはさておき、

鈴愛も律も、自分がやりたいことを

思いっきりやってほしいなぁ。


どんな時も律を頼ってしまう鈴愛と、

鈴愛に頼られることを、

無意識に心地よく思っている律。

2人の行く末に幸あれ。結婚式の電報か_(_^_)_








にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR