2017.10.31

わろてんか 26話 感想 ごりょんさんが可哀想

番頭はん、又八という名前やったのねぇ。

えげつないお商売をする米問屋に婿入りして、

ざまあみろと言いたいところだけど、

ちょっと情けなそうな表情。

後悔してるのかな?



北村家のお得意さんまで根こそぎとって…

だけど、どんな手を使ったんだろう?

本当に北村家に魅力があったら、

お得意さんは取られなかったと思うのだけど。



手代も辞めてしもて、役立たずの娘と、

アホな息子の藤吉と…

ごりょんさんが可哀想に思えてきた。


「口動かす前に足動かしなはれ」と、

頑張り過ぎたごりょんさん。

腰がゴキッとね。


キースが持ち込んできたパーマ機。

うさんくさいわー。

「日本中で流行るでー」とかぶせる万丈目。

余計にあやしい。


「お母ちゃんを見返してやるんや」と言うキースのひと言に、

スイッチがはいった藤吉。

あかんやつやわー。


後継者問題は、北村屋だけではなくて、

現在の日本でも、農業だけでなく、

中小企業の後継者問題が深刻なようでっせ。

身内が継ぐのが当たり前という時代は終わり、

家業に魅力を感じない身内が増加中だそう。

藤吉は継ぐと言ってくれただけ親孝行か!?

でも、店をつぶす勢いだから、ダメだこりゃ~。


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.30

民衆の敵~世の中おかしくないですか!? 2話 感想 つまんない

どんだけつまんないドラマなんだ。

高橋一生がイケメンで、

笑うとクシャッとなる顔が可愛くて、

なんとか最後まで見たけれど。

ストーリーのあまりのつまらなさに、

篠原涼子の無駄遣いはやめてー!と叫びたくなった。


もっと爽快に世の中をよくしていくのかと思った。

ハケンの品格みたいなドラマを期待してた。

繰り上げ当選とはいえ、

智子は市議会議員なのに、

遊び半分みたいな喋り方も鼻についた。


面白いと感じる人もいるんだろうか…


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.30

わろてんか 25話 感想 キースのうまい話はヤバそう

まだ商売のイロハも分かってないのに、

「この借金は俺がなんとかする」

あらまあ、藤吉はん、ご冗談を。


米を売り歩く藤吉。

いや、それより先に番頭はんに

商売のやり方を教えてもらうのが先なのに、

それもせず。


その肝心の番頭はんは、

東の大きな米問屋の出戻り娘の婿になり、

店を持たせてもらうことに。


北村屋の裏切者なのに、

慰労金と餞別を番頭はんに渡すごりょんさん。

男前~~。…て言いたいところだけど、

お金ないのに、どうするん?


借金は、女ったらしのお父ちゃんが作ったものだとしても、

少しずつ返すことはできなかったのかな?


ここにきて、キースとの再会。

キースは悪い奴ではないけれど、

キースといるとろくなことがない。

なんだか嫌な予感。


キースだけでなく、今度は、

万丈目吉蔵(まんじょうめ きちぞう)という、

妙な芸人まで一緒だ。

二度あることは三度あると言うけれど、

たぶん、また痛い目遭うでー。


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.29

トットちゃん! 15話~19話 感想 兵隊さんはなぜ泣いたのか

トットちゃんが慰問先で

「よくかめよ たべものを
かめよ かめよ かめよ かめよ たべものを♪」

と元気よく歌ったとき、

負傷した兵隊さんたちはなぜ泣いたのだろう?


もちろん、人それぞれに

泣いた意味は違ったかもしれない。

トットちゃんと同じくらいの子がいて、

涙があふれたのかもしれないし、

ろくに食べ物なんて無いのに、

食べ物をよく噛む歌を純粋に歌う姿を見て、

涙があふれたのかもしれない。


だけど、病室にいたほとんどの兵隊さんが

自然と泣けてきた…というのは、

理由があって泣いたというより、

トットちゃんの持つオーラというか、

こんな時代なのに、

そんな事を全く感じさせない、

トットちゃんの純真な子どもらしさに触れたから…かも。


涙というのは不思議なもので、

泣くとは自分では思ってないのに、

自然と泣けてしまうことがある。



郁夫くんが亡くなった回は、

私は夕飯を食べながら

ティーバーでトットちゃんを見ていたので、

まさか涙が出るとは思っていなかった。

ところが私の予想に反して、

涙がじわじわあふれ出て、

自分でも驚いてしまった。


福山雅治のトットちゃん!の主題歌ではないが、

♪嬉しいのに 寂しいとか

♪楽しいのに 悲しいとか

単一の感情ではなくて、

もちろん、郁夫くんが亡くなって悲しいのだけれど、

それだけで涙があふれるわけでもないような、

説明しがたい涙が自然と

私の頬をつたったような気がした。



トットちゃんの子役が素晴らしいよね。

ヘタすると、わざとらしい演技になりそうなのに、

決してわざとらしくなく、子どもらしくて可愛くて、

そして、黒柳さんの子ども時代そのものに思えてしまう。



幸司くんが大好きなトットちゃんは、

疎開する幸司くんから短い鉛筆をもらった。

現代っ子なら、好き=恋愛感情だと

気づいたかもしれないが、

あの当時だから、トットちゃんは

それが恋とは気付いてなかったろうなぁ。



一緒に疎開できたらいいのにね、と、

素直に言ってくれた幸司くんの言葉が、

どれほど嬉しかったことだろう。

別れ際に言われると、尚更その時の思いが

大人になっても心に残っているものだ。


トモエ学園出身の物理学者、

山内泰二(やまのうちたいじ)さんが、

幸司くんのモデルなんだと思うが、

本当に子どもの頃の夢を叶えて、

素晴らしい物理学者になってしまうとは!


♪ありがとう先生 私の明日作ってくれたの

福山雅治の歌がドラマの効果をよりよくしている。


普通の小学校に通っていたら、

幸司くんは学校の勉強がたいくつで、

物理学者になりたいという夢など

持たなかったかもしれないよねぇ。


さて、戦争の激しさが増して、

トットちゃんが可愛がっていたロッキーも、

そして、最愛のパパも、

戦争に行ってしまった。


トットちゃんの弟もケガが原因の敗血症で

短い人生の幕を閉じてしまい、

ママを守るのはトットちゃんしかいない。


子ども頃のちょっと普通の子とは違って

落ち着きのないトットちゃんを信じて育てるのは、

朝さんにとっては、根気がいることだったと思うが、

長い人生の中では、トットちゃんが支えになり、

今に至るのだと思う。


子役からバトンタッチして、

少し大人になったトットちゃんになるのが、

寂しい気さえしてしまう。

久しぶりに本物の「子ども」を見たような気がした。


まだまだ書きたいことはあるけれど、
明日も早いから、そろそろこのへんで。


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.28

わろてんか 24話 感想 楓は意外にもいい人だった

楓はイケズな女かと思ったら、

あっさりした性格のいい人だったな。

私なら、てんに「女侍」と褒めちぎられたら、

「バカにしとんのかい!?」と思ってしまうかも。



楓は天然ボケのてんと嫁対決バトルして、

商才のない藤吉と結婚するより、

船場の大店の娘でもあるし、

自分でええ人を探すのが幸せだよね。

ごりょんさんは、まだいいとして、

藤吉の姉の頼子も、家の物を持ちだして、

質屋に入れて金に換えようとするアホな女だし。



藤吉は啄子に見たらダメだと言われた

帳簿を見て驚いていた。

啄子が藤吉に帳簿を見せなかったのは、

藤吉に心配をかけまい、というより、

藤吉にはまだこの窮地をカバーできるだけの裁量がない

と考えていたからでは?


ふらふらしてアホみたいな息子だが、

啄子にとっては可愛い息子だ。

だからこそ、

楓のように逆風にも立ち向かえるような、

少々気の強い許嫁を選んだのに、

同じようにふわふわした雰囲気のてんと、

息子は家に戻ってきた。

私が北村家のごりょんさんでも、

ちょっと待ったー!と思ってしまうな。


すべてを失って、一から出直すという、

過去にそういう朝ドラを見た気がするが、

北村家もそうなるんだろうか。


楓はどこどのええお方と一緒になって、

趣味を楽しむ余裕のある生活をしておくんなはれ。


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.27

わろてんか 23話 感想 鈴木 vs 鈴木対決

てんの母が凛とした表情で

敵陣(!?)に乗り込んできた。

鈴木京香 対 鈴木保奈美。

鈴木対決!


背筋をピンと伸ばして、せやけど優しい口調で、

啄子はんに亡くした息子の話もした。


「この北村家さんで一人前に仕込んでやってください」


としずは頭を下げた。

本気で話すしずに対して、啄子はんは、

苦労してきた自分の事も、正直に話した。


鈴木対決は、なかなか見応えがありましたな。


覚悟を持って戦うしかないてん。

真っ白な死に装束もお母はんからもろたしな。


今日は私の時間がいつもより押しておりまして、

まあ感想というほどの感想は、いつも書いてないんだけど、

もうここで 本日はパス!


それにしても藤吉よ、

許嫁に出て行ってくれとしか言えないとは情けない…。



にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.26

わろてんか 22話 感想 藤吉はてんをいつ幸せにしてくれるん?

久々に会ったてんの姿にびっくりぽんな風太。

藤吉に怒りメラメラ~どすな。

一生てんを笑わせると言うといて、

確かに泣いてはおらんし、笑顔ではいるが、

女中扱いされているてんの姿はショックだろうな。


りんは祝言が決まったようだ。

きっと綺麗な着物や結納品に囲まれて、

幸せなんだろうね。

それに比べて、てんは・・・・



「ほれた女も守れんとは

お前ただのぼんくらや!」


そのとおーり\(◎o◎)/!風太よう言うた。


しかし、藤吉は「命にかえても幸せにする」と。


でも、今、幸せにしてないやん。

いつ幸せにしてくれるん?


風太が届けたりんの手紙。

流れるような女らしい字。

実家はりんがいるから大丈夫。


頑張ろうと決意したに違いないてんに、

ごりょんさんから楓と藤吉の祝言の話が。


この前、米売り対決で勝ったのに、

あのことは関係ないのね。。。


しずが立ち上がりましたぜー。

ガツンと言うてやってよ。




秋のドラマはどれもつまらない…

と思ってしまう。

私の集中力が落ちたのかしら。

今のところ、面白いと思えるのは、トットちゃん!だけかも。


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.25

奥様は、取り扱い注意 4話 感想 クリーニング屋のおばちゃんは何者?

読書会を開いている美佐子(星野真里)の息子、

悠斗くんが誘拐された。


犯人に協力していたのは、

悠斗くんの家庭教師の女子大生。そして、

家庭教師と悠斗くんのパパは愛人関係…。

知らぬはママ・美佐子だけ。


さすが、元工作員の菜美。

美佐子の様子がいつもとは違うことに、

インターフォンごしにすぐに気づいた。


菜美は夫・勇輝に、仕事をする意味を聞いた。

誰かに必要とされている喜び、

自分の才能を生かして、

この世に自分が存在する意味を感じられる、

それが仕事というものだとすれば、



「誰かを喜ばせられるのに、

その才能を使わないのは罪?」




罪だとすれば、やるっきゃないよねー。


しかし、すごいのは菜美だけじゃない。

ドライクリーニング屋のおばちゃんが、

実は昔の仲間か?Σ(・ω・ノ)ノ!

なぜこんな近くに??



今、菜美は主婦をしていると聞いて、

わはははは、と大笑いするおばちゃん。

このおばちゃんの情報収集力はすごそうだ。

犯人の使った車を簡単に割り出した。


もしかしたら、あっちこっちに菜美の昔の仲間が?

だとしたらヤバイよね。

「あんたが死ぬはずがないと思った」と、

クリーニング屋のおばちゃんは言ったが、

菜美を追っている謎の中国人も、

そう思っていると思うし。。。


家庭教師の女の微妙な変化に気づく菜美。


「緊張でさっきより瞳孔が開いている。

悠斗君に危険が迫っているのだ」



男子大学生3人を、次々とやっつけて、

悠斗くん救出に大貢献。

でも、自分は裏で動くだけ。


悠斗くんのパパは、可愛い奥様と子どもがいるのに、

どーして女子大生と?ヽ(`Д´)ノ

悠斗くんのパパも投げ飛ばしてほしかったな。


読書会も無事に再開。

家に帰れば本を勇輝に読んでもらい、

うっとりしている可愛い奥様に戻る菜美。


「この声をずっと耳元で聞いていられるのなら、

世界中のものを投げ出したってかまわない」


てなことを心の声でつぶやいていたが、


こんな気持ちになれるのは、

新婚の間だけかもしれないよ。

おじいちゃん、おばあちゃんになるまで、

ずっとそう思っていられたら、

どんなにか幸せなことですねぇ。


ところで、菜美は悠斗くんみたいな
可愛い子どもが欲しいみたいだけど、
勇輝はその話に触れられたくなさそうだ。
何かわけでも?


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.25

わろてんか 21話 感想 インド人より視聴者がビックリ

さあ始まりました嫁対決。

仕入れ過ぎた古米と外米をどうさばくか。

内助の功で、藤吉を助けられるのはどちらか。


まずは、仕入れた米を精米して、

お次はその精米した米を売りさばく。


正当な商売方法では、許嫁には勝たれへん。

まあ、当たり前どす。

今まで北村の家でしごかれてきた許嫁ですもんね。


古米はどうしたら売れるのか!?

レシピ提案でだんごを作って売るてん。

アレンジするのは得意そうだけど、

藤岡家では工夫した暮らしをしてたっけか(・・?


お次は外米。

外米はカレーに合う。

インド人を追いかけるてん。

インド人より、見ている視聴者のほうがびっくりや。


醤油やカレーの材料など、

経費はどうするのかと思ったら、

生きた金を使うのはええと。

北村家では、生き銭を使うのはOK。


北村家の家訓。

「始末 才覚 算用
始末とケチは違う」


「この勝負、あんたの勝ちや」


勝負がつくのが早い。早すぎと違う?


そのころ、風太が大阪に…?

何しにきたん?様子見?

それにしても、藤吉はなんか頼りないなあ。。


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.24

わろてんか 20話 感想 ひと昔前の朝ドラみたい

てんは女中として北村の家に

置いてもらうことになったが、

クモの巣の取り方も分からないのに、

大丈夫かいな。



言葉に関しては、

どすどす言うなとごりょんさんに言われたが、

確かに「どす」の多用はうっとうしい。


「お互い、頑張ろな」


…と藤吉はてんに言うた。

米については頑張って勉強しているが、

所詮、ボンボンの藤吉と女中扱いのてん。

つらさが全く違う。


でも、実家からおトキが来てくれて少し安心。

ごりょんさんの気持ちの中では、

おトキは「女中のまた女中」。

なるほど、そういう考え方もあるのね。



北村家では、藤吉のおかんも、姉ちゃんも、

いやらしい性格やねぇ。

ひと昔前のドラマみたいやね、『わろてんか』。


生姜で嫌なニオイを消す工夫をした てん。

「余計なことせんといて」と怒鳴られるかと思ったら、


「あんた、よう気ぃきくなぁ」


女中頭?の気持ちをつかむのに成功♪

許嫁からすると、てんは目障りでしかない。

明日からはてんと許嫁の嫁対決。

それほど楽しみでもないが、

工夫がうまいてんが、一歩リードするのかもな。


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.23

民衆の敵~世の中、おかくないですか!? 1話 感想

衆議院選挙が終わった直後に

かぶせるように始まった新ドラマ。

ヤフーニュースで、

「篠原氏が新党に意欲」という記事タイトルを見て、

このドラマの主人公、篠原涼子のことかと思っちゃった。

希望の党の篠原氏だったが。



ドラマの挨拶で、篠原涼子が、

「とても爽快なドラマになっていますので」と語っていたので、

スカッとするドラマかなと期待していたが、

1話はぜんぜんスカッとしなかった。


玉子焼きをステーキと子どもに教えて、

電動自転車が欲しくても我慢して、

質素に生活をしている智子(篠原涼子)が、

初めはお金欲しさに立候補するが、

次第に本気になってゆく…というストーリーかな?


立候補するには委託金が50万円いるが、

夫婦で失業中なのに、

貯金から50万をポンと出したのだから、

もう頑張るしかないよね。


繰り上げ当選して、2話に続くことに。

落選したら、1話で終わるから、

とにかく当選しないとナ。


「みんなで幸せになりましょう!」と言う智子。

あまりにも平凡でつまんない。

え、こんな汚い手もあったのか、というような

ドキドキするような方法を見せてほしいかも。

正当な方向へ展開されるのだと思うが。


ドラマというのは、その時期に人気のある俳優さんが、

どのドラマにも顔を出してくる傾向があるね。

高橋一生も忙しいなぁ。

千葉雄大も朝ドラでは早くも出番が終わったが、

こちらのドラマに登場。

ファンの方々にとっては、たまりませんなー。



にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.23

わろてんか 19話 感想 雅な嫁はあかん

「お帰りやす~」と、完全にてんを無視した

老舗米問屋「北村屋」の

ごりょんさん、啄子(鈴木京香)。

私には啄子をつえことは読めなかった。

石川啄木の啄だから、たくこかと思ったわ。



てんはごりょんさんからすると、「雅な嫁」らしい。

ヘアスタイルと、着物を変えたら、

商人魂のある嫁に見えるかもしれんよ。

そんでもって、ごりょんさんの前ではわろたらあかんな。


笑うこと=アホ


と書かれてたもんね。



ごりょんさんに認めてもらうまで頑張る決意のてん。

藤吉と手と手を触れあうこともままならん。


あー、これといった感想も思い浮かばん。

いびるなら、徹底的にお願いしますよ。

おもろいことでいびって。



それにしても、藤吉は顔はイケメンなのに、

どーも、甲斐性がないな。

栞さまでよかったやん。今更だけど。。



にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.21

わろてんか 18話 感想 新一兄さんにひと言わびて!

てんは新一兄さんの写真に手を合わせたけれど、

新一兄さんとの約束をバリバリに破って出ていくのだから、

ひと言わびるセリフがあってもよかったのに、と思った。



ぜんそくが悪化した新一は てんに、

「これからは、おまえがお父はんを笑わせるんやで」

と言ってたよね。

笑わせるどころか、怒らせて泣かせてしまったじゃないか!



新一兄さんが天国で聞いていたら、

「僕が元気だったら、お父はんにも、
てんにこのような思いはさせずに済んだ」

…と、さぞかし悲しんだと思うよ。



藤吉はこれが最後の芸と、

傘の上で枡を回す芸を披露したけれど、

よくぞお父はんは最後まで黙って見てたなぁ。

怒りでぶるぶるして、立ちあがれなかったのかな?

お母はん達は笑顔だったけど、

私にはその気持ちが分からない。



私がお母はんなら、


「やめなはれ!そんな芸を見せられる
お父はんの気持ちが分からへんのか!」

…と、一喝してまっせ。



てんは儀兵衛に勘当されて、

藤吉の実家、大阪の船場へ行ったが、

これからお決まりの嫁いびりならぬ、

嫁になりたいと願うてんいびり が始まるわけですな。


なんだか見る気が失せてきたよ。

平日は出勤前にメークの最終チェックしながら、

時にはくるくるドライヤーでヘアメイクしながら、

『わろてんか』を見ながら、さーーと感想書いて、

8時20分には「あかん、行かなきゃ」とPCを閉じるのだけど、

てんいびりを見て感想書くのもしんどいなぁ…と思って。



では今日は最後に、てんにかわって新一兄さんに謝ります。

「お父はんを笑わせるどころか、悲しませてしまって、

新一兄さん、ほんまにすんまへん。

どうか藤岡の家を出てゆく私をお許しください<(_ _)>」(てんの心の声)


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.20

わろてんか 17話 感想

確かに風太の言うとおりだなぁ。

藤吉がてんのことが大好きでも、

鳴かず飛ばずの芸人では、

てんを守ることはできない。それに、

跡継ぎのてんのことは、長男の藤吉には守ることはできない。


「せやけど俺はどうしてもやらなあかんことがあるんや


それはなんのこと??



ここにきて、やっと、

てんに惚れていることに気づいた藤吉。遅!


てんは相変わらず天照大神のように、

蔵にこもったまま。

お父はんもイライラがつのるねぇ。


雨ニモマケズ風ニモマケズ

てんのもとに通い続ける藤吉。



手紙に嘘を書いたのは、

てんがたったひとりの芸人・藤吉のファンだったから。

わろてくれた たったひとりの人。

えー、他の人は誰一人わろてくれへんかったの?

それやったら、芸人にはむかへんわ。


藤吉は大阪の実家に戻り学校に通っていたんだね。

リリコに誘われて、また芸人に戻ってしまったけれど。

そらリリコは勘違いするわ。

自分のことが好きだから、藤吉が戻ってきたと思って。


栞さまのところへ、てんのことをお願いしに行く風太。

藤吉に比べたら、栞さまのが絶対にいいよね。

栞さまとてんが結婚したら、風太のそばにいてくれるし。

でも、栞さまは風太の思いはお見通し。


そんな折、藤吉の母親が倒れたという知らせが。

どうして藤吉の居場所が分かったんだろう?

いつも見張られていたのかな?

大阪に戻ることになるんだろうね。


てんは藤吉のしょーもない芸に笑ってくれる。(* ´艸`)

お腹かが痛いくらいに笑うてるのを見たお母はんとお父はん。

お母はんはてんが笑うのを見て嬉しそうだけど、

お父はんは・・・・・怒ってるぞーーーー。


なんかねー、藤吉を見ていると、

ふらふら ふらふら 考えがまとまってない、というか、

自分の芸の磨き方が分かっていない、というか、

元々、才能がないのか…。

とにかく芸人はやめとき。と、私ならアドバイスするわ(-_-)

芸で妻を笑わせる夫なら、なれそうだけど、

前途多難だ。


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.19

わろてんか 16話 感想

あ~、かくまっていたことがバレてしまった。

でも、ずーっとかくまうのは無理だし。

藤吉は米問屋の長男だということも儀兵衛に白状した。



当時の長男と長女は結ばれない運命。

それやったら、藤吉郎が次男なら、

身元がしっかりしていると判明したのだから、

可能性はあったわけかな?



藤吉が蔵から追い出されたら、

今度はてんが蔵に。

蔵シリーズか!?


てんは女の子なのに、

蔵に閉じ込められて、

トイレとかどうしてたんだろう?

時々は外に出してもらってたん?

そこが気になる。。。。



お母はんは、藤吉が手紙の人だとお見通し。

せめて、お別れだけはしっかりさせてあげたい母心。

いいお母様。



蔵に閉じ込められたてんに、

夜、藤吉が会いに来た。

手紙を書くことで励まされていたと言う藤吉。

風太が来たから去ってしまったが、

「やり残したことがある」って言ってたけど何?


また会いにきたけど、

一緒に柿を食べることが、やり残したこと?

違うよね。

てんのことを笑わせること?

てんを笑顔にはできたから良かったけどね。



藤吉がやり残したのは、好きだって言うこと?



風太はお饅頭を半分こして、

毎晩差し入れにもってきたのに、

藤吉に先をこされてしまった。



お饅頭を1つまるごとあげてもいいが、

半分こってとこに意味があるんだねぇ。

だけど、てんは半分こにはできない。

ついに藤吉と風太の対決?

風太はケンカしたら負けそうだけど、

どうするつもりかなぁ。



にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.18

奥様は、取り扱い注意 3話 感想 青木さやか口元が迫力~。

青木さやか怖~いΣ(・ω・ノ)ノ!

元女子プロレスラーのボスママ貴子の役が

ピッタリに思える雰囲気。



理沙親子はいじめられて、さぞかしつらかったろう。

あんなママボスがいたら、私なんて挨拶されただけで

土下座してしまいそう。_| ̄|○ヒー。



幼稚園のママ友関係は、

楽しいことも多いけど、

ちょっとしたことで、こじれたりして、

むずかしいものよね。

私にとっては遠い過去のことだけど。



菜美がただ者でないことを知って、

貴子たちいじめグループのママたちに負けないように、

トレーニングを頼んだ理沙(小野ゆり子)。

強い精神は強い身体から!?



ても、貴子にまたやられてしまった理沙。

ケガをしただけでなく、

心がパキッとなってしまった。

怖いもんなー。青木さやか。

パキパキに心が折れても仕方ないよ。



だけど、ボス貴子にもつらいことがあることを

菜美はお見通しだ~い。



貴子の旦那が、理沙のことを

「優しそうで可愛い人だ」と言ったことで、

激しい夫婦喧嘩になったことを、

菜美と戦いながら貴子が告白。



あの勢いで怒鳴られたら、

そら旦那さんも逃げ出すわ。



でも、菜美と戦う貴子は、ぜんぜん強くなかった。

自分の弱さを認めることが、

本当に強くなる第一歩だと菜美に言われて、

すんごく簡単に、素直に理沙に謝った貴子。



やはり、目には目を…とは言わないが、

殴りかかられたら、相手以上に戦える力がないと、

相手を改心させることは無理というお話…(違うか…)。


街では、菜美がボクシングのインストラクターを

やっていたという噂が流れているらしい。

それを耳にした夫は…



「少しぐらい秘密があるほうがいい。

そのほうが君を何度も発見できる」



いや~ん♪ラストは毎回ラブラブかーい!

おあとがよろしいようで。



にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.18

わろてんか 15話 感想

ビシッと藤吉に言うた風太。

カッコよかったぞ。

ビシッと言いつつも、藤吉のために傷薬を用意した。

叶わぬ恋なのは確定しているけれど、

いつの間にか、風太を応援したくなっている私。

藤吉よりも、風太のほうがいいのにねぇ。



てんは、店のことを考えてはいる。でも、

頭で考えてることと、心で思てることが

かみあってないことを、お母はんはお見通しだ。



天涯孤独のリリコにとっては、

藤吉は心の支え。

「あの人はうちのもんや。取らんといてや。
返して。返してぇな!!」

リリコの気持ちは分かるけれど、

藤吉にとっては可愛い妹のようなもの。

てんにとって、風太が弟のようなものであるように。

風太のが年上だけど…。


そして、ついにお父はんに蔵の中のことが

バレてしまいましたー。

ギョロ目の鬼さんの眼力強し。

藤吉をかくまうのも終了~ですな。


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.17

トットちゃん! 感想 11話まで 本と同じ感じが懐かしい♪

窓ぎわのトットちゃん』を読んだころは、

まだ私も若かったなぁ…なんて思いながら、

TVer(ティーバー)で『トットちゃん!』を見ました。


トットちゃんが生まれてからのエピソードは、

本と同じだ!と懐かしく思いながら見ています。


トモエ学園の校長先生が、

お弁当に海のものと山のものを入れてきてください、と、

トットちゃんのお母さんに伝えたけれど、

確か本の中では、

海のものしか入れてもらえなかった子や、

山のものしか入れてもらえなかった子には、

校長先生が持参した、海のもの、山のものを、

生徒に入れてあげていた…ように記憶している。違ってたらごめん。


自由な校風の学校は、ヘタをすると、

生徒がわがまま放題になってしまうと思うが、

うまくいくと、イライラしたり鬱になってりする子がいない、

のびのびとした生徒が育っていくんだろうね。


トットちゃんの卒業したトモエ学園からは、

素晴らしい才能を発揮する人たちが巣立っているが、

私が覚えているのは、世界的に有名な

蘭の花の栽培に成功した卒業生の方。

本で読んだのか、徹子さんがテレビで語っていたのか…。


トットちゃんも、トモエ学園との出会いがなければ、

今の黒柳徹子さんにはなれなかったと思う。

ダメな子のレッテルを貼られて、鬱になっていたかも。

素晴らしい先生に出会えてよかったね、トットちゃん。



私も通ってみたかったなぁ、トモエ学園。

全く新しい世界が広がったかもしれない。



『窓際のトットちゃん』が発売されたころ、

私は読んだ本のほとんどを図書館に寄付していたのだけど、

なぜかっていうと、ブックオフとか無かったからね。

図書館に本を寄付した中で、この本ほど喜ばれたことはなかった。

職員の方が『窓際のトットちゃん』を手に取るなり、

「あ!この本!いいんですか!?
予約がいっぱい入っていて、
図書館ても、2冊購入しているんですが、
待っている人がたくさんいるんです!
ありがとうございます。助かります(*'▽')」


図書館も実は人気のない本などいらないのね、と、

その時、しみじみ思った。

人気のない本が何冊もあっても、

整理するだけで大変だもんね。


黒柳徹子さんの本は、何冊も出ているが、

私の中では『窓際のトットちゃん』が、

すごく印象深かった。

子どものころに読んだ、『長くつ下のピッピ』のように、

とっても自由な気分を味わえる本だった。

ドラマのトットちゃん!も楽しみだ。

またティーバーで少しずつ見ようっと。

にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.17

わろてんか 14話 感想

藤吉からの手紙が真っ赤な嘘でも、

子どもの頃から青春時代まで

ず~っと楽しんでこれたのだから

いいじゃな~い。

…とは思えないてん。そらそうかもな。


本当は大阪の米問屋の長男で、

名前も藤吉やのうて、北村藤吉郎。

私は、藤吉郎より、藤吉のほうがカッコよく感じるわ。

藤吉郎のほうが、長男らしい名だけど。


芸の才能は全くなしの藤吉。でも、

笑わせたいという気持ちはあるらしい。

キースも笑いの才能もいまいちだね。

大きな板に血に赤い色を塗っておおいたち=大板血。

しょーもな。

そんなことで、あれほどドタバタ劇が展開されるとは(-_-;)


ケガをした藤吉を、てんがかくまったことを、

風太は知ってしまった。

どうする風太?切ないのう。

儀兵衛としずは意外やラブラブなんですね。
可愛い。フフ。


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.16

わろてんか 13話 感想

てんと藤吉との運命の再会。

藤吉さんどすか…

って、ぜんぜん変わらへんやん、藤吉。

逆に藤吉のほうが、

鈴の付いた鳥だけでよう分かったなぁ。

めずらしい物なんだろうか。


西洋の薬の専門店を開いた藤岡家。

あとはええ婿さんが来てくれたら万々歳な儀兵衛。

ドイツ語まで勉強を始めた風太だけど、

所詮、叶わぬ恋。

もうちょっとしっかりしてたら、

もうちょっと、てんの好みで、

もうちょっと、儀兵衛に頼りにされていたら、

風太でもええと思うのだけど。。。。無理か。


よく当たるという八卦に出かけた藤吉。

てんとの運勢は「大凶」

リリコが裏で手を回して「大凶」と言わせていたとは、

なかなかやるじゃん、リリコ。


てんも、八卦に出かけたが、

てんの運命の人は、藤吉という結果。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。

どっちも当たっているのかもね。

藤吉と結婚したら、藤吉もてんも苦労するだろうし。


リリコはてんにも、あること無いことを吹き込んだ。

揺れる女心。


でも、占いを信じたいよね、てんは。

こういう時、占いは背中を押してくれるもんだ。

リリコはただのふらふらした女かと思ったら、
芸はちゃんとできることに、ほんの少し感心した。


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.14

世にも奇妙な物語 2017年 秋の特別編 感想 藤原竜也はやっぱりいいね

中山美穂 主演
フリースタイル母ちゃん

ラップクリームで唇が潤っている間、
ストレスがかかるような出来事があると、
ラップで相手をディスってしまうラッパー母ちゃん(中山美穂)。

息子の康太は勉強をさぼって悪い?仲間と付き合っている?
と思ったが、康太にはそれなりの考えがあった。
ラップで本音をぶつけ合う母子。
スーパーの安月給で康太の学費を稼いでやつれていく母を見て、
「自分の道を歩んでほしい」と言う息子。

そんなセリフ言われたら、子どもの学費のために
スーパーで一生懸命パートに励んでいる人たちに
マジ失礼だYO!と思いながら見てた。

息子との仲がうまくいくようになったと思ったら、
姑がラップクリームを手に入れた。

「ヨーヨーヨー嫁YO!」
人生はバトルの連続だ。という結末。

まあまあ面白かったが、
スッキリというほど、乗り切れなかったYO!


岩田剛典 主演
運命探知機

運命探知機を拾ったことで、涼平(岩田剛典)の人生は変わるのか。
運命探知機を付けて、初めて由紀に会った日に恋に落ちた涼平は、
偶然という必然を信じ始めていた。

「今は絶対だよ」と言う由紀。
灰色だった涼平の世界に色が付き始めた。
幸せに恋する日々が永遠に続きそうな展開。

それで終わるわけもなく。
由紀ちゃんには恋人がいた!?

運命探知機に表示されたのは・・・

「人間にはどうしても動かせない
運命というものがある」 遠藤周作


えー、これで涼平の恋も終わりか?
と、思ったがまだ続きがあった。
そうだよね、ここで終わったら、しょーもなさすぎる。

運命は自分で変えるものだ、ということで、
涼平は由紀のもとへ走る。

「君が好きだ」と告白した涼平。
由紀の恋人はその告白を聞き、
あっさりと去ってゆく。えええ( ゚Д゚)それでいいの?

キラッキラッでスイートな恋愛を希望する人もいれば、
収入で結婚相手を選びたい人もいる。
人それぞれだけど、その願いをかなえるサービスに、
由紀は申し込んでいた、ということなのね。

そのお値段は1,000万円!?
なるほど、あっさり去った恋人も演出の一つだった。

由紀の要望は「イケメン」。
願いが叶ってよかったけれど、
由紀も1,000万円払ったのかな??



藤原竜也 主演
【夜の声】

大手企業のCEO我掘英一(藤原竜也)のストレス解消法は、
週末はホームレスとして過ごすこと。

ホームレス姿のときに、悪い奴らに追われていた女性に
助けを求められ、うまくかくまった。
しばらく一緒に住まわせてほしいと言う女性=ユリ。
CEOであることは隠して、ユリとの暮らしは続く。

藤原竜也が出演するというだけで、
面白そうなドラマに思えてしまうから不思議だ。

手塚治虫の短編集の中の一つらしいが、
そういうことを頭に置いて見ていると、
手塚治虫の漫画が重なって見える気がする。

ユリにCEOであることを隠し、
自分の会社の面接を受けるように勧める我堀英一(藤原竜也)。
当然のように受かるユリ。
しかし、ユリはホームレスのおじさんがCEOとは気づかない。

見た目が違い過ぎるから仕方がないかもしれないが、
声に敏感に反応する人なら、同一人物だと見抜けたかも。

「ユリ、僕は君と一緒になりたい、と思っている」

CEOの英一として、ユリに指輪を渡そうとするが、
ユリは受け取らない。
そのことをホームレスの英一に話すユリ。

実はユリには前科があると言う。
「窃盗、傷害、それに…」。
「それに…」のあとが気になった。
まさか、殺人?

結局はCEOの妻として結婚したユリだったが、
結婚生活が窮屈に思えてうまくいかない。

ホームレスのおじさんが好きだったユリは、
CEO=ホームレスのおじさんだということに、
本当に気づかなかったんだろうか。

そして、夫を刺してしまったユリ。

「お前が好きだった。だからこそお前を幸せにしたかった。
俺は旅に出る。もう二度と帰らない。
おまえのことは忘れないよ。さよなら。おじさんより」


英一の会社の秘書が、英一のホームレス友達に、
ユリへのメッセージ(遺言)を託したが、
ユリはあの後、どうなったんだろう?
逮捕されなかったのか。
英一は刺されて死んだのだから、警察も来たと思うし。
刺したナイフにユリの指紋がついていたら、
犯人だと分かってしまうだろうし。(前科があるのだから)

しかし、刺されたあと、命が尽きるまでの間に、
よくあれだけ書けたもんだ。
ユリ以外の人にも、遺言を残していたしね。

藤原竜也が演じたから、見入ってしまったが、
他の人が演じていたら、しょーもな、で終わったかもしれない。


【短編ががばば】は、私には全く意味が分かりません。
ただ気持ち悪いだけだった。
吉岡里帆 主演の【寺島】も、気持ち悪くて後味が悪かった。

今回の中では、演技力という面で、
やはり藤原竜也出演の作品が、一番良かったと思う。


にほんブログ村

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.14

わろてんか 12話 感想

栞さまの顔がちっちゃい。

あの時代にあの顔の小ささは、

珍しいかもしれないね。

『栞』という名前も、オシャレというか。


「見れば見るほどええ男はんやなあ」


おばあはん、そのセリフはいいとして、


「後家でよければわてもおります」


というセリフは、お相手によっては、

顰蹙(ひんしゅく)を買うかもしれませんよ。

栞さまが笑ってくれたから良かったけどね。

頬っぺたのあたりが笑うとクシャッとなる栞さま。

ファンの方は胸キュンしたかもね。


それにしても、新一兄さんが、

前回で消えてしまった。。。

最後のお別れぐらい言わしておくれよ。

『皆の笑顔に包まれて』見送られたそうだけど、

さすがに、お母はんは泣いたでしょうね。

てんだって、泣いたはず。


「わろてんか…」と、


新一兄さんが最期に言ったとしても、

やっぱり泣いてしまうと思うの。


そこのところは、ドラマでは飛ばされたから、

想像の粋を出ないけど。。。


しかし、新一が残した論文のおかげで、

藤岡家は窮地を脱することができそうだ。

新薬の開発に関わる論文?の詳細は分からないが、

日本独自の新薬が生まれるんだろう。

でも、栞さまとの縁談はなし。

栞さまは「西洋の自由な恋愛にあこがれている」。

お互いの心の声に任せて、恋愛に発展すれば結婚もよし。


しかし、てんは藤吉との再会で、

二人の恋と怒涛の人生の始まり~!


てんはこれから藤吉と苦労するんだろうか。

千葉雄大は、さまざまなドラマに出演していますが、
私は「わろてんか」の新一役が一番好きでした。
新一がいなくなったら、ちょっとドラマを見る気力が落ちます…。


にほんブログ村

にほんブログ村


テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.13

わろてんか 11話 感想

店が傾き、新一も倒れ・・・

店の中から笑いが消えたかと思ったら、

てんは元気。

「トーントーントンガラシの粉♪」

あ、大阪で聞いた売り子の声ですな。

まあ、暗い顔をして沈んでいても、

いいことなんて無いもんね。

時と場所によっては、「空気読めない」と言われそうだけど。


てんの結納の話もパー。

嫁入りするてんの姿を思い、

たくさんの着物を用意したハツにとっては、

しぼんだ気持ちになるやろね。


新一も最後の時が迫っている様子。

せっかく息子の病気を治してやろうと

一生懸命頑張ってきた儀兵衛もガックリ_| ̄|○。


てんの笑顔を見たから調子がええと言う新一。

「笑うということは、人間だけの特権なんや。
つらい時こそ笑うんや」


これからは、てんが「お父はんを笑わせるんやで」と、

新一に言われていたころ、儀兵衛は、

な、なんと首をくくろうとしていた!?


そこを皆に見つけられて、

皆に儀兵衛が引っ張られている場面が、

今までで一番わろてしもた。

だって、儀兵衛の顔がおかしかったんだもの。すまん。


でも、結納品をしまおうとしていただけ、やったと。

えー、そんなふうには見えなかったよ。


「笑いは人を幸せにする薬なんやな」と儀兵衛。


とりあえずは、皆でわろて、少し元気になってよかった。

新一も、少しでも元気になってね。。



にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.12

わろてんか 10話 感想

栞さま=高橋一生さま、

セリフがわざとらしく感じるのは

どうしてでしょうか。

舞台なら違和感ないのかなぁ。


家に帰ってみれば、お父はんが仁王立ち。

親に隠れて手紙のやり取りをするだけで、

メッチャ怒られるてん。そういう時代なんですな。


でも、風太が捜しにきてくれてよかった。

一人で帰るより、二人のほうが心強いというものだ。

てんの力になってくれる風太と新一兄さん。

ええ兄さんがいてくれて、羨ましいわ。


お父はんに意見することなど

たぶんなかったであろう新一が、

てんのために、強い口調で、

てんに縁談を勧めたのは『金のためですか!?』と。


新一の優しさと強さがホロリとするわ。


千葉雄大も、過去のドラマでは、

変わった人柄の役がけっこう多かったが、

まともな役なのが嬉しい。

でも、このドラマでは途中で消えてゆくんだろうね。

病弱な役で残念。


藤吉さんは影法師。そう思うことにしたてん。

けれども、金策に困っている藤岡家。

栞さんに助けてもらうしかない。

で、いろいろと助けてもらう、と。

結婚はしないけれどね。

何せ公式ホームページ見ちゃったから。。。

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.12

奥様は、取り扱い注意 2話 感想

1話を見て、かなり期待していたので、

2話はまあそんなもんかな、という感じ。

期待しすぎかな?


菜美は子どものころから、

格闘家?の血がムズムズする女の子だった。

それにしては、男の子を倒したシーンがいまいち。

子役に期待するのは酷かもしれないが、

もっと迫力あるシーンを、

工夫して撮れなかったのかなぁ。


菜美たちが通い始めたのは着付け教室。

1話の料理教室は?

どの教室も3ヶ月とかの短期かしら。


奥様たちが、着物姿で出迎えているというのに、

京子の夫は、妻の着物より

お母様が贈った着物が大切。キショ。

お姑さんも嫌味だこと。



優里の夫は、妻の着物姿より

着物の値段が気になる。ドケチー。

ま、価値観は人それぞれだけど、

着物8千円でガタガタ言われたら

たまったもんじゃないわ。

生活に困ってるふうでもなさそうなのに。


菜美の夫が、一番優しかったね。


着物教室で知り合った夏希が

元AV女優という事実を知っても、

菜美たち3人が、けっこう楽しんでしまうのが面白かった。


夏希が出演していたのが、

どんなAVだったかよく分からないが、

画面を見ている広末涼子の表情から察すると、

かなりすごい、、、、のよね?


夏希の過去をネタにしてゆるす男。

夏希の家庭を壊して、

またAVの世界へ引きずり戻そうとする男達。


「私がどうにかしてあげる」



慣れない手つきで、

ブラジャーにボイスレコーダーを仕込んだ菜美。

そして、菜美に協力する西島秀俊。


最終的には、めでたしめでたしとなったが、

なぜだか、スッキリというほどではなかった。

できれば、綾瀬はるかのアクションシーンを

もっとたくさん見たい。


次回からも、幼少期から大人になってゆく菜美を

毎回少しずつ見せてくれるのなら、

アクションシーンに期待してしまうなぁ。


でも、全体的にあまり期待しすぎると、ガックリしそう。



にほんブログ村


テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.11

わろてんか 9話 感想

薬品倉庫が焼けて、

ドイツから仕入れた薬もパ~。

資金繰りもめどが立たず、

てんと伊能家の栞との結納を急ぐ儀兵衛。


おばあさまが反対してくれるかと思いきや、

『楽しみにしとき』と乗り気。

ま、悪い縁談ではないもんね。

お金のことだけでなく、高学歴でイケメンだし。


それにしても、手紙しかこない藤吉に、

あそこまで惚れてしまうのは、

文字が綺麗なせいでしょうか?

きったない字だったら、違ったかもな。


いてもたってもいられず、

風太の言うところの「どろぼう芸人」に

手紙を頼りにてんは会いに行ってしまったが、

てんが家にいないことに、お父はん、大慌て。


寄席にたどり着いたが、

有名なはずの藤吉の名を

誰も知らない。


手紙の内容を、ちっとも疑わなかったんだねぇ。


ちんぴら連中に襲われている最中に、

栞さま登場~♪

何人もを相手に、バッサバッサと倒してゆく。


カッコよすぎー。


栞さまがカッコイイのが救いだが、

ストーリーはいまいち…。

それにしても秋だというのに毎日暑い!
連休後のせいか身体がだるいし。。。
ニュースを見てもイライラするし、、、
あ、今夜は綾瀬はるかのドラマだっけか。
スカッとするかな?
(朝からお疲れ気味で愚痴多し。すまん)


にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.10

わろてんか 8話 感想

もうすぐ登場する高橋一生の、

役名を確かめておこうと思い、

『わろてんか』のNHK公式ホームページを見ていたら、

やややや、、、( ゚Д゚)

NHKさん、ネタバレやり過ぎじゃないっスか!と、

思わず一人で突っ込んでしまった。



もうご存知の方も多いと思いますが

公式HPから仕入れたネタバレを書いてみると…



登場人物のページは、ドラマがスタートした時に

私は役名を確かめるためにチラッと見ていたが、

何気なく下にスクロールしたら、

てんの人生にかけがえのない仲間』とあり、

その下に『くわしく見る▽』と。

そこをクリックすると・・・・!Σ(・ω・ノ)ノ


ちよっとそこの奥さん、

ネタばれ、バレバレ。バレ過ぎよ。


藤吉は『大阪船場(せんば)の老舗米問屋「北村屋」の長男』と書いてあるし、

高橋一生(役名・伊能栞)は、

『大阪の伊能製薬社長の息子だが正妻の子でない』ということや、

『てんの結婚相手になるはずだったが、てんが藤吉を好きだと知って、
てんを後押ししてやる度量の広い男』とまで書いてある。


しかも、

藤吉は『てんと結婚するため船場に戻って家を継ごうと決心する』

とまで書いてある。


てことは、てんと栞(高橋一生)は、

「結婚しない」で決まりですよね?



もっと下にスクロールして、藤吉の実家をクリックしてみると、

藤吉のお母さんが『鈴木京香で、役名=北村啄子』で、

その啄子母さんが勝手に決めたという

藤吉の許嫁(いいなずけ)まで紹介されていた。


びっくりぽん。Σ(・ω・ノ)ノ!


そのような、からみあった事柄が物語を作り、

最終的には、藤吉とてんが結ばれる、

というお話なんですか?


今までの朝ドラの人物紹介では、

そこまで書いてなかったと思うのだけど、

親切っちゅーか、大サービスですな。


前にも小さな文字で書きましたが、

私が朝に『わろてんか』の感想を書くとしたら、

8時から朝ドラを見て、8時20分には

PCを閉じなくては仕事に間に合わない。
BSは映らない環境なので、朝は大慌てで書いてます。

つーわけで、ここまでは、深夜に書きました。はい。


これほど登場人物を知った上で、

てんと栞の出会いを見るのは、

正直、ちょっとつまらん。(-_-)

書いといて、すみません。<(_ _)>

でも、私のせいじゃなくて、公式ホームページのせいですからー。


てんのお見合い相手に、

本人よりも周囲の女達のほうが

惚れてしまうやろーーーー!状態。

親の決めた縁談のお相手が、イケメンでよかったよね。


でも、てんの心の中は

長い間会ってもいない藤吉のことでいっぱい。

藤吉からの手紙も大切に大切に保管していた。

きっと、何度も読み返していたんだろう。


スマホやPCのメールも保存することはできるけど、

自筆のお手紙というのは、いいねぇ。

「うちは恋やと信じてます」とおトキ。

「これはロマンスどす」と妹。

妹のりん、いつの間に登場したん?私は今日気づいた。


今週はいろんなものが燃える週?

リリコの嫉妬の火がメラメラ。

藤岡家の薬品倉庫もメラメラ。

てんの藤吉への恋心もメラメラ~。



にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.09

わろてんか 7話 感想

てんに縁談が。

満面の笑みの儀兵衛の

歯が白い\(◎o◎)/!

ホワイトニング?それとも差し歯??

海外のお金持ちは歯にお金をかけると

海外旅行好きの友人が話していたが、

他番組のマツコ会議の

高級デンタルクリニックを見たせいもあり、

日本もそうなってきたんだな…と思ったわ。


子役からバトンタッチで、風太が一番変わったかな。

相変わらず、てんのことが気になる風太。

藤吉も約束を忘れずに手紙を送ってきている。

縁談の話もある。

てんはモテモテでんなー。


だけど、大人になったてんに藤吉が恋したとしても、

縁談相手の伊能製薬の御曹司は、

高橋一生ですからね。

お見合い写真の服装もピシッとしていた。

果たして、てんと高橋一生は気が合うんだろうか。

たぶん、てんの笑いのセンスは藤吉と合うんだろう。


新一は大学で薬の研究にいそしんでいるが、

まだ喘息は治らない様子。

大人の喘息は死に至ることもあるから、

無理せず長生きしてね。


ところで、魚を焼いていたてんは、

焦がして火を出していたが、

魚が黒焦げになったところを

映さない心遣い?はさすがだ。

「もったいない」「食べ物を粗末にするな」と、

電話が殺到しないためには必要な工夫ですな。


祭日の今日は朝ぐーぐーゆっくり寝て、
録画したのをゆっくり見ました。
松たか子の歌をじっくり聞いたけど、
歌いだしのところが、ぜんぜん頭に残りません。
私だけでしょうか。。。サビが印象深ければOKですかね。


にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.09

『衝撃スクープSP 金正男暗殺の真相』を見た感想

金正男(キム・ジョンナム)といえば、

東京ディズニーランドに密入国で来ちゃいました~という、

それでいいの??みたいな男かと思っていたが、

この番組によると、

最後まで自国のことを思っていた人であるらしい。



『父親のように、軍事力で国を支配するのではなく、

経済優先で皆が豊かに暮らせる国にしたい』と。



今となっては、金正男の口からは何も聞けないから、

本当はどんな事を考えていたのか分からないが、

彼のイケメンの息子まで暗殺されないことを祈るばかりだ。


しかし仮に、彼が最高指導者になっていたとしても、

経済を優先して、世界と対等に話ができる国にするのは、

至難の業だったに違いない。

軍事力で国と世界を征服したいと思う人達に、

やはり暗殺されていたかもしれないしね。


金正男を暗殺するために送り込まれた工作員は、

暗殺を見届けて、すぐに飛行機で脱出していたが、

たぶん、もう命はないだろうな。。。

だって、これだけ世界中に顔が知れ渡り、

暗殺計画の全貌も知っているのだから。


金正男の愛人と言われていた美女まで工作員!?

金正男は、そのことに気づいていたのでは?

よくある話だし。


いつだったか、日本のどこかの政党が中国に行ったときも、

ハニートラップのような歓迎にあったとか、

そういう話もちらほら流れたけど、

今度は皆さま御一行で、希望に満ち溢れて(?)、

新しい党で船出なされるようで。

どうか、ハニートラップにはご注意くださいませよ。


話が横にそれたけれど、

この番組も、どこまでホントでどこまで???か、

私が見定めることは難しい。

もし裏の裏まで解析できるような冴えた女なら、

お家でのんびりブログなんて書いてないだろうし。


ところで、金正男が自国のことを思いながらも、

USBに機密情報を入れて韓国系アメリカ人に渡し、

大金を受け取っていたというのは、

やはり生活のためだったのか…?


自分の兄弟でさえ、必要なしと思えば殺してしまう、

いらない、と思う人間は即殺してしまう、

それが当たり前になっている国で暮らすのって、

毎日が緊張の連続だろうね。


日本だって、今でこそ平和ボケしているが、

戦国時代は、いつ殺されるか分からない時代だった。

お姫様だって、人質みたいなものだったりしてね。


だから、金正男が願ったように、

あの国も、軍事力ではなくて、

これから経済的に成長して、

本当の意味で世界で通用する国になる可能性は

皆無ではないと思っていたい。

他国のことより、それまでに日本が消えないことを祈る。。。

にほんブログ村

テーマ : TV
ジャンル : テレビ・ラジオ

2017.10.07

わろてんか 6話 感想

わろんてかを、初めてゆっくりと見た6話。

子役も泣きの演技はよく練習すると思うが、

笑いの演技のほうが、泣く演技より難しいだろうね。

子役は今回でさようなら。

福君も大変だったな。

吉本の舞台みたいな演技は初体験?

おつかれさま。


6話は、出番を間違えて泣いている藤吉くん。

何も泣かなくてもさ。

藤吉って、いったい何歳なんだろうか。

立ち振る舞いからすると、

今で言うと高校生ぐらいの年齢設定?15~6歳?

で、検索してみたら、てんとは7歳差らしい。


落ち込む藤吉に、てんはチョコレートをあげたが、

キースに「とろけるやつ」と言われて、

すぐに思いつかないのも変な感じ。

藤吉との思い出といったら、

ほこらでチョコをあげたことだけなのに。


口のまわりに、ぐるりとチョコをつけた藤吉。

唇をゴニョゴニョしながらチョコを食べたのかな?

そんな藤吉の顔を見て、笑えるてんは偉い!女優!

私は全く笑えなかった。。。


藤吉から鈴付きの鳥さんの

キーホルダーみたいな物をもらったてん。

年頃の娘さんになるまで、大切にしていたね。

旅芸人の藤吉から手紙がずっと届いていたが、

藤吉が文字を書けるというのは、すごくない?


藤吉の手紙に、てんは返事を書いたんだろうか?

藤吉は一か所にそう長くは滞在しないと思うから、

返事を書いても届かない可能性は高い。

一方的だったのかな?


次週はてんに縁談話が。

そのお相手は高橋一生!!

いいじゃな~い。(*'▽')

2話の時、「わろたらあかん2話感想」と、タイトルを書き間違えた私は、
平日は前夜にタイトルだけは書いて、ブログを一時保存していたのだけど、
昨日は、その保存した時間でUPしていた。
ブログ村の表示では深夜1:06にUPしたことになってた。
翌日の朝ドラを予言する女か私は(^_^;)


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : NHK:朝の連ドラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
過去記事
プロフィール

ahaharui

Author:ahaharui
あはは☆るいです。ドラマやバラエティーの感想を主に書いています。時折、面白かった本やコミックの感想も。詳しくは自己紹介&ブログ紹介を見てね♪

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR