2018.03.31

わろてんか 最終回 感想

吉本新喜劇ふうの最終回。

ドタバタ劇は初めて…という設定だから、

わざと下手な感じに演じたのかな?


吉本新喜劇はテレビで見たことがある。

楽にやっているように見えるけれども、

わろてんかの最終回と比べたら、

やはり笑いの間が雲泥の差だ。


亀井こと内場さんの

「いぃぃぃぃー」というギャグも、

周囲の人たちの間の取り方のせいか、

いまいちな感じがした。


最終回は藤吉が何度も登場したけれど、

笑いではなく俳優という面から見れば、

松坂桃李が舞台に登場すると、

画面が引き締まる感じがした。

独特な存在感があるんだろうね。


でも、幽霊の藤吉はいただけない。


100年先の話をする相手は、

ラストくらい、風太にしてほしかった。

幽霊の藤吉は、その2人を

見守るだけでよかったと思う。



少しさかのぼるが、

疎開先でも空気を読まずに

笑いにこだわってきたおてんちゃん。


私がとても違和感を覚えたのは、

隼也が戦争に行くことになり、

お嫁さんと孫が北村に来て、

おてんちゃんと再会するシーン。


ま、お嫁さんを笑顔で迎えられないのは仕方ない。


だけど、孫がおばあちゃんと言っているのに、

笑顔がまるでないのは

どーして?と思った。

孫には初めから笑顔で接してほしかった。


ずーっと良かったのは、

伊能栞の笑顔、かな。(^^)

舞台の伊能役も、隼也ではなくて、

本人がやればよかったのに。


あ、そうか。

伊能さんはまた、

理由は定かではないが、

取締役に呼び戻されたから、

ドタバタ劇には出られないんだな。。。


言いたい放題書いてしまったが、

俳優さんたちにとって、

朝ドラは拘束時間も長く、

セリフもヒロインは膨大で、

とっても大変だったと思う。

おつかれさまでした。


で、スピンオフが

BSで4月21日にある。

土曜日午後8時~8時59分迄。

『ラブ&マンザイ』

BSはうちは映らないので見ないけど、

興味のある方はぜひ。






そういえば、NHKからBSの契約書が

もう2度も届いた。

本当にBSが映らないうちのような家に

何度も郵送するのは無駄だし、

印刷代、郵送代を考えると、

全国では相当な金額になると思う。

1度目に届いたときに、

NHKに問い合わせたら、

BSが映らない方は処分して問題ありません、

という返答だったが、

電話での問い合わせは有料だった。


そうそう、

iPhoneではNHKは見られないが、

iPhone使用者からも受信料を取れるように、

あれこれ模索中のようだ。

そこまでするなら、

税金にすればいいのに、と思うが、

国営放送ではないから、

税金では徴収できないのよね。


日本の「公共放送を担う事業者」がNHK。


NHKやBSを見ているのに

全く受信料を支払わない人も

どうかと思うが、

テレビは持っていない、見ない、

ガラケー使用者の高齢者からも、

受信料を取ろうという姿勢はどうかと思う。


NHKの資産はかなりの額、という記事も読んだ。

特殊法人というのが、

またよく分からない。

営利、非営利があいまい。

法人税も免除される部分とされない部分がある。


NHKが映らないテレビが存在しない以上、

国営と同じレベルに優遇された

営利団体と言っても過言でないと思う。


あ、ブツブツつぶやきが長くなりました。

ではこのへんで。

失礼しました。<(_ _)>





テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.29

ピアノの森 NHK総合でH30年4月アニメ化 メインピアニスト発表

『ピアノの森』が、なんと!

NHK総合でアニメ放送される。

私は直前の特番を見逃してしまったが、

再放送を見っけた~♪さっそく録画予約。


特番再放送★総合テレビ4月2日【月曜日(日曜)の深夜】
午前1時35分~2時00分

特番再放送★4月7日(土曜日)
午後3時30分~3時55分


『ピアノの森』アニメ本編は、

4月9日【月曜=8日(日曜)の深夜】午前0時10分~スタート

気になるメインピアニストは、

阿字野壮介→反田恭平
雨宮修平→高木竜馬
パン・ウェイ→牛牛(Niu Niu)
シモン・ネーリング→レフ・シマノフスキ
ソフィ・オルメッソン→ジュリエット・ジョルノー


そして、一番知りたいのは、

一ノ瀬 海

だけど、一ノ瀬海のメインピアニストは

非公開なんだってさ。


また、子供時代の一ノ瀬や雨宮らの

演奏を担当するピアニストは、

全日本音楽コンクール
ピティナ・ピアノコンペティション
ショパン国際コンクール inASIA

…などで素晴らしい結果を出している子ども達。

アニメのストーリーだけでなく、

演奏も楽しみ♪


ブログランキング・にほんブログ村へ




テーマ : TV
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.24

隣の家族は青く見える 最終回 感想

最終回は、良くも悪くも、

誰でも共感しやすい結末、というか、

皆が幸せな気持ちになれるラストだった。


奈々に赤ちゃんができるのかと

期待して見ていたが、

そうはならなかった。

でも、子どもがいなくても、

ふたりの愛に変わりはない。


「もう一生こびりついて離れない」

という大器。


そりゃそうだ、奈々の可愛い顔を見たら、

メロメロになっちゃうわ。

女性の私から見ても、

抱きしめたくなっちゃうもん。

涙ぐんだ奈々の顔とか見るとね。


小宮山家はお父さんは

相変わらずのマイペースだけど、

好きな仕事とボランティア活動をして、

お母さんはパートに出て、

新しい夫婦の形でやってゆく。


深雪が、旦那さんのことを

イケメンに思えたから良かったが、

眼鏡をはずした旦那さんを見て、

「え゛ッ、こんなだった!?」と思ったら、

また違ったかもね。
意地悪な見方ですまん。


優香ちゃんか好きなダンスを

続けられるようになったのは、

お父さんのおかげかもしれないが、


ダンスがうんぬんより、

今の小宮山家の収入では、

公立へ入学するのがベストだったよね。


私が深雪だったら…

あの場合、

もちろん仕事に出るとは思うけど、

やっぱりお父さんには

ガッポリ稼いでほしいわ。


つまり、小宮山家のあり方は、

現代的なんだと思う。

正社員でも、共稼ぎでないとやれないような

給料体系の会社が多いしね。


ところで、家族との時間を持ちたいと

小宮山家のお父さんは願っていたが、

夕方からボランティアへ行ったら、

帰りは遅いよね?それはいいのか?


子どもをつくらないカップルは、

亮太の粋な計らいで、

コーポラティブハウスの共有スペースで、

結婚式を挙げたが、


亮太ぐらいの年齢の男の子が、

あれほど素直になれるかな??

という疑問は私の中では残った。


初めから素直な男の子なら分かるけれど、

ちひろの努力が亮太に伝わったとはいえ、

現実は、そう簡単には打ち解けられないよ。

あの年齢で、両親がキスするところとか、

見るのは嫌だと思うわ。


でも、ドラマではうまくいって良かった。


ゲイカップルは、

渉のお母さんも理解してくれて、

朔が渉の頬っぺたにキス。


朔が可愛くて、キスも軽いものだから、

見ていてそれほど違和感がなかったが、

朔がすんごいおっさんで、

しかもキスが濃厚だったら、

申し訳ないけれど、

うわっと思ったかもしれない。


偏見を持たない事は大切だと

頭で分かっていても、

心から受け入れるというのは難しいね。


いろいろ書いたけど、

このドラマでは、

深田恭子の可愛さが全開だった。

そして、松山ケンイチの優しさ。

高畑淳子の存在感も光っていた。



きまぐれにランキングに参加しています。
応援して頂けたら喜びま~す。



テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.22

anone 最終回 感想

中世古理市も、幼いころに

つらい経験をしてきたのかもしれないね。


理市が9歳のとき、陽人と同じ8歳の弟がいた。

理市も弟も、親に虐待を受けていたんだろうか?

弟は虐待が原因で亡くなったのかもしれない。

もしかしたら、陽人と同じように、

弟も発達障害だったのかもしれない。

だから、陽人のことが理市は気になっていた?


そして、子どもに暴力を振るう隣のおとうさんが、

亡くなればいいと思っていた…のかもしれない。


陽人が使ったのは赤いライター。

でも、理市は記憶違いだ、

青いライターだったと陽人に言った。


陽人がずっと苦しまなくてもいいように、

理市が言葉で守ってくれてよかった。


このドラマ、赤と青がよく出てくるけれど、

深く考えたことはなかった。


赤が悪くて、青が良いという訳でもなさそうだ。


亜乃音さんが出所したときに

ハリカちゃんが着て行ったワンピースは赤い色の

亜乃音さんからもらったワンピースだったしね。


19歳だったハリカちゃんは22歳になった。


ハリカちゃんが彦星くんに会いに行ったとき、

同じ赤いワンピースを着ていたが、

シルエットが少しぶかぶかした感じに見えた。


でも、亜乃音さんを迎えに行ったときは、

ワンピースがピッタリに見えた。

私の思い違いかもしれないが、

年月が経ち、ハリカちゃんの身体が成長したことを

ワンピースのシルエットで…?と思った。


彦星くんは治療を受けてくれたんだね。

ハリカちゃんの願いが通じてよかった。

でも…

2人が結ばれることは、なかった。


これまでは、彦星くんは病室の中で、

外のことはハリカちゃんに教えてもらってた。

ハリカちゃんが鑑別所に入って、今度は

彦星くんが外の世界のことを教えてくれる。


何だかどちらも哀しい。


彦星くんが治療を受けられたのは、

香澄さんのご両親の協力があってのことだ。

治療費を出してもらったことを思うと、

腫瘍が消えて元気になった彦星くんが

鑑別所に入ったハリカちゃんと

恋人になるってことは、あり得ない。


でも、彦星くんが生きているということが、

ハリカちゃんの心の支えになるんだろう。


楽しいお喋りも、面会時間の制限の中。

お別れにほんの少し手を合わせただけ。

ごく普通の恋をしたかったね、ハリカちゃん…。


舵は亡くなってしまったが、

るい子と優しい時間を過ごせて、

幸せな最期だった。


以前に舵がテレビにインタービューされたとき、

好きな人を色を例えて、

青羽さんの「青」と答えていたのを見たるい子。

るい子も愛を知ることができて幸せだったね。


青羽るい子から、旧姓の海野るい子に戻り、

色として表すと、青と海だから、どちらも青いが、

あの冷たい家族とは赤の他人になった。


亜乃音さんは玲と気持ちが通じて何よりだった。


玲の服に付いていたクリーニングのタグを

亜乃音さんが指摘して、玲とふたりで笑った。

刑務所の面会だったけれど、

2人の気持ちが幸せだった頃に戻った瞬間だった。


るい子は舵の幽霊が見えるようになった。

それが心の支えになっているのが

果たして幸せなのか、私には分からない。


ハリカちゃんはひとり暮らしを始める。

帰る場所ができたから、

初めて、自分の意思でひとり暮らしを始める、

とハリカちゃんは話したけれど、

亜乃音さんが玲と、孫の陽人くんと一緒に

誰にも気兼ねなく暮らせるように、

気を遣ったのかもしれないね。


ハリカちゃんが彦星くんと

一緒に見ると約束した流れ星は、

2人では見られなかったが、

亜乃音さんと、るい子と一緒に見ることができた。


ハリカちゃんが、

ひとりっぽっちにならなくて良かった。

だけど、幸せなんだか、不幸なんだか、

よく分からないラストだったよね。

理市が自首してくれたことだけは

救いだったけれど。


涙が出そうなシーンもあったけれど、

亜乃音さんもハリカちゃんも、

もっと幸せになってほしかったと、

そんなふうに思うラストだった。



最後まで読んでくれてありがと♪

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.21

わろてんか次回作『半分、青い』 楽しみだ♪

今朝の『わろてんか』の後、

次回作の『半分、青い』を紹介していたが、

いや~、楽しみ♪


主人公が漫画家志望?!


ドラマにくらもちふさこさんのコミック、

いつもポケットにショパンが登場する。

懐かしいな~。


何度も読み返したのに、

麻子ときしんちゃん、、、、

ラスト、どうなったか覚えてないわ。(^_^;)


ドラマの中では著者の名前は、

くらもちふさこではなく、

違う名に変えるらしいが、

てことは、もしかしたら、

くらもちふさこを演じる人も登場するのかな?


もう一度、読んでみたくなっちゃった。


ヒロインが恋する律の役に、

佐藤健というのもいい!

お父さん役が滝藤賢一。

で、ヒロインの祖父が中村雅俊。


初め、自分が滝藤賢一の親の役?と、

中村雅俊は思ったそうだが、

年齢を考えると、納得したそうだ。


中村雅俊さん、見た目が若すぎる!

67歳には見えないもんね。

滝藤賢一さんが41歳。

67-41=26

親子でぜんぜんOKな年齢差。


中村雅俊さんが歌うシーンも楽しみ。

原田知世さんが金八先生やゴアの

ものまねをするシーンも、

すんごく楽しみ~。


にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
待ち遠しいね~♪

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.18

アンナチュラル 最終回 感想 ちょっと横道にそれた感想

冬ドラマの中でアンナチュラルは

視聴率では、

BG~身辺警護人よりも

下回るそうだけど、

絶賛する声が多いドラマだ。


アンナチュラルは見る人と見ない人に

分かれるドラマだと思う。


推理や法医解剖医の熱意を

メインに見ていると、

なかなかイケてるストーリー展開だが、

殺人の様子を思い浮かべてしまうと、

えぐいというか、グロいというか、

気持ち悪くなってしまう人もいると思う。


私は疲れていると、そっちになる。


金魚模様のボールを、

未来が輝き始めた女性の口に

押し込んでいるさまを

想像するだけで吐き気がするし、


犯人が子どものころ虐待を受けて、

親から口の中にそのボールを

突っ込まれていた様子を想像しても、

気持ち悪くなってしまう。


最終回は、UDIラボの在り方や、

毒薬の使い方をメインに見ていると、

やはり優れた作品なのだと思った。


だけど、展開が早いので、

私のようにトロイ女からすると、

毒薬を頭の中で整理している間に、

話が進んでしまい、

ちょっと待ってー、と。。。


「テトロドトキシンを注射した」


と中堂は言った。

無害な麻酔薬を注射しただけでしたが。


テトロドトキシン=ふぐの毒

どうして、ふぐの毒には、

解毒薬がないのかねぇ。
そこか?!という声が聞こえてきそうだけど。


解毒薬が無いということは、

胃洗浄しかないのか?と思ったら、

速攻で人工呼吸を開始して、

テトロドトキシンの麻痺が治まるまで、

人工呼吸を続ければ助かるらしい。


中堂が次に解毒薬と称して渡したのが、

毒薬のエチレングリコール。


昔は保冷材の中に

この成分が入っていて、

中身の成分を口にして

中毒になった人もいたらしいが、

現在では、日本に限っては

使用していないみたい。


エチレングリコールの解毒薬として、

中堂が準備していたのが、

ホメピゾール。

メタノールの解毒薬としても使われる。


でも、解毒薬だからといって、

安心はできない。

副作用が起こる可能性も残されてるから。


起こりうる重大な副作用としては、

アナフィラキシー、呼吸困難、喘鳴。

安全な食べ物でも、人によっては

アナフィラキシーショックが起こることもあるから、

副作用というのは、

稀なのかもしれないけれど。


手の込んだ順で麻酔薬や

毒薬や解毒薬を準備して、

中堂が証拠を手に入れようとしたのに、

うまくいかなかったが、

中堂が殺人犯にならなくてよかった。


ところで、

ミコトは中堂が書き換えた鑑定書を、

引き出しの中にしまっていたけど、

ちょっとずさんな感じがした。


結果的には、そのおかげで、

所長がミコトにかわって、

改ざんはできないと

キッパリ断りに行ってくれて

良かったけどね。


犯人は26人もの尊い命を奪ったが、

その原因となった心の闇は、

幼い頃に受けていた虐待の痛みを

大人になってからも、

自分でぬぐいきれなかったこと…。


考えさせられることが多いドラマでした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.17

隣の家族は青く見える 9話 感想

小宮山家の萌香ちゃんが、

『インスタ映え』という言葉に反応して、

ゆるキャラを見た。

お母さんのことが好きなんだよね。


でも、子どもだから、

インスタ映えよりも、

風船のほうに気を取られて、

ゆるキャラについて行ってしまった。


朔が萌香ちゃんに気づいてよかった。

そうでなかったら、

小宮山家はメチャクチャになってたところだ。


深雪はご主人の学歴とか職業(年収)とかに

魅力を感じて結婚したのかもしれないが、

ご主人が失業したとはいえ、

あんなに可愛い女の子2人に恵まれて

とっても幸せな人だと思う。


深雪はコーポラティブハウスを売却して、

自分は働く決心をしたけれど、

萌香ちゃんも、優香ちゃんも、

お母さんと離れたくないだろうね。


小宮山家のお父さん、

ちょっと頼りなさ過ぎ。

最終回では、バシッといいとこ見せてほしい。


奈々はせっかく妊娠したけれど流産した。

予告で見て分かってはいたけれど、

見ていてつらい。


最終回では可愛い赤ちゃんが

できるのだと思うが、

何度も何度も奈々のような

つらい思いをしても、

赤ちゃんが出来ない人もいるんだろう…。


ちひろはたくましいお母さんになりそう(笑)

料理の腕がいまいちだけど、

一生懸命に努力している姿が可愛い。


ゲイカップルは渉のお母さんが

2人の関係を認めてくれるか?というのが

最終回の決め手になってくるのかも。


ドラマの中でゲイカップルを見ていると、

サラリと見られるが、

さて、自分の息子や自分の兄弟が、

ゲイであることが分かったとき、


「あなたの好きなように生きていきなさい」

と応援するのは、

なかなか難しいんじゃないかと思う。


好きという気持ちは、

頭で考えて分かることではなくて、

内からわいて出てくるものだから、

これだけは誰にも止められない。


一度きりの人生、

人に迷惑をかけるような事でないなら、

自分の気持ちのおもむくままに

生きることが幸せ、

とは分かっていても、


大切な誰かのことを思うと、

なかなかそう簡単には

行動できないことも多いよね。



ちょっと共感して頂けたら嬉しいです

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.17

BG~身辺警護人 最終回 感想 SPが寝返るって…

SPの落合は邪魔な奴を

消す勢いかと思いきや、

民間の身辺警護人に寝返るという、

SPにとってはあるまじき行為では?!
だって、それがきっかけで会場で狙われる危険性だってあるんだし…。


立原愛子は厚生労働大臣を辞職したなら、

週刊誌にでも、真実を暴露したらいいのに。

喜んで取材してくれたと思うけど…。


菜々緒が会場に先に潜り込んでいたが、

あんなに目立つ女性なのに、

SPが気が付かないのが不思議だった。

せめてメイクを変えるとかしないと。


身辺警護課全員で力を合わせて、

立原愛子を会場まで誘導しようとしたが、

私なら、そうすることに反対して

立原愛子の警護&誘導に参加しないと思う。


『誤差なし』、つーか、

『意義なし』、みたいな身辺警護課。


村田の奥さんと息子を外に出すときも、

奥さんが乗り込んだ車を

マスコミが誰一人として

追跡してこないというのは、

考えられない・・・・・。


後で母子が合流するなら、

息子も一緒に外に出たほうが、

あの場合、安全だったよね。


部屋を襲撃した奴らをキムタクが

やっつけたから良かったようなものの。

ドラマでなかったら、やられてるでしょ?


ドラマだから仕方ないけどさ。


全体的にドラマだから

仕方ない事ばっかりだけど、

ごっこ遊びみたいなストーリーで、

いまいちだったわ。



↑応援してくれるか~い?


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.17

わろてんか 139話 感想 栞さま、去っちゃうの?

店に押し寄せてきたおばさん達に

てんが一喝したシーンは、

意外にも私はスッキリしたわ。


さすが女太閤!?

でも、女太閤さんは新聞では悪評。


栞さまなら、メディアの知り合いも

少なからずいると思うのだけど、

肩書の無くなった栞さまには、

誰も力を貸してくれないのかな?


栞さまは迷惑をかけないように

北村笑店から去ろうとしている。


私ね、ヤフーで来週の展開を

ちょっと知ってしまったのだけど…


この先はネタバレになるから

知りたくない人は読まないで。


栞さまはアメリカに行こうと決意した。

このドラマ、誰でもすぐに

アメリカに行こうとするよね。


栞さまはお金はすっからかんのはず。

アメリカに行くお金が

いったいどこにあったんだろう?


それを知ったてんは、

北村の社員として

栞さまを渡米させることを決意する。


そんなアホな~、みたいな展開。


新聞社がかぎつけたら、

格好の的だな。。。


それにしても、栞さまも、

どうして活動写真一本に

事業を絞ったんだろうね?


頭のいい人なんだから、

平行して違う事業も

やっていれば良かったのに。


まあでも、いろいろやっていても、

戦争が激しくなったら

結果的には同じことだったかもな。



↑応援してくれるか~い?

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.15

anone 9話 感想 理市も寂しい男だ

今回が最終回かと勘違いして見てた。


お札の始末の仕方が雑だったから、

きっと警察に見つかるぞ…、

と思いながら見てた。


理市は大胆な行動をするくせに、

小心者ですぐ焦ってしまうよね。


もしあの時、

理市がATMのインターフォンで、

銀行の人と連絡を取っていたら、

どうなっていたんだろう?


例えば、銀行でおろしたお札でも、

ATMに入金しようとしたら

ぺーーーと返されたいう経験は、

誰しも一度くらいはあると思う。


あ、でもダメか。

ATMの上に失敗したニセ札を

2枚並べて、その上で更に

3枚目もダメだったという映像が

残っているしね。


しかし、理市も寂しい男だ。

通報したのは奥さん?!


ハリカちゃんは亜乃音さんにもらった

花柄のワンピースを着て

彦星くんに会いに出かけた。


これは単に私の感想だけど、

ローズモチーフブラウスの色や、

ワンピース全体のシルエットが、

ハリカちゃんには、

あんまり似合ってなかった気がする。


普段と違う装いをしました、という、

わざと着慣れない感じに、

映したのかな?と思った。


彦星くんの命が助かるなら、

ハリカちゃんは身を引くと思ったが、

泣きながら普通に喋ろうと努力する姿が、

彦星くんに伝わらないのがつらかった。


でも、彦星くんの弟は、

ハリカちゃんの様子に気づいたよね?


亜乃音さんが警察に連れていかれて、

ハリカちゃんは「おかえり」と

優しく迎えてくれる家族も失った。


舵はるい子さんの優しさに

応えることができない。

舵も、お金がたくさんあったら、

余命を伸ばすことは可能なのかな?


理市は陽人くんが描いた

火事の絵を見た。

陽人くんが当時のことを

覚えていたのが不思議だ。


せめて最後に、

陽人くんに対しては、

理市は人間らしい思いやりを

見せてほしいなぁ。


仮に、理市が陽人くんに

わざと火事を起こさせるように

導いていたとしたら…

陽人くんはその事も

思い出すかもしれないね。


それにしても、

万平さんが殺されてなくてよかった。


亜乃音さんが警察に

連れて行かれたと知ったら、

万平さんはどうするだろう?


亜乃音さんに面会には行くだろうね。

救ってくれるとしたら、

万平さんしかいない。


お金がたくさんあっても、

幸せになれない場合もあるけれど、

お金がないと、最先端の治療が

受けられなかったりもする。


たぶん理市は、

お金がたくさんあっても、なくても、

幸せにはなれない男なのかもしれないね。


最終回では、亜乃音さんやハリカや、

舵やるい子や万平さんの

笑顔が見たいもんだ。



↑応援して頂けたら嬉しいです♪

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.14

FINAL CUT 最終回 感想 証拠が弱い

山崎育三郎の演技は

なかなか素敵だった。


でも、犯人と特定する証拠が

つめが甘いというか、

証拠としては弱すぎる。


海外で小河原祥太は

法律の勉強をしていたはずなのに、

ハンカチが外に捨てられていたこと、

たったそれだけのことで、

どうしてあんなに動揺したのかしら?


「なんとなく、そう思ったが、
想像力を働かせ過ぎたようだ」


とか言って切り抜けたら良かったのに。


このドラマは

今の時代の話だと思うのだけど、

小河原家だけに、

嘘のニュースが流れて、

嘘の新聞が配達されて、

ネットで調べないのは変!


私なら、周囲の反応が知りたくて、

まずはネットで検索するわ。

Twitterではどうか?とか、

新聞も、他紙では

どう報じているか、とかね。


祥太も海外から帰国する前に、

ネットで何も調べなかったのかな?

もしそうなら、

そんなアホな~って感じ。


ラストで慶介と雪子が

新しい出会いを果たしたけれど、

どーするん?

また付き合うの?


もしそうなら、

うっそー。

信じられん。


意外だったのは、

慶介と幼なじみの大地が、

本当にいい人だったこと。


私はてっきり、

大地は慶介と親しくしているが、

実は慶介を嫌っていて、

裏切るのかも…と思ってた。


大地がマジでいい仲間で安心した。


ドラマに続きがあるなら、

慶介は雪子以外の人と

恋をして結婚してほしい。


そうでないと、

せっかくスッキリ解決したのに、

FINAL CUT じゃなくなっちゃう。

To be continuedになっちゃうよね~。


↑応援して頂けたら嬉しいです♪

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.11

トドメの接吻 最終回 感想 で、宰子とはHuluで?!モヤモヤ感が残る最終回

ついに春海の謎が明かされた。

あーすっきり。


春海も宰子と同じ能力を持ってたんだね。

宰子は1週間前にしか戻れないが、

春海とキスしたら3ヶ月前に戻ってしまう。


『人は過去に戻れたら
幸せになれるのか?!』
と春海が問う。


過去を変えたら、

パラレルワールド、つまり、

別の世界が並行して存在してしまう、

ていうことらしい。


和馬は初めは可愛い男の子だと思ったが、

あんなに嫌味な男に変えたのは、

旺太郎への愛。

愛って怖い…。


「結婚おめでとう。どうぞ不幸せに」

「どんなにつらくても
あの子はもう帰ってきませんよ」


和馬の言葉が

旺太郎にグサッと突き刺さる。


旺太郎って、宰子にも、美尊にも、

そして和馬にも愛されて、

ある意味、幸せな男だ。


タイムリープして、

いろんな人の人生を

狂わせてしまった旺太郎だけど、


春海とキスして、今度こそ

宰子も、美尊も、尊氏も…

幸せにすることができるのか。


人を好きになる気持ちは、

努力しても手に入るものじゃない。


過去の宰子に出会って、

宰子の本当の幸せを願う旺太郎。


「お前はもっともっと幸せになれるんだよ、
だから、クズにはだまされるな。
俺みたいなクズだけは好きになるな。
二度とお前には会わない。
今までありがとう」



和馬に狙われていることを

宰子から聞いても、

和馬のために、

死を受け入れる旺太郎…


かと思ったら!


なんだ、生きてるじゃないか。

皆に協力してもらって、

一芝居打っただけ~。


で、旺太郎は宰子とは別々の人生を?

その続きはHuluでって…。

(-_-)/~~~ピシー!ピシー!!


なんだよーーー。

結局、Huluでは宰子と愛し合うの?

あー、こういうのズルいよね。

Huluで幸せにな、旺太郎!

どうなるのか見ないけど。


ところで、前に宰子は、

何度もタイムリープしたら、

死ぬって言ってたけど、

あれは嘘だったの?


それに、春海の言う、

パラレルワールドが存在するとしたら、

それぞれの平行世界で、

違う人生が存在するってことなの?


よく分かんないよね。┐(´ー`)┌





テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.09

隣の家族は青く見える 8話 感想 ドラマが厚生労働省とタイアップしているよ

厚生労働省×隣の家族は青く見える

フジテレビの協力でタイアップ中なんだってさ。

知っとるけ?


職場のメンタルヘルス対策等、

メンタルヘルスの不調や

過重労働による健康障害に関する

相談窓口を紹介している。


いいことだとは思うけど、

優しい気持ちになれるドラマが、

厚生労働省とタイアップしていると

分かったとたんに、


急に興ざめした気分になったのは、

なんでだろ~なんでだろ~♪

なんでなんでだろ~。


よって、厚生労働省のHPでも、

この番組の紹介をしています。


つーことは、

今年度は、職場のメンタル面に

力を入れていきますよーっていう、

そこ、要注意ですよーっていう、

ちょっとした圧力というか、

雇う側に対しては警告???


ラストで奈々と大器が幸せそうで、

涙が出そうになったのに、

番組ホームページで

タイアップという文字を見たら、

感動が薄れたわ…(泣)


ちひろは子どものころ、

つらい目に遭ったんだねぇ。

でも、亮太と接することで、

ちひろの考え方も変わりそうだ。


小宮山家は、離婚の危機!?

でも、あのお父さんに

2人の娘を引き取る能力があるとは思えん。


生活費はお父さんの稼ぎで

ギリギリで何とかなるとして、

例えば毎日の家事を

お父さんはできるの?


それに、離婚したあと、

深雪に何をしてあげるの?

びた一文あげないつもり?


小宮山家のお父さんは、

家族をまとめる力も、支える力もない。

深雪がいたから、あの家族は

家族としてまとまっていたんじゃないかな。


深雪と力を合わせて、夫婦で頑張れば、

少しは生活にも心にも余裕もできると思う。

夫婦で話し合って、

娘たちの幸せを考えてほしい。


高畑淳子はおせっかいな姑だけど、

にくめないね。


近くに住んでいるのに、

奈々たちのところに泊まりにくるのは、

ちょっとやり過ぎだと思うけど、

見ていて嫌な気持ちにはならない。


琴音が娘を保育園に入れて

働くということに大反対していたけれど、

お母さんの働く姿を見て育って、

自分もそうしたいと思ったと聞いて、

うるうるする高畑淳子。


なんだかね、これがね、

ドラマだけの話なら、

深読みしないんだけどさ、


厚生労働省とタイアップ…

この言葉が頭をよぎると、

『一億総活躍社会の実現』

てな言葉があたまをよぎったりするのよ。


このドラマは、

それぞれの幸せがあっていい

みたいな雰囲気で進んでいるけれど、

専業主婦もいいよね~

ていう感じではない。


私は働いてるけどさ、

専業主婦で家でのんびりと

子どもと接してくれる

お母さんもいていいと思うの。


もちろん、専業主婦を

ドラマの中で否定はしてないけど、

流れ的には皆、働け~って感じがする。


国の方針をドラマの中で

押し付けられるのってイヤだな。

どこの党が好きとか嫌いとかではなくて、

ドラマはドラマであってほしいの。

厚生労働省とタイアップとか

そういうのやめてほしい。


もちろんそれは、私の考え方だから、

違う考え方もあっていいと思う。

そこんとこご了承願いま~す。


最終回は、

奈々に赤ちゃんができるといいね。

小宮山家は離婚なんてしないでほしい。

ちひろは亮司と亮太と仲良く暮らしてほしい。

ゲイカップルは…どうなるのが幸せなのかしら?

それは、最終回に分かるんでしょうね。



いつも応援ありがとう♪

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.09

anone 8話 感想 冷静さに欠ける理市

玲が陽人を連れてきたとき、

亜乃音さんが洗ってたコップは、

きっと、玲が昔使っていたコップだよね?


亜乃音さんは玲のことを

心から心配しているのに、

気持ちが通じないのがもどかしい。


理市みたいな男に、

玲はどうして惚れちゃったのかな。

裏の顔を知っても、

玲は理市について行くんだろうか。


理市は自動販売機の

管理者まで知っていた。

お金を回収する日時も、

事前に調べていたんだろう。


そして、回収したお金を、

管理者がどのように使うのか、

ということも知っていたんだろう。


そこまでやるなら、

銀行のATMのことも

もっと調べておかなくちゃ。


暗証番号でさえ3回間違えると、

取り扱いできなくなるのに、

どうして理市は3回目も

ニセ札を試したんだろう?

それが理解できないわ。


例えば、ATMでお金をおろして、

取り忘れた場合、

警告メッセージが流れて

しばらく経つと、

お金はATMに回収される。


その程度のことなら、

理市なら知っていたはずだ。

お金がATMに回収されることもあると

知らなかったのかな?


理市はあせっているのか、

それとも、単にイラッとしやすい男なのか。


万平さんは亜乃音さんのことが好き。

亜乃音さんは?

一緒に暮らしたいと思うほどは、

万平さんのことを好きではないのかもね。


理市はお金のためなら

万平さんを殺す勢いだ。

冷静さが足りないよね、理市は。


るい子と舵の会話は、まるで

アンジャッシュのコントみたいで、

笑っちゃうけど切なかった。

舵は最後はどうなるんだろう?

生きていて欲しい。


ハリカと彦星くんの初めての電話は、

時間がゆっくりと動き始めたような

違う世界に入ったような感じだったなぁ。


彦星くんはハリカが好き。

ハリカも彦星くんが好き。


でも、お金が用意できないとなれば、

ハリカは彦星くんが長生きできるなら、

自分から身を引くだろうね。


予告では、亜乃音さんが警察に…。


万平さんが死んでいなければ、

警察に本当のことを話すのでは?

それとも意識不明?


もしくは、亜乃音さんから、

ニセ札づくりを始めたいきさつを聞いて、

陽人を守るために、

口をつぐんでしまうのかな?


でも、ATMでニセ札を使ったのは理市だから、

防犯カメラの映像を解析すれば、

理市だと分かるよね?

だって、印刷所の元従業員だもん。


せっかくハリカは家族ができたのに、

また一人になっちゃうのかな。

哀しいラストは想像したくない。


本物のお金で、正々堂々と

皆で自動販売機でジュースを買って、

楽しく笑って終わりにしてほしいなぁ。



ポチッ↑と応援よろしくネ♪

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.05

わろてんか 128話 感想 マリアの恋

『マリアの恋』っていうのは、

栞さまが活動写真を

輸入し始めたときに

公開された活動写真…だったか?


本当に『マリアの恋』という映画が

存在するのかと思って検索したが、

マリアの恋にドンピシャだったのは、

なんと、佐藤愛子さんの本だったよ。


栞さまの活動写真とは全く関係ない

佐藤愛子さんの本がヒットしたけど、

気になって本の帯を拡大してみたら、


【2人の子どもを独立させて

尚、若々しいマリアは、

再会したかつての恋人クラークに

恋心をつのらせてゆく…】

と書いてあった。


栞さまの輸入した映画が、

栞さまのお好きな

『愛と自由』が軸の映画だったのか、

そのへんはわかりまへんが、

佐藤愛子先生の『マリアの恋』は、

かなり自由な愛を描いてそう。


栞さまの『マリアの恋』は、

おてんちゃんが、

冷やし飴を氷の上で転がして

必死に売りさばいていたころ、


栞さまも活動写真で頑張っていこうと、

未来に夢を膨らませていたころの

懐かしい若き日の思い出。


時代がその夢をつぶそうとしても、

屈しない態度だった栞さま。

どうなりますやら。


『愛と自由』といえば、

隼也は自由に愛を貫いて、

子どもまで生まれたらしいね。


私はてっきり、つばきお嬢様は、

素晴らしいショーの世界を追求する隼也に

魅力を感じていたのかと思ったが、

そうでもなかったようだ。


まだ藤吉のほうが、

笑いの世界を作り上げただけ、

息子よりはましだった。


もうちょっと隼也をましな男に

描いてあげてもよかったのにね。


ラストではまた北村家に戻って、

視聴者が知らない間に、隼也が

北村笑店の社長になってた…( ゚Д゚)

な~んてことはないだろうな。


あ、そうか、

隼也でなく、孫のほうか、

北村を継ぐとしたら。

名前も藤吉に似てるしな。


風太はてんに惚れたばっかりに、

苦労ばっかりさせられて

なんだか可哀想。

おトキちゃんも苦労しますねぇ。


 ↑お応援してね~♪ 

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.04

トドメの接吻 9話 感想 本当の愛を失った旺太郎

えーΣ(・ω・ノ)ノ!

なんで宰子は春海となら

普通にキスできるんだろう?

その理由が知りたいわ。


旺太郎はいつしか

宰子のことを愛していたのに、

お金と地位に執着して

美尊との結婚にこだわるから、

本当の愛をはぐくめない。


「次はあなたが愛する番だと思う」と宰子。


宰子のお人よし!

美尊のことを愛するように

旺太郎を諭すなんて。

そんでもって、

旺太郎をかばって死ぬなんて( ゚Д゚)


旺太郎は美尊とキスできなかった。

結婚式当日になって気づくとは、

自分のことを分かってなかったんだね。

宰子を選んでおけばよかったのに。


旺太郎は本当に大切なものを失ってしまった。


だけど仮に、

無事に結婚式が終わって、

旺太郎と美尊が結婚生活を

順調にスタートしたとしても、


並樹グループが有名な企業ならば、

マスコミは旺太郎のことを調べて、

面白おかしく書き立てるよね?


尊氏の実の叔父なのに、

旺太郎に寝返った新井。

軽いわ~~。

考え方がすべて軽い感じ。


そんでもって、ここにきて

また和馬が登場。


「だあれも愛せないクズ」

と言いながらも、

和馬は旺太郎が忘れられないんでしょ?


結婚式に尊氏が乱入しなかったら、

和馬が乱入してたってこと?

尊氏と和馬が同時に乱入していたら、

旺太郎も死んでたかもね。


「人を好きになる気持ちをもらった」

と宰子は言っていたけれど、

そんなのもらっても、

死んだら何にもなんないよ。


春海も罪な男だわ。

宰子の未来を

春海は分かってたんじゃないのかな…。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
呑気そうな春海にイラッとしたわ


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.03

BG~身辺警護人 7話 感想 土下座するSP初めて見た

「誤差なし」と、気合を入れて

時間を合わせている時計。

身辺警護人が使う時計が、

まさか奥様がプレゼントした時計とは驚き。


私はてっきり会社から指定された

できるだけ誤差が少ない時計を

使っているんだと思ってたよ。


キムタクと山口智子のからみは、

たぶんロングバケーションを

彷彿させるものだと想像していたので、

まあこんなもんか…と思って見た。


一番驚いたのは、

SPの落合が拳銃を置いて、

土下座したこと。

SPが土下座するなんて、

前代未聞なのでは?


しかも、緊迫した場面で、

ロンバケモードで

キムタクと山口智子のからみ。


犯人じゃなくてもイライラするわ。


山口智子の警護を頼まれたキムタクが、

警護している最中に

厚生労働大臣からの電話に出るってのも、

どうなんだか。


しかも、

山口智子が狙われていた原因がしょぼい。


身辺警護課の村田が撃たれて、

救急車で運ばれる際も、

あんなに喋らせたらダメでしょ。


多量の出血があるときに、

「誤差なし」とつぶやだけならまだしも、

村田が手をあげようとするのは、

さすがに止めようよ。


ちょっと期待した7話だけに、

ストーリーがあまりに酷くて、

演じている俳優さんたちが

とっても気の毒に思えた回だった。



いやはやなんだこりゃ~


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.03

anone 7話 感想 万平さん気づいてたよね?

火野正平が演じる万平。

ニセ札に気づきましたな。


わざと寝たふりして、

亜乃音さんがニセ札と本物とを

入れ替えるのを感じていた。


このドラマは、たぶん最後は、

ニセ札づくりは大成功はしない。

そのストッパー役を果たすのが、

もしかしたら、

万平さんなのかもね。


だって、万平さんは

亜乃音さんを信頼してるし、

少なからず好意も持っていると思う。


亜乃音さんが理由もなく

ニセ札をつくるわけがない、と、

万平さんは思うはず。


そのうちに理市が首謀者だということも、

万平さんは気づくに違いない。

亜乃音さんを犯罪から救えるとしたら、

万平さんしかいないよね?


ハリカは自分の幸せよりも、

彦星くんの幸せを願ってしまう。

でも、彦星というネーミングからしても、

2人の恋は成就しないのだろう。


亜乃音さんはハリカに

「もっと自分が楽しく生きることを考えなさい」

と伝えたけれど、

これまで自分を愛してくれた人もおらず、

自分の愛し方が分からないハリカ。


亜乃音さんの愛に触れて、

泣いてしまったハリカ。

亜乃音さんの優しさが沁みるわ。


理市は奥さんに

ニセ札を干して?いる部屋を

見つかってしまった。

なんて言い訳するのかな?


奥さんがいながら、

玲と付き合う理市。

玲も目を覚ませ!!


るい子と舵は、

話が進むにつれて、私の中で

なんとな~く存在感が薄れてきた。


『家族ごっこ』のような雰囲気を出すためにも、

るい子と舵は必要な存在なんだろうけど。


ハリカのバイト先の同僚のおばちゃんが、

えげつないったらありゃしない。


若いハリカちゃんの

一生懸命貯めているお金を取って、

ハリカちゃんから責められても、

ぜんぜん平気で堂々としていた。

異常というか、怖ろしいというか。


ハリカちゃんは腹巻でもして、

その中に現金は入れておかないとね。


ラストでニセ札が自動販売機を通り、

皆それぞれ飲み物を買ってしまった。

その1枚が危険だなぁ。

足がついちゃうじゃない。


亜乃音さんが平気そうなのが

よく分からない。

感覚がマヒしてきたのかな?


万平さんが皆の感覚を

普通に戻してくれることを

願わずにはいられない。


応援ポチよろしくね~

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.03

わろてんか 127話 感想 ひとり息子がアホぼん

おてんちゃんは親から勘当されて

藤吉と一緒になっても、

実家を継いでくれる

可愛い妹がいたから良かったけど、

北村笑店の隼也はひとり息子。


気持ちのおもむくままに

アメリカへ行ったり、恋をしたり、

人生を謳歌する隼也。

これぞ人生・・・・か??


銀行のお嬢様は、

これまで出会ったことのない世界の、

マーチンショーつながりの隼也に

恋してしまったけれど、

それが幻であったことに、

そのうち気が付くと思うんだけど。


だって、隼也には、

自分で道を切り開くほどの

知恵や人脈があるとは思えないし。


おてんちゃんは、

自分が父親から言われたように、

凛とした表情で隼也を勘当した。

まあそれは置いといて。


つばきさんのお父様は、娘に

2年間ほど考える時間をあげても…。

どこかで耳にした話だ…。


風太は、銀行との取引が

隼也のことで滞らないように、

つばきのお父様に土下座したが、

あちら様も心穏やかではないよねぇ。


いっそのこと、隼也はずーーーっと

アメリカに行ったままで、

最後にちょこっと

帰ってくればよかったのに。


前話でリリコ&シローが旅立ったが、

リリコが幸せになれそうで良かった。

でも、リリコのことだから、

家事を一通りこなしてみたら、

物足りなさを感じてしまうかもな。



 ↑お応援してね~♪ 

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.03.03

隣の家族は青く見える 7話 感想

小宮山家の元商社マンのお父さん、

ボランティアで得意の勉強を教えることが

生きがいになるのは喜ばしいけれど、

いやいやいや、その前に、

やっぱり娘さんのことを考えてほしいわ。


深雪もパートに出ればいいのに…

と思って見ていたが、

「パートに出る」ことが、深雪にとって、

とっても勇気がいることなんだろうな、と、

実家のお母様の話しぶりを見て思った。

家も立派だったしねぇ。


奈々は目が可愛いよねぇ。

悲しい顔になると、

目が丸い四角みたいになっちゃうの。


大器が浮気してなくて良かったけれど、

どうして勘違いされそうな場所の

カウンセラーにお願いしたのかしら?


カウンセリングを受けている事を

内緒にしたかったのだと思うが、

余計に目立つわ。


ゲイカップルは、

朔の考え方が大人になってきた。

やしなってもらう関係ではなくて、

自立した男になって、

対等の立場で渉と向き合いたいんだと思う。


頑張れ朔!

小宮山家のお父さんに勉強見てもらって、

まずは卒業資格が取れるといいね。


亮司の息子の亮太は、

小宮山家の同級生の優香が好きなの?

優香ちゃん可愛いもんね。

亮太も優香のダンスを応援してるみたいね。


それにしても、

男同士で飲みに行った場所が、

大器の実家のお店とは。

あの店では、

本音の愚痴なんて言えやしないよ(笑)


ラストは皆が幸せになってほしいね。

奈々は可愛い赤ちゃんが生まれるといいなぁ。



にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR