2018.02.25

トドメの接吻 8話 感想 旺太郎の父ちゃんはヌマケか

旺太郎の父ちゃん、

どんだけ尊氏に利用されるんだ( ゚Д゚)

宰子がいなければ、

旺太郎の父ちゃんはまた

刑務所行きだったじゃないか\(◎o◎)/!

しかも今度は4~5年では出てこれないぞ。


旺太郎も可哀想な男だよねぇ。

父ちゃんも息子のことを心配しているなら、

旺太郎の言うとおり、

直接テープのことも聞けば良かったのに。


旺太郎がテープを悪用しないために、

わざわざ父ちゃんは香港に行ったってこと??

やってることがよく分かんない。


宰子は健気な女の子だ。

旺太郎もやっと宰子の健気さに

気づいたようで…

「俺は宰子を道具だなんて思ってない」


お、いい感じ。と思ったのに。


尊氏の前で、旺太郎は宰子とキスして

タイムリープしたりするもんだから、

宰子が痛い目に遭うんだよ。(-_-)


ま、そういうことがなくても、

尊氏は宰子の学生時代の写真を

見つめていたから、

いずれは宰子の能力に

気づいたとは思うけれど。


今回、春海の過去も少しは分かるかと

期待して見ていたが、

置いてきぼりか~い。

春海も宰子とキスしたことがあるのかな?


美尊が旺太郎と結婚することは、

並樹グループの跡継ぎとしては、

どう考えても無理過ぎると思うが、

美尊も気持ちがゆらゆら揺れ過ぎ。


何があっても旺太郎が好き、でもなく、

旺太郎がピンチなときに、

尊氏に優しくされたら、気持ちがゆらり。


旺太郎は宰子と結婚することが

一番かもしれないね。

だけど、もう何度もタイムリープしているし、

宰子も旺太郎も、

命は大丈夫か!?


まずはその前に、旺太郎は

宰子を救い出さなくてはね。


がんばれ旺太郎!

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.02.25

アンナチュラル 7話 感想 斜めから見た感想

アンナチュラルは私は1話は見たのだけど、

その次に見たのが、今回の7話です。


7話のミコトのセリフの素晴らしさや優しさは、

もう多くの方が語っていると思うので、

後半は私の感じた疑問点を主に

感想を書こうと思います。


いじめた奴らに復讐するにしても、

凄まじい死に方だったね。


息絶えるまでの時間、

どれほど苦しかったかと思うと、

いじめた奴らを

まじで許せないと思った。


ライブ配信した男の子が、

ミコトの言葉によって、

死ななかったことだけが救いだ。


いじめた奴らは万引きしたせいで

アリバイがあったという、

悪運が強いというか許せんというか。


気になったのは、

高校生の男子の身体に

刃物が並行に刺さるほどの強度が、

あの紙粘土にあったのか?ということ。


体重がバランスよくのらないと、

刃物の位置が歪んたり、

紙粘土が割れて、

刃物が倒れたりしないだろうか。


刃物の位置を確かめて倒れても、

勢いよく倒れないと深くは刺さらない。

あの紙粘土の幅に

身体の中心を持っていくのは

とても難しいように思った。


そして、もしも仮に、

これが逆に利用されたら、

真相は究明されるのだろうか?


いじめている奴らに、

自殺に見せかけて、

刃物の上に押し倒されたら、という、

考えたくもない逆のパターンだ。


ミコトならその場合は、

殺人と究明できるだろうか。


無理やり遺書でも書かされていたら、

それこそ、他殺か自殺か

分かんないんじゃないか、と、

そんなことを考えて見ていた。


私の斜めから見た感想でした。





テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2018.02.25

BG~身辺警護人 6話 感想 ラストの2ショットがロンバケ♪

キムタクと山口智子のツーショット、

懐かしくて新鮮。


♪回れ回れメリーゴウランド♪という、

久保田利伸の大ヒット曲がテーマソングの

『ロングバケーション』が放送されたのが

1996年4月~6月。てことは、

もうあれから約20年も経つんだ…。


ロンバケのキムタクと山口智子は、

情熱的な恋をする2人だったけど、

身辺警護人では6年前に

離婚した夫婦という設定なんだね。


ロングバケーションの画像を見たら、

2人とも若くて可愛い。

でも、約20年の年月が流れたにしては、

2人とも若いと思った。


さて、6話の感想だけど、

ストーリーは初めから

視聴者全員、お見通しだ~い!て感じ。


ドキドキハラハラするところが

ぜんぜんなくて、

つまらなかったわ。


彩矢を演じた子役の女の子が、

ドラマのトットちゃん!の黒柳徹子の

子ども時代を演じた女の子だったね。

やっぱり演技上手だなぁと思いながら見た。


例えば、

彩矢が女子トイレに閉じこもったとき、

厚生労働大臣の立原愛子が、

トイレをノックして話しかけても応答がなく…


無理やりドアを開けたら、

中には誰もいなかった…とか、

その設定が流れ的に無理なら、


中で彩矢がぐったりしていた、とか、

少しくらいひねりがほしかった。


だって、ドキドキする瞬間がなかったもん。


彩矢のお父さんも、

クマのぬいぐるみをプレゼントするなら、

せめて、ぬいぐるみの首に

リボンくらいは付けてほしいわ。


怪しい黒い鞄から、

包みもリボンもないクマのぬいぐるみを、

いきなり出されてもさ。


警視庁のSP落合は、

身辺警護課の村田に

昔の借りを少し返したけれど、

いったいどういう経緯があったのか、

詳しいことは最終回までには

明かしてくれるのかなぁ。


このドラマ、キムタクの警護のアクションは

私はカッコイイと思うので、

できれば、そのシーンを増やしてもらいたい。


キムタクパパと反抗期の息子、

瞬とのやり取りも、

思わずクスッと笑えるから好き。


次回はロンバケコンビが、

どのような事柄に直面するのか、

山口智子がゲスト出演だとすると、

2人の結末はいかに!?

というのが見どころだなぁ。




にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR